西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 31日

男はつらいよ10/寅次郎夢枕/八千草薫(1972) ☆

f0009381_2103773.jpg監督:山田洋次
脚本:山田洋次/朝間義隆
撮影:高羽哲夫
音楽:山本直純

出演:
渥美清 (車寅次郎)
八千草薫 (志村千代)
米倉斉加年 (岡倉金之助)

       *        *        *

結局寅次郎は女を好きになれないのだ。

八千草薫がもったいなさすぎる。

内容的にはかなり悲惨なくらいしょうーもない話になってしまっているが、『男はつらいよ』のシリーズのなかでは欠かせない1本になっている。今回は、マドンナがきちんと寅次郎に結婚の意思表現をし、「冗談だろう」と寅次郎に言われても「本気よ」と言う念押しまでする。この勇気はこのシリーズのなかでいままでまったくなかったもので、みていて潔さを感じる。

・・・にもかかわらず、逃げる寅次郎。こいつはホントに女を好きになることはないのだと思う。ちゃらちゃら恋愛ごっこしてるのがいいのだ。こんなやつが何度と泣く恋愛指南なんかしてるというのがちゃんちゃらおかしい。

マドンナ八千草薫のほかにゲスト出演してるのが御前様の甥で大学助教授岡倉(岡倉金之助)。こいつの描写があまりに漫画的で、ちょおおおおおおお感情冷め冷め。そんな漫画キャラが寅次郎の同級生千代ちゃんに恋をする。今回は寅次郎よりもはるかに女にもてなさそうな岡倉がマドンナに恋をするから、寅次郎のほうが優越感を感じつつ岡倉をからかっているというシチュエーション。

<あらすじ>
寅次郎が《とらや》に帰ってみると、二階のいつもの部屋は、御前様の甥で大学助教授岡倉(岡倉金之助)が住み込んでいる。岡倉のアパートが取り壊しになるとか、しばらくの間おいてもらうことになっているのだ。そんな岡倉が、寅次郎の同級生だった千代(八千草薫)に一目ぼれしてしまう。千代は二年程前に離婚して、家の事情もあり、つい一ヵ月前から近くに独力で美容院を開店したばかり。
寅次郎にしてみれば、岡倉が千代を好きだからとはいえ、自分のほうが圧倒的に優位であることをはなにかけ、なにかにつけて嫌がらせをしてしまう。しかし、そんな岡倉は恋の病にたおれ、寅次郎に千代との仲をとりもってくれるように頼む。頼まれたらイヤといえない寅次郎は、千代を呼びだして岡倉の気持ちを伝えようとする。

「じつは・・・もう気づいていると思うが・・」と岡倉の名前はださずに、その想い(ギャグで語られているのでまるで真剣味がないのだけど)を語ると、それを寅次郎本人の想いとうけとる千代。「ずいぶん乱暴なプロポーズね」と言葉を返すが、「いいわよ」と付け加える。

しかし、寅次郎が岡倉の想いの代弁者だとすぐ判明。しかしすでに気持ちをオープンにしてしまっている千代は、寅次郎から「冗談だろう」と聞き返されても「ほんとよ」とさらに自分の気持ちを肯定する。冗談としてはぐらかそうとしている寅次郎を、真剣な想いで応える千代。
結果的には、一間おいたあとにさらに冗談ではぐらかそうとする寅次郎の言葉に、ああ、この人にはそんな勇気も覚悟もないんだなと判断した千代が、「そ、冗談・・・・・・」といい、このやり取りが終了する。

男として最低の寅次郎であった。
こんな男の恋愛指南なんかききたくもない!

by ssm2438 | 2011-03-31 06:00 | 男はつらいよ(1969)


<< 男はつらいよ9/柴又慕情/吉永...      男はつらいよ11/寅次郎忘れな... >>