西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 10日

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001) ☆☆

f0009381_1542658.jpg監督:金子修介
脚本:長谷川圭一、横谷昌宏、金子修介
撮影:岸本正広
音楽:大谷幸
特殊技術:神谷誠

出演
新山千春 (立花由里・BS番組デジタルQスタッフ)
宇崎竜童 (立花泰三防衛軍准将)
小林正寛 (サイエンスライター武田光秋)

        *        *        *

ゴジラ映画はもういいやって思っていたが、平成『ガメラ』でガメラを世界的名作にしたてあげた金子修介が監督をやるというので心おどらせて見に行った。・・・が、うむむむ、金子修介でもゴジラの歴史でくってる石頭連中を覆すことは出来なかったとみえる。多分本人は不本意な思いをしているだろう。そうはいっても、平成ゴジラのなかではまともな映画のうちであろう。
しかし、ゴジラの造形はちょっといただけなかったな。ほかのゴジラスーツのほうが迫力あったのでは? 背中のびらびらの迫力がイマイチだった。あれはもっと強調してほしかったな。

<あらすじ>
グァム島沖で消息を絶った米原子力潜水艦の捜索に向かった防衛海軍が、海底でゴジラと思われる生物を発見した。同じ頃、日本各地で若者たちが何物かに襲撃されるという事件が起こっていた。BS放送局デジタルQのB級オカルト番組のリポーターで、立花由里(新山千春)は、友人でサイエンス・ライターの武田(小林正寛)が持って来た護國聖獣傳記にあるバラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、ギドラ(魏怒羅)の日本古来の怪獣が眠っている場所と事件発生現場が一致していることを掴み、調査を開始。
謎の老人・伊佐山が言うに、ゴジラは太平洋戦争で命を散らした人々の残留思念=怨念の集合体であること、そしてゴジラから大和の国を護るべく聖獣たちが永い深い眠りから覚醒するであろうことを聞き出すのであった。

そんな矢先、ゴジラが焼津に上陸。更にバラゴンが地中から出現し、ふたつの怪獣が箱根で激突する。だがバラゴンは以前よりパワーアップしているゴジラの敵ではなく、バラゴンを倒したゴジラは東京へ移動を始めた。やがて、ゴジラは横浜に出現した。迎え撃つモスラとギドラは、壮絶なバトルを展開。絶命間近のモスラはギドラへ融合、キングギドラへと姿を変える。3聖獣が光となってゴジラを海中へと引きずり込んだ。ゴジラを撃退するには聖獣と共に戦うしかないと考え、D-03ミサイルを搭載した特殊潜航艇さつまに乗り込んでいた立花准将(宇崎竜童)は、ゴジラの体内へと突っ込んで行く。ゴジラの体内にD-03を発射し、ゴジラを倒すことに成功した立花准将は、無事、生還を果たす。だが、海の底では死んだ筈のゴジラの心臓がまだ鼓動を続けていたのである。

by ssm2438 | 2008-11-10 20:35


<< ゴジラVSビオランテ(1989) ☆      幸せのルールはママが教えてくれ... >>