西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 26日

めぐり逢い(1994) ☆

f0009381_13165560.jpg監督:グレン・ゴードン・キャロン
脚本:ロバート・タウン
    ウォーレン・ベイティ
撮影:コンラッド・L・ホール
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演:ウォーレン・ベイティ
    アネット・ベニング
    キャサリン・ヘプバーン
    ピアース・ブロスナン
    ケイト・キャプショー

        *        *        *

とにかく展開のテンポが悪すぎる。アネット・ベニング見たさに見た映画だが、これはまったくといっていいほど面白くなかった! 出てる俳優人もけっこうすごい。個人的にもウォーレン・ベイティアネット・ベニングと結婚しても大好きだし、ピアース・ブロスナンもいる。大御所キャサリン・ヘプバーンもいる。これだけそろえてこの映画かい!??ってかなり残念。

私が思うにリメイク物でも、アメリカ国内作品をリメイクする場合、決してリメイク作品がおちるわけではない。ただし、国外のものをアメリカで作ると明らかに質が低下し、ただの見やすいエンタな作品になりがちだけど。これは国内でつくられた昔の映画のリメイクで、それも制作はウォーレン・ベイティだ。あの『天国から来たチャンピオン』もリメイクだが、あれはボクシングをアメフトに換えて大成功した。この人はリメイクするのとても上手い人だと信じていたのだが、この映画に関してはまったく面白くもなんともない。 ・・・残念。

by ssm2438 | 2009-06-26 13:05


<< ワイルド・ブラック/少年の黒い...      ローリング・サンダー(1977... >>