西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 14日

エイリアンVS. プレデター(2004) ☆☆

f0009381_23293324.jpg監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デヴィッド・ジョンソン、キース・パートリッジ
音楽:ハラルド・クローサー

出演
サナ・レイサン (レックス)
ラウル・ボヴァ (セバスチャン・デ・ローサ)
ランス・ヘンリクセン (チャールズ・ビショップ・ウェイランド)
エン・ブレムナー (グレーム・ミラー)

        *        *        *

これ、どうせしょうもないものだろうと思ってみたら、意外と面白かった。南極の地価のピラミッドのなかで展開する話は、まるでゲーム感覚なのでおもしろくもなんともないのだけど、人間が逃げ惑うだけのエイリアンをスパスパ斬り倒すプレデターを見てると、鬱憤ばらし的な爽快感を感じる。
しかし・・『エイリアン3』では、エイリアンの幼虫を体に宿していたリプリーがエイリアンに襲われなかったの、それをやどしたプレデターはがっつんがっつん襲われて、ズボズボ刺されてるし・・。でも、とりあえず最後はその死体から新たなニューボーンエイリアン(口は4方向にひらくぞ!)が生まれるし・・。

<あらすじ>
2004年。癌により死期が迫っている億万長者の実業家ウェイランド(ランス・ヘンリクセン)は、環境問題専門家で女性冒険家のレックス(サナ・レイサン)をガイド役にした国際チームで、南極の地下深く眠る巨大ピラミッドを探索する。しかしそこはクイーン・エイリアンが鎖でつながれている檻だった。産卵により生まれた無数のエイリアンと、母船から地球に降下した3体のプレデターとの壮絶な死闘が開始される。一人また一人と次々命を落としていく調査隊のメンバーたち。生き残りはレックスだけ。彼女はプレデターと共闘するようになり、大量繁殖したエイリアンたちを爆殺。クイーン・エイリアンとの戦いでプレデターは倒されるが、そのエイリアンも海に沈んだ。まもなくプレデターの仲間たちが現われ、遺体を運んで宇宙へと去ってゆく。しかし母船の中で、その遺体の中からエイリアンが産まれてしまうのだった。

by ssm2438 | 2009-11-14 23:30


<< マーニー(1964) ☆      天国の日々(1978) ☆☆☆☆ >>