西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 02日

サバイバル・アイランド(2005) ☆

f0009381_18525324.jpg監督:スチュワート・ラフィル
脚本:スチュワート・ラフィル
撮影:トニー・イミ
音楽:リチャード・ハーヴェイ

出演:ケリー・ブルック
    ビリー・ゼイン
    ファン・パブロ・ディパーチェ

        *        *        *

ジェニファー(ケリー・ブルック)と実業家の夫ジャック(ビリー・ゼイン)たちがのる豪華クルーザーに火事が発生し、ジェニファーは無人島にたどりつく。その島には若い船員のマニュエル(ファン・パブロ・ディパーチェ)も流れ着いており、やがてジェニファーはマニュエルに身体を許してしまう。そんな折、追って助けられたジャックは二人の仲を疑って嫉妬に狂い、熾烈なサバイバル・バトルが始まる。

持っている者と持っていない者の精神的優位性を扱った作品。<持っている>ということは、<失う可能性がある>ということ。美人の奥さんがいるが、彼女が自分の元にいるがゆえに、もう一人の他人が気になる。結局女はその男をエッチをしてしまい、そんなんだったら「おういらない」と持っていることを放棄してしまう男の心理。しかし<持たざるもの>が<持つもの>になったとき、やはりそこには失う怖さがはっせいする。そんなどうしようもない心理状態を南の島という限定空間で、ケリー・ブルックスの肢体をおかずにしながら展開する映画。しかし、感情移入できる人間がいないので、結局はケリー・ブルックの肢体みたさだけがモチベーションとなる映画。『ガブリエル・アイウォー誘惑』よりはまだ見る気がする。
f0009381_1963075.jpg
f0009381_1981973.jpg


by ssm2438 | 2009-03-02 18:34


<< 動脈列島(1975) ☆☆☆      D.N.A.(1996) ☆ >>