西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 09日

甘い生活(1959) ☆

f0009381_848351.jpg監督:フェデリコ・フェリーニ
脚本:フェデリコ・フェリーニ
    エンニオ・フライアーノ
    トゥリオ・ピネッリ
    ブルネッロ・ロンディ
撮影:オテッロ・マルテッリ
音楽:ニーノ・ロータ

出演:マルチェロ・マストロヤンニ

       *        *        *

裸の王様映画の決定番でしょう。

誰かがきちんと「この映画つまなんだよー」って言わないといかんな。

一応1960年のカンヌ国際映画祭、パルム・ドール受賞の作品です。まあ、カンヌの映画祭のパルムドール受賞作品なんてろくなのないですから、この作品が選ばれてもおどろかないし、ああ、納得・・とさえ思えてしまう(苦笑)。

一貫したストーリーがあるわけではないので、物語を楽しみたい人には不向き。感情移入できる登場人物もいないし、登場人物にも映画自体にも生産性はまるでない。フェリーニの映画で生産性があるのなんてほとんどないけど。なので私にはまったく不向きでした。
それほど仰々しく賛美をあたえるほどのものもなく・・延々3時間ちかい時間をつまらないのために消費しなければなりません。映画の勉強したいひとは、一度は見ておくのもよいかと思うけど、みなくてもまったく困らない作品であもあるかな。

この映画をみると思いだすのが望月三起也『四葉のマック』という漫画のなかの主人公の言葉。

「理想のない生き方なんて死人も同じだ!」

この人たちの中に理想がないわけじゃなくて、もう追えなうなってる。そんな状況さんざんみせつけて最後の天使目線。ふうううう~~~~~んって感じなのですが、もし、この世の中に天使がいなかったらどうするんでしょうねえ? 実際いないけど・・・。

by SSM2438 | 2010-12-09 08:48 | F・フェリーニ(1920)


<< 燃える昆虫軍団(1975) ☆      川のほとりのおもしろ荘(197... >>