西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 28日

恋とニュースのつくり方(2010) ☆☆

f0009381_21201516.jpg監督:ロジャー・ミッシェル
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:アルヴィン・クーフラー
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演:
レイチェル・マクアダムス (ベッキー・フラー)
ハリソン・フォード (マイク・ポメロイ)
ダイアン・キートン (コリーン・ペック)

       *        *        *

キャスティングは素敵なのだがが・・・。

他の映画を見たときにこの映画の予告をみたらやらたと見たくなったのだが、期待が大きすぎた・・・。

監督は『ノッティングヒルの恋人』ロジャー・ミッシェル。シナリオは『プラダを着た悪魔』アライン・ブロッシュ・マッケンナ。どうみても面白そうなものが出来るとおもうじゃないですか。それに主役は可愛くて若さがはじけているレイチェル・マクアダムス。それに私が『ミスター・グッドバーを探して』以来大好きのダイアン・キートン。これで面白くないわけがない。・・・でも、いまひとつだったかな。

やっぱりニュース系ラブコメものは、ジェームス・L・ブルックス『ブロードキャスト・ニュース』があり、あれを期待してしまうので、それ以下だとどうしても・・・・・・・・・・・・・・・・・。この映画ははっきりいってそれ以下でした。まあ、あれ以上のものがそうたやすく作れるとも思わないけど。

まずいいとこ。レイチェル・マクアダムスが可愛い! パンツいちまいで歩き回るお尻はついつい見とれてしまいます。許されるならそのお尻に頬ずりしたいです。ほかにいいところは・・・・・・・・・、実はあまりない。

面白いほうにいかなくって不満たらたらなのは、ハリスン・フォードダイアン・キートンとのやりとり。この使い方が非常になってない! 個人的は『ヒーセッド・シーセッド』のような二人のがちがち対立トークを期待したら番組上はまるでそんなのなし。ニュース番組のプロデューサーとニュースキャスターとのやりとりを『ブロードキャスト・ニュース』を期待したらそんな会話術も無し。ニュースよりもおちゃらけにスポットあてた番組構成も個人的ににはかなり気に入らない。才能の生産性がまるでない映画といっていいだろう。どうして『プラダを着た悪魔』のシナリオがかけたアライン・ブロッシュ・マッケンナ<がこんな話で終わってしまったのかかなり疑問。よっぽど回りのバインディングが最悪だったのではないかとかんぐってしまう。とにかく才能のないひとが、とりあえず受けることをめざした映画で、どこにライターさんの才能を発揮させる場所がない。おざなりのちょっと良い感じのシーンだけを提示してくれた映画になってしまった。

<あらすじ>
地方のテレビ局をクビになったニュース番組のプロデューサー、ベッキー・フラー(レイチェル・マクアダムス)が、ガッツ大盤振る舞いで可能な限りあっちこっちに就職希望をだした結果、キー局なれど視聴率は万最下位の朝のニュース番組のプロデューサーとして雇われた。とわいえ、前任者も、そのまえの前任者も、どうあがいても視聴率が伸びずあっというまに切られて、雇うてがなく彼女にきまっただけなのだ。
セクハラ発言の看板ニュースキャスターをさっそく首にし、ほされているマイク・ポメロイ(ハリスン・フォード)をメインキャスターにする。しかし彼は報道一筋の男でちゃらちゃらした番組にはでたくないといい、自分で報道するニュースはほとんどない。おまけにこの番組をずっと支えてリるコリーン・ペック(ダイアン・キートン)とはいがみ合いばかり。雰囲気はわりままで視聴率は上がるそぶりは一向にない。そんなとき、番組終了をいいわたされるベッキー。番組存続のためには、ある一定の視聴率にたっすることが条件とされる。
なりふりかまっていられないベッキーは、ニュースキャスターをジェットコースターにのせるなどの起こされ演出でとりあえず人気取りにはげみ、コリーンとマイクのいがみ合いトークをなんとか視聴率に反映させ、最後は、マイクが放送したスクープ映像のおかげで目標の視聴率を達成する。
しかしベッキーの生活は、ニュース報道のための人生であり、恋人との時間などは犠牲にしていた。そうなったらなにものこらないというマイクのアドバイスをうけるベッキー。そんなベッキーに人気キー局からニュースプロデューサーとしてこないかというオファーをうける。
仲間との別れはつらいが、マイクの意固地さに嫌気をさしたベッキーはその面接をうける。そんなさなか、マイクは、報道一筋の生き方をやめ、バラエティキャスターとしてカメラの前に立つ決意をし、カメラの前で料理をしながら視聴者との親近感をたかめようとする。その姿をみていたベッキーが、オファーをことわり、みなの待つスタジオに返るのだった。

by ssm2438 | 2011-02-28 21:21


<< ゾンビーノ(2006) ☆☆      日本のいちばん長い日(1967... >>