西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 18日

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー/禁じられた恋(1986) ☆

f0009381_613517.jpg監督:ダンカン・ギビンズ
脚本:ビル・フィリップス他
撮影:ヒロ・ナリタ
音楽:ハワード・ショア

出演:
クレイグ・シェイファー (ジョー・フィクス)
ヴァージニア・マドセン (リサ・テイラー)

        *        *        *

ヴァージニア・マドセンのファンなら必見映画

劇場公開時は『禁じられた恋』
ヴァージニア・マドセンといえば『エレクトリック・ドリーム』『クリアイター』が一番輝いていたと思うが、その次くらいにこの映画がはいってくるかもしれない。ミレーの絵画『オフィーリア』を再現しようとドレスを着て水面に浮かぶバージニア・マドセンをみるだけでも感動。
・・・しかし、お話はあんまり大したことない。最後、少年鑑別所の主人公が脱走していくのもどうなん??って思ってしまう。物語の展開的にはあまり共感がもてない作品だった。

森の中のカソリックのミッション系女子校で暮らすリサ(ヴァージニア・マドセン)は、自分自身をモデルにミレーの『オフィーリア』を再現しよう森の中に入って行った。用意したドレスを着て、カメラを自動シャッターに切り替え、水に入り自分の姿をカメラに収めようした時、1人の少年が自分を見つめているのに気付いた。彼は、マラソンの途中だった少年鑑別所の青年ジョー(クレイグ・シェーファー)だった。町の映画館で偶然再会した2人は、ますます胸さわぎを覚え、心ときめかせた。リサは、何とか彼と会う機会はないかと考え、「近隣者に奉仕せよ」というポリシーを盾に、少年鑑別所の少年たちをパーティに招く計画を提案た。再会した二人はスローダンスを踊る。学園内の礼拝堂で“H”にいたる2人だが、この密会が目撃され、強制的に引き離されることになった。リサを忘れられないジョーは、鑑別所から脱走するとリサを連れて逃亡した・・・。

ミレーの『オフィーリア』f0009381_614942.jpg(→)

by ssm2438 | 2010-02-18 06:17


<< ネットフォース(1999) ☆      ストリート・オブ・ファイヤー(... >>