西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 20日

マンハッタン(1979) ☆☆☆☆☆

f0009381_23345362.jpg監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン/マーシャル・ブリックマン
撮影:ゴードン・ウィリス
音楽:ジョージ・ガーシュウィン

出演:
ウディ・アレン (アイザック)
ダイアン・キートン (メリー)
マリエル・ヘミングウェイ (トレイシー)

        *        *        *

ダイアン・キートンと付き合ってた頃のウディ・アレン作品は素晴らしい。

ウディ・アレンの画面をきちんと作る才能はほんとに素晴らしいと思う。もちろんこの映画の撮影監督はゴードン・ウィリスなので、誰が監督でもきちんとした絵にはなるのだけど、それでもゴードン・ウィリスが撮影監督でないときも、きちんとした画面構成をいつも構築している。もっともこれは撮影監督の力がかなりあるのだろうが、その撮影監督を見抜くちからもすばらしい。もっとも、このゴードン・ウィリスに撮ってもらってた時代が一番好きだけど、そのあとはカロル・デ・パルマと一緒に仕事をしている。この人はミケランジェロ・アントニオーニの映画をよく撮っていた人だ。そしてゴードン・ウィリスの前の時代で、画面にひきつけられたのは『ウディ・アレンの愛と死』だった。予備知識のないままたまたまテレビをつけたらやってて、「うわあああ、なんかきっちりした画面とってるなあ、誰だ?」っておもったらギスラン・クロケだった。納得。彼は『テス』アカデミー撮影賞をとっている。
ウディ・アレン自身が画面構成能力が恐ろしくしっかりしているので、それが上手い撮影監督が誰なのかも知っているのだろう。

この『マンハッタン』はウディ・アレンが一番輝いていたダイアン・キートン時代の代表作のひとつ。世間では『アニー・ホール』が有名かもしれないが、個人的にはこちらのほうが好きだ。もっとも一番好きなのは『インテリア』だけど。
このころのウディ・アレンの作品には不思議と人を引き込む力がある。それは「ああ、これ分る分る」の要素がいっぱい詰まっているからだろう。確かにアレン自身が主役をやっているので、会話はウディ・アレンのいつもの会話で、本心を隠すための象徴過ぎ的トークがやたらとおおい。固有名詞連打も、その作家たちがもつものを象徴しているのだろう。判る人だけ判ってください的なインテリぶりだが、これも嫌いではない。そしてこの頃の言葉や、しぐさや、ドラマ展開は、胸に沁み込む度合いが80年代からの作品にくらべてディープだ。勝手な想像だが、これってダイアン・キートンを愛していたのだと思う。そのとき入れ込んだ女が彼女だったから、彼女を想った時の心情がおおいに反映されているのだと思う。ウディ・アレンって思いっきり「認められたい人」なので、そのエネルギーが高ければ高いほど、作品もよくなるのだろう。この映画では、男の恋愛のなかでよくあるケースが切実に展開されている。
そんな良くある男の心理描写を、ゴードン・ウィリスの力をかりて、マンハッタンの風景のなかで展開している。ごちゃごちゃっとした都会(ニューヨーク)の雑踏といい、いろいろアイテムがある部屋のなかといい、そして霧にけむるクイーンズボロ・ブリッジをみる二人のシルエットといい、天文ミュージアムのなかの絵作りといい、総てが確かな絵になっている。白黒画面というのはちょっと卑怯かとも思うが、ゴードン・ウィリスのモノクロ映画というのはけっこう珍しいので、そういう意味では貴重な映画でもなる。ま、ゴードン・ウィリルならカラーでもモノクロでもどうとってもカッコいいのだけど。

