西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 24日

オールド・ルーキー (2002) ☆☆☆

f0009381_16571145.jpg監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:マイク・リッチ
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:カーター・バーウェル

出演:
デニス・クエイド (ジム・モリス)
レイチェル・グリフィス (ローリー・モリス)

        *        *        *

これは思わぬ拾いもの、けっこううるうる来る。
この物語の主人公は、1999年、35歳にしてメジャーデビューを果たした史上最年長ルーキー、ジム・モリス。実際メジャーでの投げたのは2年間で21試合。ほとんどはワンポイント登板である。タンパベイ・デビルレイズで2年間中継ぎピッチャーとして登板したが、2000年オフに解雇。その後ドジャースと契約を結ぶが、結局肩を故障、引退となった。
最初にドラフトされたときもやっぱり肩を故障して引退しているので、1シーズン投げきるだけの肩の頑丈さもともとはなかったのだろう。しかし、それは他の活躍しているメジャーリーグのプレーヤーしか知らない我々が言うことで、彼にとっては、そんなことどうでもよくって、ガラスの肩だろうが、コンクリートの肩だろうが、メジャーのマウンドに立ちたいというのは野球をやるものなら誰でも思うことであり、納得でき野球人生だったのだろう。

トライアウトに参加してメジャーのスカウトに目が留まり、最初は2A、そして3A。そしてある日監督室に呼ばれる。あのどきどき感がいいね。
私もアニメーターになって、動画や第二原画をやってて、そうしてるとある日呼ばれた。
自分はけっこう上手いと思われているみたいだし、もしかしたら、もしかしたら・・・、いやいや期待しすぎはそうでなかったと時の落ち込み度がおおきい、期待しちゃいけない、期待しちゃいけない・・って思ってるけど心臓ばくばく、そして「原画をやってみないか」という声が耳に聞こえた時の感動。
あの感動をふたたび思い起こさせてもらった。

<あらすじ>
1983年のドラフト1巡目でミルウォーキー・ブルワーズにドラフトされたジム・モリスだが、肩の故障のためメジャーに昇格することなく87年シーズン途中で解雇。翌年シカゴ・ホワイトソックスと契約するがやはり1ヶ月で解雇、引退となる。

そんなジム・モリス(デニス・クエイド)は35歳になり、テキサス州の高校で科学の教師、そして放課後は野球部コーチとして働いていた。そんな彼の肩は長い間温存されていたことと、夜な夜なひそかに投げていたこともあり、156キロを投げられるようになっていた。かつての挫折から、本格的にプレーする気にはなれないもリスだが、チームが地区大会で優勝したらプロテストを受けると約束。チームは優勝し、妻のローラ(レイチェル・グリフィス)には内緒でトライアウトを受ける。そこでも156~157キロのボールをキャッチャーミットに叩き込むジム・もリス。スカウトたちがいろめきたつ。その日の夕方ローラがうちに帰ると家の中はもぬけの殻、ア留守をきいてみると「ピザを買って帰る」というジムの声、しかしそのあとに、球団の関係者の数人から「明日電話をいれるとか」「スカウトが話をしたいと言っている」とかのメッセージがはいっている。
契約すれば最初はマイナーリーグから再スタート、遠征に参加し家族とも一緒にいられない。メジャーに上がれる保障もない。マイナー契約なら稼ぎも大したものではない。別の高校から誘いもあり、それを受ければ今の給料の2倍もはいるとか・・、自分の方向性のさだまらないジムは「行って来い」というアドバイスをききたくて父のもとをたずねるが・・父の言葉は「夢を追うのもいいが、それは男としての責任をはたしからにしろ」という言葉だった。妻のローラに話すとはやり反対、しかし最後は認めてくれる。
結局タンパベイ・デビルレイズと契約。家族と離れてマイナーの若い選手たちとの遠征生活がつづく。1999年の9月の半ば、もうシーズンの結果は決まり、タンパベイはあいもかわらず東部地区の最下位。若手選手を試してみる時期でもあり、モリスにも声がかかった。
同年9月18日のテキサス・レンジャーズ戦で1-6とリードされた8回裏、敗戦処理としてメジャー初登板を果たす。夢に見たメジャーの芝、メジャーのグランド、メジャーのスタジアム。ロイス・クレイトンを空振り三振に打ち取った。

野球をみにくるのではなく、ジム・モリスを見に来た地元のひとたちの視線がとてもほほえましい。ブルペンで肩慣らしをはじめるモリスを、スタンドのどこから望遠でとった画面など、観客からの視野を意識した画面はスタンドからみた望遠で終始している。『メジャーリーグ』『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』よりも、この望遠レンズのおかげで本物らしさが倍増。こういう正しいレンズ選択がされるとうれしい。

by ssm2438 | 2010-01-24 16:58


<< トゥームレイダー2(2003) ☆☆      フレンズ ポール&ミシェル(1... >>