西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 07日

日曜日が待ち遠しい!(1982) ☆☆☆

f0009381_1971294.jpg監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー
    シュザンヌ・シフマン
    ジャン・オーレル
撮影:ネストール・アルメンドロス
    フロラン・バザン
    テッサ・ラシーヌ
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演:ファニー・アルダン、ジャン=ルイ・トランティニャン

        *        *        *

フランソワ・トリュフォーも実はヒッチコック信者のひとり。この映画が制作されたのは1980年代の頭なのだけど、何故か白黒作品。作品もヒッチコックがとりそうなロマンチック・サスペンスであり、ヒッチコックっぽさを出したかったのでしょうね。残念ながらこの作品がトリュフォーの遺作になってしまいました。しかし、これはトリュフォーのなかでは意外と面白い作品に仕上がっている。サスペンスなので一応殺しも出てくるが、それよりも明るく幸せな感じの演出がとてもほほえましい。というか、この映画のなかのファニー・アルダンがとてもかわいらしい。人差し指だけのタイピングも素敵。トランティニャンがみてるだろうと予測し、脚線美をみせるカットもじつに素敵。
当時のファニー・アルダンとは、プライベートでも一緒になり、娘さんもいる。ちょうどこの頃、お付き合いをしはじめたらしい。きっと幸せな時期だったのだろう。映画からもそんな幸せ感がつたわってくる。

<あらすじ>
南仏のニース近郊。ヴェルセル不動産のオフィスで秘書として働いているバルバラ・ベッケル(ファニー・アルダン)は、社長夫人のマリー・クリスティーヌ(カロリーヌ・シホール)の気分を害してしまいクビにされてしまう。しかしその社長のジュリアン・ヴェルセル(ジャン・ルイ・トランティニャン)の狩猟仲間で、ジュリアンの妻と不倫の関係になったジャック・マスリエという男が撃ち殺され、その容疑が自分にかけられるとしると、容疑を晴らすためにバルバラに協力を頼みに来た。親友の弁護士クレマン(フィリップ・ローデンバック)のおかげで拘留はまぬがれたものの、家に帰ってみると妻のマリーも殺された。犯人は意外にも弁護士のクレマンだった。マリー・クリスティーヌを死ぬほど愛していた彼は、自分の罪を告白すると、警察の目の前で自らピストルの引き金を引くのだった。

by ssm2438 | 2008-11-07 19:07 | F・トリュフォー(1932)


<< 突然炎のごとく(1961) ☆      アレックス・ライダー(2006... >>