西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 23日

レッドブル(1988) ☆☆

f0009381_135097.jpg監督:ウォルター・ヒル
脚本:ハリー・クライナー
    ウォルター・ヒル
    トロイ・ケネディ・マーティン
撮影:マシュー・F・レオネッティ
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:
アーノルド・シュワルツェネッガー (イワン・ダンコー刑事)
ジェームズ・ベルーシ (リジック刑事)
エド・オロス (犯罪者ビクター)
ジーナ・ガーション (ビクターの妻・キャット)

        *        *        *

異文化交流刑事もの

普通のウォーター・ヒル映画だったかな・・。刑事者という舞台に異文化交流テイストを加味、無慈悲なソ連の刑事をアーノルド・シュワルツェネッガーにやらせるあたりはショービズ的にはツボっぽいところだが、映画的にはきわめて普通の映画だった。若い頃のジーナ・ガーションがみられるのはちょっと嬉しい。マフィアの情婦といえばキム・ベイシンガーというイメージが一番先に来るが、2番目にくるのはこのジーナ・ガーションだろう(苦笑)。
当時はシュワルツェネッガーのこれと、シルヴェスタ・スタローン『コブラ』というアクション派俳優の刑事ものがつくられたが、どちらもパッとしなかった。

<あらすじ>
麻薬密売ルートの大ボス、ビクター・ロスタビリ(エド・オーロス)を追っていたモスクワ警察特捜部の刑事イワン・ダンコー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、シカゴの刑務所に拘留されたとういビクターの身柄引き取りのためアメリカにやってきた。しかしガードマンに変装した一団に急襲され、ビクターを連れ去られてしまったダンコーはモスクワからの帰国命令を無視、ビクターを捕まえるまでアメリカに残る決意をする。
彼の相手をしたのがアート・リジック(ジェームズ・ベルーシ)刑事。彼は面倒な規則などものともしないみだし刑事だった。初めは絶えず衝突する2人だったが、いつしか友情らしきものが芽生えていった。金のためにビクターと結婚したというキャット(ジーナ・ガーション)の協力もあって、ビクターと犯罪シンジケートの関係が明らかになってきた。
シンジケートから奪った麻薬と金を一人占めしたビクターはモントリオール行きのバスを奪って逃げるが、ダンコーとリジックもバスで追跡。2台のバスの暴走カーチェイスが展開される。ビクターを倒したダンコーは、今や真の友となったリジックに見送られて、モクスワへの帰途につくのだった。

by ssm2438 | 2010-05-23 13:20


<< ミュージック・ボックス(198...      トリコロール/赤の愛(1994... >>