西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 24日

ロッキー2(1979) ☆☆

f0009381_1292534.jpg監督:シルヴェスター・スタローン
脚本:シルヴェスター・スタローン
撮影:ビル・バトラー
音楽:ビル・コンティ

出演:シルヴェスター・スタローン
    タリア・シャイア
    バート・ヤング
    カール・ウェザース
    バージェス・メレディス

        *        *        *

最後はロッキーに勝たせる話を作ろうということが先行して作られた話。しかし、前作がスタローンの魂がにじみ出た話だったけど、この2作目以降はもう、「これがみたいんだろう」って観客の受けをねらったもの。なのであんまり感動というものはない。しかし、盛り上げ方、迫力のあるボクシングシーンの見せ方など、ノリで見せる技術は一つの完成形をみせたといっていいだろう。

<あらすじ>
試合後「リターンマッチはなしだ」というアポロ(カール・ウェザース)、「俺も嫌だ」というロッキー(シルヴェスター・スタローン)。そして病院に搬送させるふたり。一夜にしてヒーローになったロッキーだが、猛烈な打ち合いでダメにした眼部が悪化し、医者からはボクシング続行を止められてしまった。
傷のいえたロッキーは、恋人エイドリアン(タリア・シャイア)と内輪の人々だけのささやかな結婚式挙げた。ファイトマネーとローンで買った新居に移り、トランザムの新車を購入し、安らかな新生活がはじまった。やがて、エイドリアンが妊娠し、いつまでものん気にはしていられないと感じたロッキーは、何か安定した職業に就こうと決心するが、ボクシング以外はどんくさいロッキー、なかなか職がみつからない。
一方、世間からバッシングをあびていたアポロは、ロッキーとの再戦を決意し、挑発をしかけてくる。ロッキーの眼を心配するエイドリアンやトレーナーを依頼したミッキー(バージェス・メレディス)の反対にも関わらず、人生の壁につき当っていたロッキーは、再戦する決心をした。
しかし、早産の危機に見舞われたエイドリアンは無事出産したものの、危険な状態に落ち入った。トレーニングどころではないロッキー。長い昏睡が続く妻の傍らで、ロッキーは、闘うことをあきらめるが数週間後、眠りから覚めたエイドリアンは、「ウィン」とロッキーに告げる。
以下、一気に開放されるエネルギー。

by ssm2438 | 2009-10-24 11:32 | S・スタローン(1946)


<< ロッキー(1976) ☆☆☆☆...      ロッキー3(1982) ☆☆☆☆ >>