西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 11日

ポケット一杯の幸福(1961) ☆

f0009381_8464636.jpg監督:フランク・キャプラ
脚本:ハル・カンター
    ハリー・テュージェンド
撮影:ロバート・ブロンナー
音楽:ウォルター・シャーフ

出演:グレン・フォード
    ベティ・デイヴィス
    ホープ・ラング
    ピーター・フォーク
    アン=マーグレット

        *        *        *

キャプラの映画で面白くない映画があるはずがない!って思ってたら・・・・、これだけは大間違い。全然おもしろくない。なんでこんなに面白くないのかいまだになぞだ。
このストーリーはキャプラ自身も以前『一日だけの淑女』(1933)として映画化しているし、ジャッキー・チェンも『ミラクル/奇蹟』(1989)としてつくっている。けっしてつまらなくなるわけがない話なのだけど・・・、この映画はとにかくみててわくわくしない。キャプラの名前で買って、あとぜ残念におもわないよう・・。

禁酒法令が解かれた1930年のニューヨーク。酒の密売からキャバレーの経営者となったデュード(グレン・フォード)は、自分がのし上がれたのは、リンゴ売りのアニー婆さん(ベティ・デイヴィス)から買うリンゴのおかげだと信じていた。そのアニーにはルイーズという娘があり、幼時からスペインの尼僧学校に預けていた。その娘がスペイン一の名家の息子カルロスと恋におち、結婚の許しを得にロメロ親子と共にくると言うのだ。娘を喜ばせるために貴婦人であると偽っていたアニーは悲嘆にくれていた。気っぷのいいデュードはにわか仕立てながらアニーは磨き上げられて貴婦人に仕立て上げるのだが・・・

by ssm2438 | 2008-12-11 08:32 | フランク・キャプラ(1897)


<< ミスト(2007) ☆☆      タイム・アフター・タイム(19... >>