西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 05日

ディック・トレイシー (1990) ☆

f0009381_0365253.jpg監督:ウォーレン・ベイティ
脚本:ジム・キャッシュ/ジャック・エップス・Jr
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
音楽:ダニー・エルフマン

出演:
ウォーレン・ベイティ (ディック・トレイシー)
チャーリー・コースモ (キッド)
ウィリアム・フォーサイス (フラトップ)
グレン・ヘドリー (テス・トゥルーハート)
マドンナ (歌姫ブレスレス・マホニー)
アル・パチーノ (親玉ビッグ・ボーイ・キャプリス)
ダスティン・ホフマン (密告屋のマンブルス)

        *        *        *

アメコミ的な色彩を再現しいよと原色だけを使ったその絵作りは、一見の価値はあるかもしれないが・・

・・・しかし、それだけだった作品。とにかくストーリーの底が浅すぎた。監督のウォーレン・ベイティは大好きな監督/役者さんの1人なのだが、この作品はいただけない。というか、彼の場合はかなりあたりハズレがおおきい。というか、あたったのはもしかしたら『天国から来たチャンピオン』だけだったのかもしれないが・・(苦笑)。

<あらすじ>
1930年代の犯罪都市。街を牛耳るギャングの親玉ビッグ・ボーイ・キャプリス(アル・パチーノ)、折りしもキャプリスは“クラブ・リッツ"のオーナー、リップスを殺し、その歌姫ブレスレス・マホニー(マドンナ)を手に入れた。トレイシー(ウォーレン・ベイティ)は密告屋のマンブルス(ダスティン・ホフマン)から情報を聞き出し、ブレスレスに証言を求めるが、彼女が要求するのはトレイシーの愛だった。しかし彼にはテス・トゥルーハート(グレン・ヘドリー)という恋人がいた。
トレイシーは検事殺しの犯人に仕立てられ、テスはどこかに連れ去られていた。トレイシーがテスを救出しようとする寸前、キャプリスはテスを人質にとって逃走、最後の対決の時が訪れるが、その時仮面をつけた人物がキャプリスを撃つ。最後の銃撃戦がおわり、倒れた人物の仮面をとってみるとそれは何とブレスレスだった。全ては彼女の悲しい恋心のなせる業だったのだ。

by ssm2438 | 2009-04-05 00:38


<< ビーチ・エンジェルズ!(200...      アイズ・ワイド・シャット(19... >>