西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 20日

冒険者たち(1967) ☆☆☆

f0009381_1717780.jpg監督:ロベール・アンリコ
脚本:ロベール・アンリコ
    ジョゼ・ジョヴァンニ
    ピエール・ペルグリ
撮影:ジャン・ボフェティ
音楽:フランソワ・ド・ルーベ

出演:
アラン・ドロン (マヌー)
リノ・ヴァンチュラ (ローランド)
ジョアンナ・シムカス (レティシア)

        *        *        *

60年代の懐かしさにふれたい時にはいいかも・・

監督は『若草の萌える頃』『オー!』などのロベール・アンリコ。彼の作品のなかでは一番メジャーな作日。個人的にアンリコは好きな監督さんで、この人の撮り方というのは実にしっくりくる。『オー!』などをみても、この人の画面であるだけで、情緒的撮り方が実におちついて画面に展開される。街の描写しひとつとっても、この人が監督すると、なぜか叙情的ムードにひたれるから不思議である。

この『冒険者たち』という映画は、年配の方にはけっこう人気のある作品だとは思うが、今の人がみてどうかはちと疑問。お話はけっこう散漫で、明確な目的意識があって人生をいきてるようには見えない主人公たちなので、よく言えば自由奔放、悪く言えばチャランポランな雰囲気。時代が体制反対映画が多かったときなのでしかたないとは思うが、あまり好感がもてないんだな、これが。
タイトルは『冒険者たち』ということで、それぞれのキャラクターが飛行機、ガラクタアート、レーシングカー、カジノ、宝探し、ホテルなど、いろんなことをやってみる映画なのだが、しかし、「あれがダメならこれ」「これがダメならあれ」という具合に、想いに必死さがないのがいただけない。この軽さがいい人には良いのだろうが、私なんかは熱しにくく冷めにくいほうが好きなので、こういう執着心のない話にはあまり魅力を感じない。

そうはいっても、ジョアンナ・シムカスは60年代のアイドルではピカイチな女優さん。もっとも私はこの映画が上映されたころはまだ5歳なので、彼女がどれだけ人気だったのかはのちのちになってきかされたのだけど。しかし、この『冒険者たち』と『若草の萌える頃』の彼女はとてもいい感じ。のちにシドニー・ポワチエと結婚してしまわれ、あまり映画にはでてないのだけど、そういう意味でもこの『冒険者たち』は明るい日差しのもとで健全なジョアンナ・シムカスがみられる貴重な映画ではないだろうか。『若草の萌える頃』では一晩よるをほっつきあるいて朝方とある男と“H”をするので、健全さはあまり感じられなかったりする。その点こちらはさんさんと陽がふりそそぐ太陽のしたで青のビキニ姿も披露してくれる(笑)。ああ、なんと健全なことか!

<あらすじ>
マヌー(アラン・ドロン)はパリのある飛行クラブのインストラクターで命知らず&大ぼら吹きだ。ローランド(リノ・バンチュラ)は、パリ郊外の廃車置場の中にある奇妙な仕事場に住み、カー・エンジンの開発に専念していた。そんなローランドの廃車置場に、リティシア(ジョアンナ・シムカス)という現代アートを目指す女性が、あらわれる。彼女はガラクタでアートを作っていたのだ。
ある映画プロデューサーが撮影のため凱旋門を飛行機でくぐり抜けた者に二千五百万フランの賞金を出すという話をききつけ、それに挑むことにするマヌー。しかし、その話はひともんちゃくあり、マヌーは飛行士の免許を剥奪されてしまう。一方レティシアも、彼女の出展した作品は酷評され、へこんでしまう。(じっさいダサいのだが)。
失業したマヌーは友人ローランドの仕事場へころがりこんだ。そんなある日、マヌーは飛行クラブの生徒から、ベルギーのコンゴ移住者が動乱から逃れる途中、莫大な財産を乗せて海に墜落し、財宝が海底に眠っているという話をきく。マヌーとローランドとレティシアはスクーナー船に乗りこんで、宝探しを始めた。ところがこの財宝に目をつけていた旅団が闇に乗じて襲ってきた。その戦いの中でリティシアが死んでしまう・・・。

あんまりこんな映画を人殺しが登場するような方向にはふらないでほしいものだ。。。
なんでもありの映画なので、もうすこし1人の女を想う二人の男の友情ものがたりに徹して欲しかったかな・・。
f0009381_17201120.jpg


by ssm2438 | 2010-04-20 17:20 | ロベール・アンリコ(1931)


<< 田舎の日曜日(1984) ☆☆      C階段(1985) ☆☆☆ >>