西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 02日

ユナイテッド93(2006) ☆☆

f0009381_6184718.jpg監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジョン・パウエル

出演:ハリド・アブダラ
    ポリー・アダムス
    オパル・アラディン
    ルイス・アルサマリ
    デヴィッド・アラン・ブッシェ
    リチャード・ベキンス
    スターラ・ベンフォード
    オマー・バーデゥニ
    スーザン・ブロンマート
    レイ・チャールソン

        *        *        *

とにかく撮り方が好かん。
実話を基にした映画なのだが、外乗り方があざといハンディカメラをつかった手ぶれ画面で、見てるといらいらしてくる。フィクションだと分っているものを、わざとハンディかめらでなおかつ見づらい撮り方をさせると、撮ってる人の意図的すぎる精神が分ってしまい、みてるうちにだんだん嫌気がさしてくる。
何も考えない人なら「おお、リアルだ」て思うかもしれないが、さすがに我々映画作りをある程度しっているものであるなら、ある種の嫌悪感を感じる。
映画というのは所詮はフィクションであって、ドラマをみせたいものなのだ。しかし、これでは、ドキュメントフィルム風にみえる撮り方を見せてるだけだ! ドラマよる撮り方をみせるということを優先するスピリットが、映画作り手としてどんなん????って思ってしまう。 ああ、見てくれ体裁優先主義の映画づくりというのは実にすかん。

この監督ポール・グリーングラスの映画はみんなそう。『ブラディ・サンデー』見たとき、うわ、嫌だこいつ・・って思った。おかげでボーンシリーズもあんまり見てないが、たまにケーブルでやってるのをみると、わざと見えなく撮るうさんくささがすっごく鼻につく。

ただ、管制センターは本物のロケして、セットを組んだのだと思うけど、他の管制モノよりもみてくれは実にらしくていい感じ。資料映像としてはかなりよい。

by ssm2438 | 2009-02-02 05:56


<< ヌードの瞳(1994) ☆      キャバレー日記(1982) ☆☆☆ >>