西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 28日

アベンジャーズ(1998) ☆

f0009381_557841.jpg監督:ジェレマイア・チェチック
脚本:ドン・マクファーソン
撮影:ロジャー・プラット
音楽:ジョエル・マクニーリイ

出演:
レイフ・ファインズ (ジョン・スティード)
ユマ・サーマン (エマ・ピール)
ショーン・コネリー (オーガスト・デ・ウィンター卿)

        *        *        *

なんだか緊張感のない映画だったなあ。スタイリッシュなビジュアルだけが売りの映画で、まあこういうのがあっても悪くはないが、面白いとは思えない。ユマ・サーマンのボディコン+どでかいベルトのコスチュームを見るだけの映画。元ネタは60年代に英国の人気ドラマ・シリーズ『The Avengers』

f0009381_616352.jpg<あらすじ>
反物質を利用して敵の攻撃に備える気象シールドが何者かによって破壊された。政府の極秘情報機関の諜報員ジョン・スティード(レイフ・ファインズ)は、気象シールドの研究者である才色兼備にして武術の達人、気象学者エマ・ピール(ユマ・サーマン)とコンビを組んで調査を開始する。ふたりは機関を追われた天才科学者サー・オーガスト・デ・ウィンター(ショーン・コネリー)をマーク。彼は機関のナンバー2、ファーザーと組んで、世界中の気象を自在に操り、世界征服をもくろんでいた。ふたりはサー・オーガストの基地へ乗り込み、みごと敵の野望を打ち砕くのだった。

真剣なドラマなのか、おちゃらけなのか、それともコスチュームプレイだけなのか・・よく判らない映画だった。
そもそもショーン・コネリーを適役にしても、「きっとこの人はいい人で、社会になんらかの警告をあたえてたりするのだろう」って思いながら見たのだが、ただの悪役だった(苦笑)。人選ミスでは?

by ssm2438 | 2010-01-28 06:05


<< ヘンリー&ジューン/私が愛した...      ザ・ロック(1996) ☆☆☆ >>