西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 26日

シックス・デイ(2000) ☆☆☆

f0009381_2322373.jpg監督:ロジャー・スポティスウッド
脚本:コーマック・ウィバリー/マリアンヌ・ウィバリー
撮影:ピエール・ミニョー
音楽:トレヴァー・ラビン

出演:アーノルド・シュワルツェネッガー (アダム)

       *        *        *

いやあ、面白かった!

ラジー賞なんか何処吹く風。普通に面白かった(笑)。最後、クローン君も生き残るのも素敵だ。

しかし、この映画の原題は『THE 6TH DAY』(6番目の日)。 6th系 のタイトルのつけ方はなんとかならんものでしょうか? 『シックスセンス』もそうだけど、「第6番目」と「6つの」は意味的に変わってくる。そこは邦題の漬け方ででなんとかニュアンス出してほしいものです。
日本の映画タイトルのつけ方は、複数形の最後の「s」を省いたり、第何番目の「th」を省いて使ってしまうので、タイトルから受ける印象が変わってきてしまう。この映画も、タイトルを聴いた時は、「6デイズ」(=6日間)の最後の s が抜けたんだなって解釈してたら、原題チェックしたら『THE 6TH DAY』(=6番目の日)の意味だった。

人間のコピーを題材にしたお話は数々あれど、今でも一番インパクトがあるのは藤子・F・不二雄『パーマン』だなあ(笑)。
冴えない小学生須羽ミツ夫がある日、宇宙人からもらったパーマンセット(マスク、マント、バッジ)を装着すると怪力や空を飛ぶ能力などを授かり、その力を生かして正義のヒーローになるという物語。主人公たちがパーマンとして活躍している間、コピーロボットがその存在のアリバイをつくってくれるのだけど、その鼻を押すことで押した人間の容姿や性格までそっくりのコピーしてしまうという代物。パーマンとして活動して戻ってくると、おでこをあわせて、コピーロボットの記憶をうけとるという仕組み。
コピーものの概念としてはどうしても「性格までは受け継げない」というのが一般的な認識だけど、性格まで上kついでしまうとうところがこのコピーロボットの味噌で、ミツオのコピーロボットは、自分が宿題やらされている間に主人はパーマンになって活躍してて、それをねたんだりする。ミツオはパーマンになって、活躍している間は優越感にひたれ、その間にコピーロボットが宿題をやってくれて万々歳と思いきや、コピーロボットは自分と同じようになまけてて宿題なんか良い加減にしかやってない・・・ってところが実に素敵。
この『シックスデイ』映画をみてると、そんなことを思い出してしまった。

クローンもののツボをきちんとやってくれたのは『ブラジルから来た少年』だろう。
こっちは、ヒットラーの遺伝子からヒットラーを再生産するために、ヒトラーのゲノムを受けついだ子供達を、世界中のヒトラーの家族に似た両親の性格・家庭環境の親元に預けるというもの。主人公達がそのブラジルからきた少年たちの足取りを追うと、そこではヒトラーの幼少時代と同じ顔をした少年たちが、どれも似通った家庭環境でそだられていることにぞっとするというもの。
しかし、こちらの物語では、時代背景もちがい、テレビや、ラジオ、学校の環境も違うので、やっぱりヒトラーに似た人間はつくれても、ヒトラーをそのまま再現するこは出来ないって、人道的なところにおちつく仕組みになっている。

この映画では、性格までコピーできてしまうので、そのあたりはファンタジー的要素が強いのだが、正義感のつよいシュワちゃん二人がタッグを組んで敵と対決するアタリはなかなか楽しい。きっとサンダとガイラが一緒になって暴れたらこういう楽しさをかもし出し射たかもしれない(笑)。

<あらすじ>
人間のクローン化は可能だが、そのこと事態は法律で禁止されている近未来。
チャーターヘリの飛行士であるアダム・ギブソン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、誕生日の日、娘が飼っている愛犬が病気に係り処分されることになる。その日はとある会社の重役を乗せて飛ぶ仕事があったのだが、妻からの強い催促にあいリペット業者(ペットのクローンをつくる)を訪れることになる。そのため、仕事を友人に代わってもらった。結局ペットのクローンを作ることには抵抗があり、そちらは断念。その替りに世話おするタイプの人形さんを買って帰ってみると、既にうちの中に自分がいる。
本来彼が請け負うはずだった仕事は、事件に巻き込まれ、その重役は殺され、パイロットも殺されていた。しそれをカモフラージュするために、パイロットのクローンが作られていたのだが、書類上はアダムがそのパイロットであったため、アダムのコピーが製造されたようだ。自分の身に襲いかかった事件の秘密を探るためその場をはなれるアダムだが、周りの人々が次々と事件に巻き込まれていく。
最後は、自分の家族を奪ったクローンと共闘、二人で協力して人質にとられた妻と子供を助け出すアダムとアダムのクローン。

by ssm2438 | 2010-12-26 23:23


<< 妖星ゴラス(1962) ☆      シシリアン(1969) ☆☆ >>