西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 18日

プロミスト・ランド/青春の絆(1987) ☆

f0009381_1474449.jpg監督:マイケル・ホフマン
脚本:マイケル・ホフマン
撮影:ウエリ・スタイガー
    アレクサンダー・グラジンスキー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演:
ジェイソン・ゲドリック
キーファー・サザーランド
メグ・ライアン

        *        *        *

まだメジャーになる前のメグ・ライアンが不幸を運ぶビッチとして登場してます。魅力も何にもない。彼女をこんなふうにしか見せられないクソ監督マイケル・ホフマンには才能のかけらも感じない。

小さくて静かな田舎町アッシュビルの高校生ダニー(キーファー・サザーランド)は、チアリーダーのメリー(トレイシー・ポラン)に自分の想いを伝えるが、彼女はバスケットボール部のスタープレーヤーのデイヴィ(ジェイソン・ゲドリック)とつきあっていてあえなく玉砕。夢破れたダニーは街を出る。一方デイヴィも大学では一流プレーヤーにはなれず、地元のしがない一警官になっていた。
月日がたったある年のクリスマス、チンピラになりはてていたダニーは妻となったウヴェ(メグ・ラインアン)をつれて、再起のために故郷にもどる。しかし彼女はジャンキーの常習者で破滅的な性格、あげくのはんてにコンビニ強盗をやらかしてしまう。そこへ通りかかったパトカーに乗っていたのはデイヴィとメリー。デイヴィは犯人のひとりを射殺するが、それがダニーだった。

・・・まったく、だからなに???という映画。夢も希望もなく、ただ、負け犬がひたすら風邪引いて寝込んでるような映画。本気でやる気にならないクソ人間ばかりなのでむかつくだけ。

by ssm2438 | 2010-01-18 14:09


<< エンジェル・アイズ(2001)...      ワン・ナイト・スタンド(199... >>