西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 17日

2001年宇宙の旅(1968) ☆

f0009381_846248.jpg監督:スタンリー・キューブリック
原作:アーサー・C・クラーク
脚本:スタンリー・キューブリック
    アーサー・C・クラーク
撮影:ジェフリー・アンスワース
    ジョン・オルコット
特撮:ダグラス・トランブル

出演:ケア・デュリア
    ゲイリー・ロックウッド
    ウィリアム・シルヴェスター

        *        *        *

賛否両論いまでもあれど、私にとっては「伝わらない映画」。私がアーサー・C・クラークの原作が好きという理由があるのだが、この映画では原作の持つ大いなる思想がまったく伝わらない。伝わらないどころか、逆行しかねない。多分これを作るときにキューブリック自身がこの原作を理解していたとはとうてい思えないが・・。思想をおいてけぼりにしてビジュアルだけが先行した結果がこんな「伝わらない映画」になったと思う。
そこは不安がらせるとこじゃないだろうってところで怪しい演出してみている人を不安がらせるアホな演出のかずかず・・。音楽も音響もレンズワークもピントハズレな使いかたがやたらとおおい。これではただ、アンコンベンショナルというだけのパフォーマンス。これはもうなぞめいた作り方じゃなくて、ただ原作の穏やかな心オ広がりを理解できなかっただけという(原作はすごくおおらかな小説で精神の広がりと、宇宙と精神の融合がテーマなのだけど・・。
実に勘違い映画でした。
これこそフィリップ・カウフマン『ライトスタッフ』のように作れなかったものか・・と残念に思う。

そうはいってもリアリズムにはみるべきところがある。
開発途中の宇宙ステーションの意味するもの
あれがそのまま建造されつづけたら『ガンダム』ようなさらに長い円筒形のスペースコロニーになっていくんだろうなあって思わせてくれた。このまだ途中であるってコンセプトをみせてくれたのはすごい。
f0009381_5531476.jpg


湾曲する床
宇宙ステーションは遠心力で重力を発生させているので床は円筒状に湾曲する。この床が描かれたのはこの映画がはじめてだろう。子供の頃見たときはあれがなんだかわからなかったが、大人になるとあれはすごいって思える。
f0009381_5533972.jpg

ディスカバリー号のなかも小型の円筒状の床。ちなみにここでは1Gを発生させるのではなくその1/2~1/3の重力で十分という設定。なので回転スピードもそれほろ速くない。
f0009381_554930.jpg
f0009381_5542279.jpg


ハルの中心部
のちの『ペーパーチェイス』のレッドセットの棚はこれをイメージしたものだろう。
f0009381_5544938.jpg
f0009381_555812.jpg


by ssm2438 | 2009-06-17 04:55 | S・キューブリック(1928)


<< エントラップメント(1999)...      欲望のあいまいな対象(1977) ☆ >>