西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 24日

太陽の下の18才(1962) ☆

f0009381_22212910.jpg監督:カミロ・マストロチンクエ
脚本:カステラーノ&ピポロ
撮影:リカルド・パロッティーニ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演:カトリーヌ・スパーク

        *        *        *

私が少年時代、ちょっと年上の映画ファンの人と話をすると、ジョアンナ・シムカスとこのカトリーナ・スパークの話がでていた。ジョアンナ・シムカスは何本かみているのだが、カトリーナ・スパークは結局いままで彼女が出ている映画をみる機会がなく、今回トライしてみたが・・・、これははずした。この映画に関してはまったく露出なし! 可愛い子ではあるのだが、この映画自体は全然おもしろくもなんともない。

・・ちなみに私の子供の頃の憧れのアイドル女優と言えばアニセー・アルビナでした。

<あらすじ>
ナポリの港町を舞台にバカンスにきた若者(劇中けっこう老けて見えるが)ナンパにはじける青春映画。その中にひとり、ノコラ・モリノは、相手の名前が似ていたことから女の子ニコル・モリノ(カトリーヌ・スパーク)と同室にされてしまう。最初は一つの空間をめぐって論戦をくりひろげていたが徐々に仲良くなっていく、ピーカン能天気なイタリアの青春群像劇。

by ssm2438 | 2008-12-24 22:36


<< レディホーク(1985) ☆☆      乱気流/グランド・コントロール... >>