西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 29日

コックと泥棒、その妻と愛人(1989) ☆☆

f0009381_2255635.jpg監督:ピーター・グリーナウェイ
脚本:ピーター・グリーナウェイ
撮影:サッシャ・ヴィエルニ
音楽:マイケル・ナイマン

出演:
リシャール・ボーランジェ (コック)
マイケル・ガンボン (泥棒)
ヘレン・ミレン (その妻)
アラン・ハワード (彼女の愛人)

       *        *        *

照明は良かった。トイレも素敵だった。ディナーはまずそうだった。

どうもこういう、セット内でのシチュエーション舞台劇というのは好きになれない。これとか『ドッグヴィル』とか・・、こういう撮り方になんでしなくてはならないの??って思ってしまう。ほんとにきちんとみせたいんなら、下らん小手先の変化で目先をごまかさず、王道で勝負してほしいものだ。

あんまり嫌いなので☆ひとつ・・のつもりだったが、照明とマイケル・ナイマンの音楽は素敵なのでおまけ。この映画は劇場でみたものだから途中棄権せずに最後までみたが・・・こういう映画は大嫌い。

<あらすじ>
リチャード(リシャール・ボーランジェ)はフランス料理店“ル・オランデーズ”のコック長である。その常連客のひとり、アルバート(マイケル・ガンボン)はギャングだった。金にものを言わせて夜毎、卑しい乱行を繰り返しているアルバートに、妻ジョージーナ(ヘレン・ミレン)はうんざりしていた。しかし残忍な性格を知る彼女は、恐怖で逃げ出すこともできなかった。
ある日ジョージーナは、学者マイケル(アラン・ハワード)と知り合い、お互い魅かれあったふたりはレストランの化粧室で情事をかさねる。やがて彼らの関係はアルバートの知るところとなり、マイケルはアルバートとその手下によって惨殺されるのだった。夫への復讐を決意したジョージーナは、リチャードに頼んでマイケルを料理してもらう。こうしてジョージーナは、人間の丸焼きとなったマイケルのペニスをアルバートに食べさせ、そして殺すのだった。

by ssm2438 | 2011-06-29 22:55


<< 四月物語(1998) ☆☆☆☆      コードネームはファルコン(19... >>