西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 25日

ローリング・サンダー(1977) ☆☆☆

f0009381_2131895.jpg監督:ジョン・フリン
脚本:ポール・シュレイダー、ヘイウッド・グールド
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
音楽:バリー・デ・ヴォーゾン

出演:ウィリアム・ディヴェイン
    トミー・リー・ジョーンズ
    リンダ・ヘインズ

        *        *        *

脚本は『タクシードライバー』ポール・シュレイダー。監督は『殺しのベストセラー』ジョン・フリン。ベツナム戦争後の<病めるアメリカ>世代のバイオレンスアクション映画。ベトナム戦争で生死をかけて戦ったものが、こちらの生活に戻ってきて感じるある種の虚無感。そんな主人公がよく描かれた時代だったが、これもそのひとつ。そんな彼を襲う強盗。家族はころされ、本人も右手を台所のシュレッダーでぎたぎたにされてしまう。それで無言で耐えるディヴェイン。その時だけが生きている感触だったのかも。
右手を失った彼は義手をつけ、まさにキャプテン・フック状態。そんな彼とが復讐するのだが、戦友の相棒トミー・リー・ジョーンズが参戦。彼も若いぞ。これを見たのはまだ高校生のころだったので、今より感性が豊かだったのだろう、結構怖かった。今一度見てみたいが・・・DVDは出てないのかな。
ヒロインのリンダ・ヘイズは知る人ぞ知る東宝特撮『緯度0大作戦』(1969)の金髪のおねーさん。

<あらすじ>
1973年。8年におよぶ北ベトナムの捕虜生活から解放されたチャールズ・レインズ少佐(ウィリアム・ディベイン)が、故郷テキサスへ帰ってくる。地元の歓迎を受けるものの、自分の感性を殺すことで拷問の屈辱と苦痛の中で生き抜いた彼は、精神的に何かが壊れていた。それは共に帰国したジョニー(トミー・リー・ジョーンズ)も同様だ。
チャールズの妻は彼が生還しないものと思い、町の悪漢から彼女を護ってくれた、若い保安官と関係を結んでいた。やりきれないが、そんな感情すらもなにあるのかないのかわからないチャールズ。そんな彼に贈られた慰安金の銀貨を狙って強盗が押入る。そのありかを決して吐かないチャールズはキッチンのシュレッダーで右腕を砕かれるが、無言で耐えていた。父を助けたい一心のマークは、銀貨のありかを話すが、銀貨がみつかると妻も子も共に殺されてしまう。
一方、瀕死の状態で病院にかつぎこまれたチャールズには義手がつけられた。回復すると義手を練習する毎日が続く。リンダ(リンダ・ヘインズ)酒場女が彼にやさしくしてくれる。体が回復した彼は彼女と共にメキシコに向かう。彼らの本拠地はエル・パソ。
そこで再会するジョニーとチャールズ。彼もまた平穏すぎる日常には、なじめないのだ。チャールズの話を聞くとジョニーも手伝うことを申し出る。命の躍動がもどってくる。
「今度こそは負け戦にしない」。二人はカタキのたむろする淫売宿へ向かった。逃げまどう素っ裸の女たちの間を、1 人、1人冷徹にと血まつりにあげていく。ベトナムの戦野でのあの興奮がよみがえる。傷ついたチャールズは、血みどろに横たわるジョニーを助けおこし、「さあ、家へ帰ろうぜ」と、その場を去っていくのだった。

by ssm2438 | 2009-06-25 19:51


<< めぐり逢い(1994) ☆      ナイロビの蜂(2005) ☆☆☆☆ >>