西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 08日

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005) ☆☆

f0009381_18184072.jpg監督:ジョージ・ルーカス
脚本:ジョージ・ルーカス
撮影:デヴィッド・タッターサル
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ヘイデン・クリステンセン (アナキン・スカイウォーカー)
ナタリー・ポートマン (パドメ・アミダラ)
ユアン・マクレガー (オビ=ワン・ケノービ)
イアン・マクディアミッド (パルパティーン最高議長)

        *        *        *

やっと振り出しにもどる。そしてダース・ベイダー誕生!
しかし、個人的にはジェダイの騎士のあり方がどうかと思うな。求めるものがあれば、それを失う恐怖も当然あるわけで、だから求めることをしないってのはカワード精神そのもの。そんなものに屈するな、戦えアナキン!!

<あらすじ>
オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン) は、ドロイド軍の人質となったパルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)を救出する命懸けの任務を遂行する。今回はあっという間にやられるドゥークー伯爵(クリストファー・リー)。しかし、パルパティーン最高議長こそがシスの暗黒卿ダース・シディアスと同一人物だったのだ。
ジェダイの騎士でありながら、妊娠した美しい元老院議員パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)と密かに結婚し、二重生活を送っている危険な秘密を抱えることになったアナキン。そんな彼は、パメドが出産で死亡する予知夢をみる。パルパティーンはパドメを失う恐怖心を利用しながら、フォースの禁断の力、ダークサイドについてアナキンに明かす。
ダース・シディアスはジェダイの騎士メイス・ウインドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)の対決の際、卑怯な手を使ってメイスを殺すが、ここからダークサイドのパワーがアナキンに取り憑いていく。愛や正義の念ゆえにシス側に操られ、やがてジェダイを信用しなくなったアナキンは、師匠オビ=ワンと対決。アナキンはオビ=ワンに片腕と両脚を斬られ、マグマの中で全身火だるまになる。瀕死の彼はダース・シディアスに助けられ、手術を受けてダース・ベイダーとして再生した。一方、パドメは双子の男女を産んで息絶える。ルークとレイアと名付けられたその2人の赤ん坊は、ルークはアナキンの故郷タトゥイーン星のある養父のところへ。レイアは惑星オルデラン王室のベイル・オーガナのもとに預けられた。

by ssm2438 | 2009-09-08 10:53


<< スター・ウォーズ エピソード2...      ライブ・フロム・バグダッド 湾... >>