西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 25日

いちご白書(1970) ☆☆

f0009381_17292115.jpg監督:スチュアート・ハグマン
脚本:イスラエル・ホロヴィッツ
撮影:ラルフ・ウールジー
音楽:イアン・フリーベアーン=スミス
主題歌:バフィ・セント=マリー

出演:
ブルース・デイヴィソン (サイモン)
キム・ダービー (リンダ)

       *        *        *

キム・ダービーの短いスカートと42ページ似の女子学生は萌える!(笑)

この映画を知ったのは中学生か高校生のころで、バンバンの「『いちご白書』をもう一度」というフォークソングを知った時。その後、どんな映画なんだろう??っと思っていたのだけどさすがにVHSが普及するとレンタルビデやで見つけることが出来た。でみてみた。当時はナにやってるのか全然分からなかったが、先ごろ『ドリーマーズ』がらみでいろいろしらべていたら、そこで描かれていたストライキがなんなのか分かった。

話の発端は1968年4月におきた遊園地を軍事関連施設に建て直す事に端を発し、コロンビア大学の学生抗議者たちが学部長事務所の占拠する事件がおきた。その占拠事件を背景に、ブルース・デイヴィソンキム・ダービーの恋愛事情を描いている。ただ映画としてはきわめてドラマ性のうすい映画であり、シナリオもしっかり構築されたうえで作られた映画とはいいがたい。
さらにカメラもかなりうざい。いい絵も多いのだけど、あほなTU⇔TBがあったりして、おまえディズニーのカートゥーンの爆発シーンでも撮っているのか??っておもわせるくらいダサいカメラもある。

この映画の本質は、当時の学生運動の風潮や、アメリカン・ニューシネマの影響などがある時代で、実に無責任垂れ流しのくそ映画といっても言い過ぎではない。ほとんどの大学生はどうみてもただのアホのあつまりであり、ただたむろしてたり、薬をやったり、フリーセックスをしたりとのんきで怠惰な有象無象。せめてもの救いは一応そのストライキを扇動しているリーダー連中は自己の行動意義をもっているようだが、所詮は与えられるのがあたりまえという概念のなかで、与えられ方が悪いと文句をいっているだけだ。コロンビア大学といえばIBリーグのひとつで名門校であるが、この映画だけみるとかなり程度がひくくみえる。・・・。

主人公のサイモンも真剣に学生運動なんかに参加しようという気持ちはないのだけど、格子のむこうにいるリンダをみてなんとなく参加してしまったといういい加減なやつ。しかも、その活動の間に真剣になるのかと思えばそんなことはなく、最後まで真剣な闘争の理由はどはもてなかったに違いない。
しかし、そんなしらけモードの環境下ではあるが、やっぱりブルース・デイヴィソンキム・ダービーが二人でいるシーンの描写はとってもいい。それだけで「なんかいい映画だったかも・・」って印象ももてなくはない。さらに、やっぱり学生たちが大学の学部長事務所を占拠しているそのなかでの生活というのは、みていて楽しそうなのである。きっと学生ならあの状況は死ぬまで「人生で一番楽しかった時間」として残るだろう。

f0009381_19254759.jpg余談ながら、占拠した学部長事務所ビルのなかでサイモンにブロージョブしてあげる女(42ページ似の女)はクリスティン・ヴァン・ブーレン(Kristin Van Buren)という女優らしい。

あまったれた映画のスピリットだが、なぜか忘れられないノスタルジーのつまった映画のひとつでもある。ちなみに私がこの映画が作られた年はまだ小学生だった。この映画がツボにはまった世代の人は、私より10歳くらいうえの団塊の世代とよばれる人たちだろう。

<あらすじ>
1968年、遊園地を軍事関連施設に建て直す事に端を発し、コロンビア大学の学生抗議者たちが学部長事務所の占拠する事件がおきていた。同大学のボート部の学生サイモン(ブルース・デイヴィソン)は、見物がてらにその学部長事務所の建物を見に行ったが、その中にリンダ(キム・ダービー)を見とめ、おもわずふらふらっとその中に入ってしまう。
内部は惨憺たる参上で、学生たちが床にすわりこみ、アルコールはジュースを回しのみしている。LSDもやっているのだろう。そんななかで一部の学生たちは真剣にこの占拠活動は意義があるものだと信じていた。
サイモンは行き当たりばったりで食料調達係りに任命されたが、実はリンダもそうだった。二人は封鎖されているビルディングから抜け道をとおり外にでる。占拠している学生たちに食料を調達するために二人はもよりのスーパーにでむいていく。こんなふたりの描写がじつに愛らしいのだ。
そんな学生たちのつかの間のユートピアも終焉をむかえる。武装警官隊は州兵の応援を得て、バリケードを破り、屋内に突入する。講堂に集結していた学生たちは、波紋のような輪をつくり無抵抗でうたいつづける。そこ武装警察が乱入。催涙ガスを噴霧しながら学生たちを排除していく。

by ssm2438 | 2010-10-25 17:31


<< 1969(1988) ☆☆      ターミナル・ベロシティ(199... >>