西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 09日

髪結いの亭主(1990) ☆☆☆☆

f0009381_19573080.jpg監督:パトリス・ルコント
脚本:クロード・クロッツ/パトリス・ルコント
撮影:エドゥアルド・セラ
音楽:マイケル・ナイマン

出演:
アンナ・ガリエナ (マチルド)
ジャン・ロシュフォール (大人アントワーヌ)
ヘンリー・ホッキング (子供アントワーヌ)

       *        *        *

ジャガール・ワールドが芳しい男の夢。

この映画はドラマというよりも、「私が想像する<至福の幸せ>とはこういうものだ」という夢想を、パトリス・ルコントが具現化してみせた夢物語。なのでこの映画をみて批評するなど無意味で、「じゃあ、これ以上の至福の幸せがどこにあるんだ?」と言われそう。とにかくルコントは、「至福の幸せとは・・?」というテーマでいろいろ哲学してみたのだろう。その結果がこれだった・・ということ。

以下、マルク・シャガールの絵を集めてきた。この映画を語るにはこの絵があれば充分だろう。

傑作である。
f0009381_19485245.jpgf0009381_19491137.jpgf0009381_1950195.jpgf0009381_1951221.jpgf0009381_19511485.jpgf0009381_19512120.jpgf0009381_19512824.jpg

by ssm2438 | 2011-01-09 19:58


<< 橋の上の娘(1999) ☆☆☆      眠らない街 新宿鮫(1993) ☆ >>