西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 20日

コラテラル(2004) ☆☆☆☆

f0009381_20203640.jpg監督:マイケル・マン
脚本:スチュアート・ビーティー
撮影:ディオン・ビーブ
    ポール・キャメロン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演:トム・クルーズ
    ジェイミー・フォックス
    ジェイダ・ピンケット=スミス

        *        *        *

いやいやなかなか面白かった。トム・クルーズもとっても良かった。これからこういう役、もっとやればいいのに。この物語の中ではビンセントというかなりインテリな殺し屋をやっているのだけど、このインテリ部分の台詞がとてもいい感じ。こういう台詞をきちんと図れるとついつい物語りをみいってしまう。覚悟のある人の言葉ってのはやっぱり素敵に聞こえる。
あと、撃つときダブルタップ(2回つづけて撃つ)で撃つのがよかった。しかし、いろいろ調べてみるとどうやら彼が使っていたのはH&K USP45、45口径だそうな・・。45口径弾だったら頭と心臓にいっぱつづでいいのに。
でも、これはそのサイトの表記がまちがっててじっさい9ミリ弾つかってる設定だったのかも。だったらなっとくいくのだけどなあ。。。なんでもSASの特殊部隊の隊員たちは、反動のすくない9ミリ弾で確実に殺すために2回撃つらしい。

マイケル・マンをはじめてみたのは『刑事グラハム/凍りついた欲望』(1986)だったのだけど、わざわざ劇場まで足を運んだ。その当時はほとんど印象のない監督さんって感じだったが、のちになってあれが『羊たちの沈黙』の前のエピソードにあたるんだって知ったときはちょっとだけ得した気分になった。
その後は・・『インサイダー』をみて、これは結構良かった。被写体に近づいて撮るカットがいくつかあって、それがきになったけど、というか、それはかなりマイナスポイントなんだけど、それ以外はけっこうよかった。ほかにも『ヒート』とかもあったけど、自分の中ではマイケル・マンは『インサイダー』がベストだなあ。

by ssm2438 | 2009-01-20 20:20


<< 007/カジノ・ロワイヤル(2...      ホリデイ(2006) ☆☆☆ >>