西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 23日

リーサル・ウェポン(1987) ☆☆

f0009381_5124481.jpg監督:リチャード・ドナー
脚本:シェーン・ブラック
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
音楽:マイケル・ケイメン/エリック・クラプトン

出演:
メル・ギブソン (マーティン・リッグス)
ダニー・グローヴァー (ロジャー・マータフ)
ゲイリー・ビューシイ (ジョシュア)

        *        *        *

リッグスのキャラが今ひとつ消化し切れていないような気がする・・・

後にどんどんコメディ映画化していくこのシリーズだが、この1作目だけは十分に暗い・・かな? というかとりあえず「自殺願望のある刑事」という部分を使おうとしている。のちにこの設定は知らないうちになくなってしまうのだけど・・(苦笑)。

ただ、この自殺願望というのが実に微妙にうそ臭い。多分『マッドマックス』のシチュエーションをそのまま刑事ドラマに持ってきたかったというのがその理由だとは思う。しかし、自殺願望の動機となるのが、妻の交通事故死なのだけど、普通愛する人が亡くなっても多分自殺はしないと思う。私が思うにやっぱり自殺というのは、絶望したからじゃなくて、最後の自己アピール、願望があるからするものだと考えたほうがしっくるくる。どんな願望かというと、認めて欲しい願望。「最後に死ぬって言ってるんだから、頼むから誰か私のことを気にしてよ」みたいな。
マッドマックスは、暴走族に妻と子供を殺されて自暴自棄になっていた。キレていた。あれなら理解できるのだ。だけど、あの状況下では多分自殺しようとは思わないだろう。
自殺というのは、あくまで「気にしてほしい人」ひとがするもので、このリッグスというキャラクターがあまり心底自殺をしたいと思っているようにはどうも思えない。それよりも、もっと子供じみたコンセプトで、凶悪犯を目の前にして、死にたいなんて言ってる刑事がいたら、無鉄砲でいいキャラになるんじゃないか・・的な、かなりシャローなモチベーションで作られたコンセプトのような気がする。命乞いをしないキャラというか・・。
しかし、映画では死にたくない人の行動をとる。ホントに死にたければ無駄に犬死してもいいんだろうけど、この映画のなかではそうじゃない。死にたいといっているくせに、このリッグスはどこかカッコつけてる。それは死にたくない人のやること。その辺の演出的な説得力のなさというか、物語構成上の説得力のなさが、いまひとつ私にはしっくりこなかったかな。
『リービング・ラスベガス』みたあと、このリッグスみると・・・、自殺願望のある刑事というのは・・ちょっと違うってきがしてしまう。

<あらすじ>
ロサンゼルス。家庭思いの黒人刑事ロジャー・マートフ(ダニー・グローヴァー)は、飛び降り自殺をしたアマンダ(ジャッキー・スワンソン)という娼婦の調査をしていたところ、彼女が戦友の銀行家マイケル(トム・アトキンス)の娘と知り暗然とする。そんなロジャーは新しい相棒と組んでこの調査をすることになる。彼は麻薬課から転属してきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)。しかし彼は心の障害をもっていた。妻を交通事故で亡くし、毎朝目覚めると拳銃を咥え、その引き金を引こうとするが出来ない。そして署に現れ、危険な仕事も何食わぬ顔でこなす、死に場所を求めているような刑事であった。
ロジャーはマイケルを問い詰め、ヴェトナム戦争当時の特殊部隊の一部がその後、将軍(ミッチェル・ライアン)指揮のもとに大掛りなヘロイン密輸を行ない、マイケルの銀行を隠れ蓑にしていたことを聞き出す。しかし、将軍の手下のジョシュア(ゲイリー・ビジー)がヘリで襲来してマイケルの口を封じてしまう。
さらに彼らはロジャー・マートフの娘リアンをさらい、砂漠に呼びだされるがなんとか反撃、将軍は爆死、しかし、ジョシュアは逃走した。そして再びロジャー宅でジョシュアとマーティンは最後の殴り合いになるが、これを取り押さえて格闘終了。しかし警察に連行されるジョシュアは警官の銃を抜き取りマーティンとロジャーを狙う。その一瞬前にマーティンとロジャーはともに銃を抜きジョシュアを射殺する。
自殺願望がなくなったマーティンはロジャー宅でクリスマスを過ごす。

これって・・・<自殺願望刑事>というコンセプトを抜けば、けっこういい映画になっていたんじゃないだろうか。妻を交通事故で亡くして絶望している刑事と、家族思いの刑事がコンビになり、絶望刑事は、相方の家庭などにまねかれ人間的なやりとりをみているとすこしづつ人間性をとりもどしていく・・みたいな。
結局その<自殺願望刑事>というのは後のシリーズではほとんど使われなくなったのだが、たぶんそれで正解だと思う。この1作目は「まずコンセプトありき」の無理やり映画だった。

by ssm2438 | 2010-03-23 05:12


<< ハート・ロッカー(2008) ☆☆☆      リーサル・ウェポン2(1989... >>