西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 13日

レッドソニア(1985) ☆

f0009381_11284588.jpg監督:リチャード・フライシャー
脚本:クライヴ・エクストン/ジョージ・M・フレイザー
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演:
ブリジット・ニールセン (レッド・ソニア)
アーノルド・シュワルツェネッガー (カリドー)

       *        *        *

ロバート・E・ハワード原作の『コナン・ザ・グレート』『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』の姉妹編。『CONAN』の原作が面白いかと言われるとそれほどでもないのだけど、この出版物のイラストなどを描いていたのがフランク・フラゼッタという人で、この人が圧倒的な絵を描くので、この作品が人気になったといえるだろう。フラゼッタに関しては『ファイヤー&アイス』というアニメ映画でキャラクターデザインもやっている。

本作にはビデオ発売当初、『アーノルド・シュワルツェネッガー/キング・オブ・アマゾネス』などというタイトルもつけられていたが、アーノルド・シュワルツェネッガーはゲスト出演っぽく、前回からの流れをさりげなく受け継いでいるというような感じ。でもあくまで主人公はブリジット・ニールセン演じるソニアのほう。

監督は『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』に引き続いてリチャード・フライシャー。この監督さん、古くは『ミクロの決死圏』『トラ・トラ・トラ!』などを撮った人だけど、技術的にはそれほどインパクトがあるわけではない。言われたとおりにさらっと仕上げる感じの人。この映画もたいしたスペクタクルがあるわけでもなく、まあ、ごついアーノルド・シュワルツェネッガーとブリジット・ニールセンのコスチューム・プレイが見られるという程度のもの。かなり退屈だったかな(苦笑)。

<あらすじ>
万物を創造し支配する聖玉<タリスマン>を奪った悪の女王ゲドレン(サンダール・バーグマン)は、一層の勢力を拡大しつつあった。ゲドレンに自分の村を焼き打ちにされたレッド・ソニア(ブリジット・ニールセン)は剣の修業を積みたくましい女性剣士として生まれ変わった。
復讐のために女王の住む魔城アーカベインへと旅立つ。途中、カリドー(アーノルド・シュワルツェネッガー)、そして女王に滅ぼされた都の王子ターンとその家来ファルコンが加わる。初めは男を寄せつけなかったソニアではあったが、ゲドレンを倒した今はカリドーと口づけを交わし、2人で新しく旅立ってゆくのであった。

by ssm2438 | 2010-08-13 11:33


<< アンドリューNDR114(19...      スール/その先は・・・愛(19... >>