ウディ・アレンの映画というのは、なかなかストーリーにはいりこめないものが多いのだが、それはウディ・アレン自身が主役を演じ、それもモテる男を演じているからだ。本人はもてるとおもってるのかもしれないが、やっぱりあまりビジュアル的にもてるとは思えない。なので映画のなかでウディ・アレンがもててると、そこで「なんか違う・・」って思ってしまうのだ。しかし、これは仕方がないので、「この映画の主人公は見た目はウディ・アレンなのだが、実はもてる男優さんのだれかなんだ」と思ってみることにしよう。
そしてウディ・アレンの映画のなかで役者さん的にみて一番すきなのはこの映画だ。ダイアン・キートンは昔からのファンなのだが、マリエル・ヘミングウェイも実にいい。
f0009381_932670.jpg
<あらすじ>
ニューヨーク、マンハッタン。コメディ番組の放送作家、アイザック・デイビス(ウッディ・アレン)はトレーシー(マリエル・ヘミングウェイ)という17歳の女子学生と同棲中だった。どちらかというとトレイシーの方が積極的だった。二度の離婚経験があるアイザックは、彼女と付き合いながらも、どこか距離を置こうとしていた。
近代美術館を見物中のアイザックとトレーシーは、アイザックの友人エール会うが、彼は女を連れていた。彼女の名はメリー・ウィルキー(ダイアン・キートン)、雑誌ジャーナリストだ。ベルイマンを表面的にしか理解しない“えせインテリ”ぶりにウンザリだったが、偶然あるパーティでメリーと再会し、意気投合してしまったアイザックは、2人で夜のマンハッタンを長々と散歩することになる。

思えば、ダイアン・キートンとデートするシーンをゴードン・ウィリスにとってもらい、その映画が世に残るなんてうらやましことだ。

結局“H”にいったったアイザックとメリー。トレーシーに別れを告げ、彼女にロンドン留学の話を勧めるアイザック。しかしメリーはやはりアイザックの友人エールを愛しているという。おい! これだから女は困るんだ。男はつかの間の夢見て、期待して、そして裏切られるとやっぱり居心地のいい女のところにもどっていくのである。

「マンハッタンの人々に関する短編のアイデア・・、
 彼らはいつも不必要な精神的問題をつねに想像している。
 なぜならそれらの問題が、さらに解決不可能でさらに恐ろしい宇宙の諸問題から逃れるための
 有効な手段だからだ。
 ふむう・・、楽天的であるべきだ。・・そうだ、人生はなぜ生きる価値があるのか?
 うん、これがいい質問だ。確かに人生を価値のあるものにしてくれるものがいくつかある。
 たとえばどんな? うむむ、そうだなあ、ボクにとっては・・
 グルーチョ・マルクス、ウィリー・メイズ、
 ジュピターの第二楽章、ルイ・アームストロングの『ポテトヘッドブルース』、
 フロベールの『感情教育』というスウェーデン映画、マーロン・ブランド、フランク・シナトラ
 セザンヌの『林檎と梨』、中華料理店のカニ料理・・・・・
 ・・・・・トレーシーの顔」

電話をかけても話中でつながらない。トレーシーのアパートに走るアイザック。しかし彼女は既にロンドン行きを決めており、荷造りを終えてこれから空港に向かうところだった。よりを戻したいアイザックは、今までのお飾りトークではなく、わがままきわまりない本心を彼女につたえていく。彼女のロンドン行きの決意は変わらない。「半年したら帰ってくるから。変わらない人もいるわ」といい、旅立っていくトレーシーだった。
「二兎を追うものは一兎もえず」ストーリーと言われるが、この最後からはトレーシーはロンドンに短期間留学するだけで、トレーシーを失ったわけではないと思う。ただ・・、夢の狩人たる男の性はトレーシーも理解しただろうし、一時の冷めた感情のままロンドンなんかにいくと、ふらっと別の男になびきかねなくもない(彼女は「代わらない人もいるわ」と言っているが)。この一連の別れ話騒動で、トレーシーのアイザックに対する憧れは消失しただろうし・・。
それでも、これで許されるならそれは男の夢だろう。そしてそれを暗示しているエンディングが実に素直でよい。ここでおわらせるのがなかなかおつな展開だなと思った。

by ssm2438 | 2010-05-20 23:35 | ゴードン・ウィリス(1931)


<< 花嫁のパパ(1991) ☆☆☆      コカコーラ・キッド(1985)... >>