西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 06日

クイック&デッド(1995) ☆☆

f0009381_523674.jpg監督:サム・ライミ
脚本:サイモン・ムーア
撮影:ダンテ・スピノッティ
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演:
シャロン・ストーン (エレン)
ジーン・ハックマン (ジョン・ヘロド)
ラッセル・クロウ (コート)
レオナルド・ディカプリオ (フィー・ヘロド“ザ・キッド”)

        *        *        *

ゲーム感覚の撃ち合いに疑問を感じつつ・・・、結局この映画のシチュエーションにのめりこめなかった。

ある西部の町で行われる早撃ち大会。そこにエントリーしたものは誰かにチャンレンジして、あるいは誰かのチャレンジを受けて決闘していくわけだ。もちろん天下一武道会みたいに、身内同士の戦いもありうるわけで、でもこの大会の場合は殺し合い人なってしまうので、そういう大会に出る事自体がもう納得がいかない。つまり決闘から「自分が死ぬ」という恐怖を取り去って、のこりのゲーム性だけを映画にしてる。・・どうも私はこの手の映画はきらいみたい。

でもシャロン・ストーンはきれいでよいです。1カットだけですがオッパイ露出サービスもしてくれました。デカプリオ、若い! ラッセル・クロウ細い!

by ssm2438 | 2010-02-06 05:02


<< スウィート・ヒアアフター(19...      欲望という名の電車(1951) ☆ >>