西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 04日

スーパー・マグナム(1985) ☆

f0009381_3211079.jpg監督:マイケル・ウィナー
脚本:マイケル・エドモンズ
撮影:ジョン・スタニアー
音楽:ジミー・ペイジ

出演
チャールズ・ブロンソン (ポール・カージー)
デボラ・ラフィン (キャスリン・デイヴィス)
マーティン・バルサム (ベネット)
エド・ローター (リチャード・S・シュリンカー)

        *        *        *

ポール・カージー(チャールズ・ブロンソン)を主役に据えたこの「デス・ウォッシュ・シリーズ」(『狼よさらば』の原題が『デス・ウォッシ』)、2作目以降はおおざっぱな作りすぎてあまりみるべきものはない。ブロンクスを荒らしまわるチンピラどもを、ウィルディ45マグナムでこちらも傍若無人にぼこぼこ撃ち殺していくポール・カージーのおきらくアクション映画。「おきらく」というのは、ポール・カージーがまったく撃たれるという心配をしていないので、まさにそんな感じ。自分は打たれないけど、相手はなんぼでも撃てるという実に「おきらく」シチュエーションでのドンパチが延々展開される。たとえチンピラでも殺すことには躊躇いを感じていた前2作とは違い、街のダニやチンピラなんてただ皆殺しにするべし、という極端な無頓着ぶり。あまりにシンプルすぎてドラマにもなっていないしょぼいシナリオ。
シリーズ第1作の『狼よさらば』では、妻をチンピラに殺された繊細なサラリーマンだったポール・カージーも、なんだかえらくなったもんだ・・。

デボラ・ラフィン・・大好きでした。まともな映画はほとんどなかったのだけど、70年代の憧れの女優さんのひとりでしたね。80年代になってもまだスクリーンに登場してたんだ・・とちょっとびっくり。

by ssm2438 | 2009-12-04 01:44


<< 狼よさらば(1974) ☆☆      荒野の1ドル銀貨(1965) ☆ >>