西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 17日

デジャヴ(2006) ☆☆

f0009381_2333366.jpg監督:トニー・スコット
脚本:テリー・ロッシオ、ビル・マーシリイ
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演:
デンゼル・ワシントン (ATF捜査官ダグ・カーリン)
ポーラ・パットン (クレア・クチヴァー)
ヴァル・キルマー (FBI捜査官プライズワーラ)
ジム・カヴィーゼル (キャロル・オースタッド)

        *        *        *

うむむむむ・・・なんですか、これは・・・・????
見せ方一つ一つは決して悪いとは思わないのだけど・・、なんか釈然としない映画・・・・。イベントだけを楽しめる人にはいいかもしれないけど・・・。犯人役のジム・カヴィーゼル『オーロラの彼方へ』でも時間軸いじくりものをやっていたが、これでもかいな・・。
・・・しかし、なぜこんなに空しいのかよく判らない。画面はほんとに迫力もあるし、いいんだけどなあ・・・。なにか、とっても大事な感動させる要素がひとつ抜け落ちてる感じ。なんなんでしょう。
・・・あとで考えよう。。。

・・・あとになって考えたのだが・・・、もしも最後でダグが死ななかったら・・・、あれは制作の都合上そうしてるだけで、あそこでダグも逃げ出してたら・・・、未来から来たダグと今のダグが鉢合わせすることもあったわけだ・・・。すくなくともこの映画にはそうなる可能性があった進行だし・・・、もしそうなって三人が肩組んで終了ってことになってたわけだ・・・。

それでもいいてことだよなあ。・・・・ま、いいか、それでも。。。。

by ssm2438 | 2011-07-17 23:10


<< バッド・ルーテナント(2009) ☆      マイ・ボディガード(2004)... >>