西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 22日

悪魔の赤ちゃん(1974) ☆☆☆

f0009381_1071676.jpg監督:ラリー・コーエン
脚本:ラリー・コーエン
撮影:フェントン・ハミルトン
音楽:バーナード・ハーマン

出演:
ジョン・P・ライアン (フランク・デイヴィス)
シャロン・ファレル (レノール・デイヴィス)
ジェームズ・ディクソン (パーキンス警部補)

       *        *        *

ホラー映画も禁断の聖域をおかしてしまったか・・・。

いろいろモンスターになりました。昆虫や動物、人間も・・でも、赤ちゃんだけはならないはずなのだけど、それをやってしまうのが異能脚本家、ラリー・コーエン
平凡な夫婦の間にうまれた赤ちゃんが、なんとモンスターだった!! なぜ? なぜでしょう? とにかく殺戮を繰り返しながら帰巣本能で親元をめざす赤ちゃん。そしていよいよ親と再会。こんなモンスターになっても俺の子供なのか・・とどう感情をせいりしていいのかわからない父親。この感情のせめぎ合いが、この映画をB級の名作にのしあげてる(でも、所詮B級だけど・・はは)。

今回は監督もやってます。ラリー・コーエンはB級映画の脚本をかいているころが多いのだけど、私にいわせればB級映画の正しい作り方をする人。はやりものに手を出してちゃらって作るのではなく、予算のない中(B級の宿命)、ありえないシチュエーションを見ている人に納得させるように作っていく。そのなかで、どこかしら感情に訴えるものを注入している。キワモノの一生懸命きちんと作ろうという精神に満ち溢れている人。好きなクリエイターの人ですね。
この『悪魔の赤ちゃん』はこのあと続編が2作つくられることになるのだが、ラリー・コーエンの代表作のひとつでしょう。でも個人的には『殺しのベストセラー』がお勧め。

ラリー・コーエンの映画って愛があるんだよな。『殺しのベストセラー』もそうだったけど、ありえないところに愛を描く、この『悪魔の赤ちゃん』においても、なぜそんな赤ちゃんとして生まれてきたのかは不明だが、殺人モンスターの赤ちゃんだが、自分の子でもある。まず、最初は母親がそのモンスター赤ちゃんを愛で受け入れ、
息子(赤ちゃんにとっては兄貴)も、赤ちゃんは襲おうとはしない。しかし撃ってしまう父親。逃げ延びた赤ちゃんをおってやっと見つける父親だが、もう撃てない。ここでは自分の息子だという概念が勝ってしまい助けようとする。
社会のなかではどんなに忌むべき存在でも、自分個人としてみれば自分の息子である。世間体常識から個人的感情へ思考の根幹が移行する描写がいいんだ。こんな話を考え付くラリー・コーエンはやはりキチガイである。

<あらすじ>
ロサンゼルスに住む、中流階級の平凡な夫婦フランク(ジョン・ライアン)とレノール(シャロン・ファレル)には11歳の息子クリスがいた。そして2人目の子供が生まれようとしてた。レノールは分娩室に運び込まれフランクは待合室で待っていた。そして子供が生まれた。その赤ちゃんは恐ろしい形相の生物であり、お産に立ち合った医師、インターン、看護婦らを惨殺し、分娩室から姿を消した。警察は当初、この事件が生まれたばかりの赤ちゃんの仕業とは信じることができなかった。しかしその日から、身体を引き裂かれるという惨殺事件が次々と起こると、非常警戒包囲網をしいた。
一方、レノールは産後自宅にもどり、息子のクリスはフランクの友人チャーリーの家にあずけられていた。妻の身を案じたフランクは、会社に長期休暇届けを提出すると家もどると、その日のレノールはショックが癒えたのかなんとなく幸せそうだった。不審に思ってレノールを問いつめると、赤ちゃんが帰ってきたことを告白する。
その頃、クリスは両親に会いたい一心でチャーリーの眼を盗んで家に戻ってきていた。そして地下室で恐ろしい形相の弟と対面する。不思議と赤ちゃんは襲いかかる気配はなかった。しかしそのときフランクが銃をもって降りてくる。クリスが危ないと思い発砲、弾丸は赤ちゃんの肩をかすめたらしく、凄まじい叫び声をあげると折り悪しくクリスを追って地下室に入ってきたチャーリーの喉笛を噛み切って闇の中に消える。
血痕は下水道に続いており、フランクと数十名の警官が赤ちゃんを追った。フランクはついに激痛に耐えかねて泣いている赤ちゃんを見つけ銃口を向けたが、どうしても引き金を引くことができなかった。この世のものとも思えぬわが子の哀れな姿に、とめどもない涙を禁じえなかったのである。フランクは赤ちゃんを抱いて家に連れ帰ろうとするが、出口には完全武装の警官が待ちうけていた。赤ちゃんは無惨に撃ち殺される。

by ssm2438 | 2010-10-22 10:07


<< 氷壁の女(1982) ☆☆      ピクニック at ハンギングロ... >>