西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 17日

フィアレス(1993) ☆☆☆

f0009381_10341497.jpg監督:ピーター・ウィアー
脚本:ラファエル・イグレシアス
撮影:アレン・ダヴィオー
音楽:モーリス・ジャール

出演:
ジェフ・ブリッジス (マックス・クライン)
イザベラ・ロッセリーニ (ローラ・クライン)
ロージー・ペレス (カーラ・ロドリゴ)
トム・ハルス (ブリルスタイン/被害者側の弁護士)
ジョン・タートゥーロ (ビル/セラピスト)

        *        *        *

解離性障害ベースで語られるのキリスト降臨もの

ジョン・トラボルタ『フェノミナン』や、ダニエル・ペトリ『レザレクション/復活』など、キリスト再降臨ものというのは、なんだかんだとなかなか感動する映画になるものだ。『フェノミナン』の場合は脳腫瘍が原因で、脳の一部が腫瘍に圧迫されるかなにかで脳に異常な能力がそなわり次第に天才になっていく物語。『レザレクション/復活』は臨死体験を経験して、死のふちから帰ってくると治癒力が備わっていて、自分の体の不具合やら、他人の体の不具合を直していってしまう。本人は普通の人間なのだが、周囲の人は主人公を神様的に扱うようになる。
この話では、墜落しそうになった機内で緊張と恐怖のあまり、解離性障害に陥った主人公マックス・クライン(ジェフ・ブリッジズ)が、恐怖を感じなくなってしまったがゆえに常人離れした落ち着きを発揮する。そんな彼をみていた生き残った乗客たちが「善きサマリア人」と表現するようになる。


<ウィキペディアから解離性障害に関するいくつかの項目を抜粋>

解離性遁走
突然放浪し、過去の出来事に関する想起(思い出すこと)は不能になる。自分が自分であることに混乱する(自己同一性の混乱)、または新たな自己同一性を装う。本人にとってはこの状態が苦痛で、社会的機能に障害がある。
本人は、遁走期間中の記憶が無いが、遁走期間中は、日頃、本人がするとは思えないような行動であろうとも、周囲からすれば、受け答えも正常な故、周囲が気付く事はほとんどない。稀に、数年単位での遁走をする場合がある。が、同じく記憶は無く、その人格として、生活をするケースもある。(遁走期間中は、その前の記憶が無い事もしばしば見受けられる。)
遁走時の記憶が、場合によっては、思い出されることもあるが、それも稀なケースであり、 たいていの場合は、「事実」としての記憶であり、感覚、実感は無く、それが苦痛になり、社会的機能に障害をきたす場合もある。

離人症性障害
自分の精神過程または身体から遊離して、あたかも自分が外部の傍観者であるかのように感じる持続的または反復的な体験をする。 離人体験の間も、現実検討能力は正常に保たれている。離人症状で苦痛があり、社会機能に障害がある。
「離人感」等と称されるものは、元来、人間が持っているものであり、その顕著な例は「映画など、集中してみている時、周囲の呼びかけが聞こえない」等、日常に付随した事であるが、それが、慢性化し、日常生活に支障をきたすような場合、「障害」とされる節がある。解離性障害とは、密接な関係である反面、他の人格障害などの一例として、「離人感」があることも報告されている。


離人症に関してはミケランジェロ・アントニオーニ『赤い砂漠』モニカ・ヴェティが演じていた。ただ、これらの映画(『フィアレス』にしても『赤い砂漠』にしても)は、解離性障害の意味を知っていないと、どう解釈していいのかわからない映画になりそうな気がする。
この映画ではイチゴアレルギー」が解離性障害から帰還を意味しているのだけど、これもちょっと判りづらいかな。最初に・・・子供の頃の回想でもいれて、「イチゴをたべると呼吸困難におちいり死にそうになる」というこの人の特徴を判らせてからのちのちに展開してほしかったなあ。で、解離性障害が起きている時は「イチゴを食べる恐怖もないから食べられちゃうし、それに関して身体も反応しない」が、元にもどると「やっぱりイチゴが食べられない」ってことに。

<あらすじ>
サンフランシスコからヒューストンに向かった飛行機が墜落した。奇跡的に命を取り留めた建築家のマックス(ジェフ・ブリッジス)は、その日から何かが変わってしまう。突然事故現場から逃走したくなり、高校時代の旧友を訪ねたりする。子供の頃、死ぬ思いをしたはずの苺も平気で食べられる。恐怖を感じない。自分が自分であることにぴんと来ない。恐怖を感じてみようと、往来の激しい車道を突っ切ったり、高いビルに登ったりと奇行を繰り返す。
しかしマスコミは、事故現場で多くの生存者を誘導して助けた彼を救世主のように書き立てた。マックスに助けられたという男の子は、マックスになついてしまい、マックスの息子はいいい気がしない。さらに家でのマックスはなにか別人になってしまったような不思議な虚無感があり、妻のローラ(イザベラ・ロッセリーニ)は不安をつのらせていく。
一方、同じ事故で赤ん坊を死なせたカーラ(ロージー・ペレズ)はショックから立ち直れずにいた。航空会社から派遣されたセラピストのビル(ジョン・タトゥーロ)は、同じように士の恐怖を体験してしまった二人なら、少し派打ち解けあるのでは・・と接触させてみた。自分の子が自分のこでないような・・、自分の妻が自分の妻でないような感覚におそわれるマックスは、家庭での時間がどうにもわずらわしく感じはじめている。そんな時に出会ったカーラは、マックスにとって居心地のよい相手だった。しかし、妻のローラとの溝は深まるばかりで、終に家をでるマックス。いつしか、カーラと二人でどこか遠くへ行きたいと思うようになる。
そんなカーラは、自分が手を放したせいで赤ん坊が死んだと思い込み、罪悪感から逃れられないでいた。マックスは彼女を後ろの席にのせ、買ったばかりの工具箱を抱かせ、車を猛スピードで壁に激突させて事故を再現する。たとえ彼女がしっかり抱いていたとしても、やはり赤ん坊は衝撃で手から飛び出してしまう。カーラは罪の意識から開放された。マックスの常人ならありえない怪行がまたひとりの女性の心の傷を癒した。
病院で回復をまつマックスを、笑顔を取り戻したカーラが訪れ「私は現実の世界にもどる」と別れを言いに来る。寂しさが隠せないマックス。
マックスが退院する日、妻のローラが迎えにきていた。弁護士のブリルスタイン(トム・ハルス)は、マックスの自殺未遂(と彼は解釈している)も精神障害であり、飛行機会社からより多くの賠償金を取れそうだと嬉々としてお見舞いに訪れる。それを聞きながら苺を口に放り込んだマックスはその瞬間、激しいアレルギー症状を起こした。恐怖が戻ってきた。ローラの必死の救急措置で命を取り留めた彼は、生のすばらしさを実感するのだった。

by ssm2438 | 2011-04-17 10:36 | ピーター・ウィアー(1944)


<< サイダーハウス・ルール(199...      バーバレラ(1967) ☆☆ >>