西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 01日

セプテンバー (1987) ☆

f0009381_38824.jpg監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
撮影:カルロ・ディ・パルマ

出演:
ミア・ファロー (レーン)
ダイアン・ウィースト (友人・ステファニー)
エレーン・ストリッチ (母・ダイアン)

        *        *        *

『インテリア』再び!とばかりにベルイマン・モードで挑んだ映画だったが超空回り! こんなにも面白くない映画になるか・・とかなり落胆。『インテリア』でみせたウディ・アレンの才能を信じているだけに、この映画での失望ははなはだしかった。

真実をまともに受け取って、余裕がないために付き合いづらいタイプのレーン(ミア・ファロー)。その対角にいるのが親友のステファニー(ダイアン・ウィースト)はすでに結婚もしていて、自分と他人との境界線にショックアブソーバーが敷き詰められていて、つねに穏やかに他人と接することができるタイプ。
そしてレーンの母、ダイアン(エレーン・ストリッチ)はかつて、レーンと父をすてて愛人のもとに走った女。そのたもうもろの人間が9月の別荘に集結する・・。ことあるごとにレーンの神経をさかなですることが起こり、最後は感情大爆発!気まずい雰囲気の中、人々はそれぞれの生活に帰っていく。

・・・天才でもハズすときはこんなもんだ・・。

by ssm2438 | 2010-02-01 03:09 | ウディ・アレン(1935)


<< 桜桃の味(1997) ☆      X-ファイル ザ・ムービー(1... >>