西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 25日

男はつらいよ22/噂の寅次郎/大原麗子(1978) ☆☆

f0009381_10394576.jpg監督:山田洋次
脚本:山田洋次/朝間義隆
音楽:山本直純

出演:
渥美清 (車寅次郎)
大原麗子 (荒川早苗/水野早苗)
志村喬 (博の父・一郎)

       *        *        *

大原麗子シリーズ第1弾
いやああああ、大原麗子がものごっつうう可愛い!


この映画の大原麗子は実ににかわいい。可憐だ。美しい。この人のすごいところは、美しいのに可愛らしいってとこなのだ。この二つの相容れない要素を持っている人など、ほかには思いつかない。

誰しも大好き過ぎて「この漫画だけはアニメ化してほしくない」とか、「この小説だけは映画化してほしくない」というものがあるだろう。私の場合は大原麗子。大原麗子にの出演した映画をみていない。見たくない。イメージがこわれるのがいや。私のなかで、素敵な日本人女性ナンバーワンなのである。
そうはいっても、物心つく前はなんどかテレビなどで大原麗子をみていたし、たまたま不幸にしてつけたテレビで大原麗子がでている『獄門島』をみてしまったりとか・・・、しかし実際ほとんど彼女の映画テレビドラマは見たことがなかった。そんな重い腰をあげて『男はつらいよ』のなかで大原麗子の出ている話をなんとなく見てみようと思った。

映画のなかの大原麗子はよかった。
ただ・・・、実は大原麗子がでるまでにかなり時間かかるのはいただけない(苦笑)。

物語は諏訪から始まる。
温泉にきていたらしい博の父・一郎(志村喬)とあった寅次郎は、その晩一緒にとまることになる。その後一郎は死に、32作では寅次郎が一郎の墓参りに岡山県高梁市を訪れるエピソードとなる。先にこちらをみておくと、その墓参りのシーンもなんだかちがった感動になっていたかもしれない。ちょっと残念。私は先に32作目をみてしまっていたので、この志村喬を見たとき、「ああ、これが博のとうちゃんだったんだ」と妙に感動した。時間前後もわるくない。
その晩、一郎から『今昔物語』の一節を引き合いにだされ、妙に人生のはかなさを知る寅次郎、翌日その金色物語の本をもって柴又に帰るのであった。そのまえに恋人にふられた泉ピン子に会うエピソードがるのだが、ま、これはよかろう。

そのころ《とらや》では店のパートを募集していた。そして職業安定所からの紹介できたというのが荒川早苗(大原麗子)というが店にやってくる。その夜帰ってきた寅次郎は、翌日すぐに出かけようとするが腹痛になる寅次郎。そこに出社してきた早苗が手際よく救急車を呼んでしまう。しかし「単なる栄養失調」と診断されけろっとして帰ってくる寅次郎。だいたいこんな腹痛くらいで誰が救急車なんか呼ぶんだ!と悪態をつく寅次郎に「私です。ごめんなさい」という早苗。そんな早苗に一気に心を奪われる寅次郎。

このあとの寅次郎の描写はまるで中学生の初恋のようなもので、ちらっと彼女の姿をみられるだけでもうれしい、声をかけてもらえるだけでもうれしい、彼女を手伝うことができただけでもうれしい。食事は弁当を持参できているのだが、食べるところを見られるのも恥ずかしいらしく「見ちゃイヤ」という早苗。くぁわいいい!!
いまどきごお弁当たべてるところを見られるのが恥ずかしいなんて、今どきいないですよ。
しかし、彼女は訳ありで、今夫と別居中で離婚も秒読み段階。たぶん姉妹のだれかのうちにしばらくおいてもらっているようすだ。そんなわけで贅沢な弁当もつくることがきず「見ちゃいや」だったのかもしれない・・とあとあと思ったりした。

結局旦那は一度も出てこない。夫の義兄・添田(室田日出男)が夫、待ち合わせの喫茶店に離婚届けをもってくる。すでに名前の書かれた横に、自分の名前を書き、判子を押し、市役所に出して離婚成立。結論からいえば、この義兄がずっと早苗のことが好きで、最後は一緒になるのだけど、実にこのあたりからその雰囲気を匂わせている。上手いなあって思った。

午後から《とらや》にやってきて仕事をはじめる早苗に何も知らずに声をかける寅次郎。「もう荒川さんじゃないの。今日から水野なの」という早苗。ことのしだいを理解してない寅次郎だが、さくらたちはその意味を理解した。そのあと急に孤独におそわれた早苗は「寅さん、私、泣いてもいい」といって一人二階に上がっていく。おっていくさくら。
離婚するまでは、これがおわればさっぱりする・・と思っていたが、終わってみると・・・とても空虚でたまらない心情をさくらに語る早苗。あああ、なかなか涙涙である。

離婚が成立し、新しくアパートをかりた早苗の引越しを手伝いにでかけてみるとそこには添田がすでにきていた。添田は学校の先生なのだが、非番の時に高校生たちを連れて手伝いにきてくれていたのだ。やがて、そんな添田が、《とらや》に早苗を訪ねて来る。あいにく早苗は外出していたのだが、手紙と預金通帳を早苗に渡すように、寅に託して立ち去るのだった。添田が出て行くと、入れちがいに早苗が戻って来た。その手紙は、「僕は学校を辞めて、故郷の小樽に帰る」という内容が書かれてあり、通帳には100万円がはいっていた。

最後に添田をおって小樽に帰った早苗から年賀状が届けられるのであった。


物語はたいしたことはないのだが、ひたすら大原麗子がそのまんま美しく、可愛い。彼女を見ているだけで幸せになれる映画である。

by SSM2438 | 2011-03-25 10:40 | 男はつらいよ(1969)


<< 男はつらいよ21/寅次郎わが道...      男はつらいよ23/翔んでる寅次... >>