西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 15日

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966) ☆

f0009381_21514677.jpg監督:福田純
脚本:関沢新一
撮影:山田一夫
音楽:佐藤勝
特技監督:円谷英二

出演:宝田明、水野久美、ペア・バンビ

        *        *        *

ゴジラ映画、終焉の始まり。監督は福田純、インファント島の小美人もベア・バンビにかわった。

<あらすじ>
南洋で行方不明になった兄の彌太を探すために上京した青年・良太は金庫破りの吉村たちとヨットで海に出たが、嵐の中で巨大な鋏に襲われて、南海のレッチ島に流れ着いた。そこには謎の組織「赤イ竹」の基地があり、モスラの住むインファント島の住民を強制連行して無理矢理に労働させ、逃亡する住民はエビラの餌食になっていた。
吉村らは島から脱出するために、偶然島に眠っていたゴジラを落雷による電気ショックで復活させる。ゴジラは本能的にエビラと戦うが、エビラには放射火炎がきかない。さらに、基地をゴジラに破壊された赤イ竹は島の自爆装置を作動させた。しかし皮肉なことに、原子爆弾で倒れたのはエビラだった。モスラとゴジラは、悠々と去っていく。

by ssm2438 | 2008-11-15 21:39 | ゴジラ(1954)


<< 怪獣大戦争(1965) ☆☆☆      怪獣総進撃(1968) ☆☆☆ >>