西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 18日

セックスダイアリー(2001) ☆

監督:ジョセフ・ブラッツマン
脚本:トニー・ペック
    ジョセフ・ブラッツマン
撮影:ネイサン・ホープ
音楽:ダグ・スミス

出演:ロザンナ・アークエットf0009381_7453749.jpg
    ナスターシャ・キンスキー
    アレクサンドラ・ポール
    マイケル・デ・バレス

        *        *        *

女性人のめんつがすごい。ロザナ・アークエット、ナスターシャ・ニンスキー、アレクサンドラ・ポール。みんな私の好きなタイプばっかりなのに・・、映画はひどい。カメラがひどいというか・・、映画としてとられてるんじゃなくて、その辺にころがってるAVみたいな画面、見るに耐えない。なんでこんなクソ映画にこれほどの面子がでたのだろう? 信じられんこともおきるものだ。

ロザナ・アークエットの旦那はレストランを経営してるシェフで、普段はやさしい父親だがセックス依存症であり、ナスターシャ・キンスキーのサイカイアトリストに通ってる。最後は女二人とエッチしてるところロザナにみられて別居、さらにエイズにかかってしまう・・。ロザナ・アークエットも、ナスターシャ・キンスキーも特に脱いでるわけではなく、脱いでるのは名もない女優さんみたい。

ただ、ダメな映画。・・・ひどい。

by ssm2438 | 2009-06-18 07:31


<< 愛と宿命の泉(1986) ☆☆☆☆      エントラップメント(1999)... >>