西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 31日

男はつらいよ6/純情篇/若尾文子・宮本信子(1971) ☆☆☆

f0009381_11433533.jpg監督:山田洋次
脚本:山田洋次/宮崎晃
撮影:高羽哲夫
音楽:山本直純

出演:
渥美清 (車寅次郎)
若尾文子 (明石夕子)
森繁久弥 (千造)
宮本信子 (その娘絹代)

       *        *        *

純情編→望郷編、奮闘編→純情編、望郷編→奮闘編
・・・にして欲しいと思っているのは私だけ????


すばらしい。最初の7作のなかでは一番好きです。ドラマ構成の完成度が高い。

ただひとつネックだったのは、マドンナと寅次郎の心がシンクロすることがまったくなかったこと。寅次郎がどんなに感情をンベストしても、箸にも棒にもかからないマドンナ。おもいっきり高値の花。どんなにあこがれても降りてきてくれない人。映画の高揚感としてはちょっとさびしかった。
おもえば、このシリーズを通して寅次郎になびかなかった唯一のマドンナが今回の明石夕子(若尾文子)である。それが若尾文子だったからか、若尾文子が大映の女優さんで松竹テイストにはあわなかったからか、演出意図でそうなったのかわからない。しかし「車寅次郎」というキャラクターにはほとんど好感をもってない私としては、私の大好きな若尾文子がそういったキャラクターとして登場したのはわるくない。彼女には増村保造映画でヒロインを演じていてほしい。しかし・・・、若尾文子は《とらや》には場違いの存在感だね。劇中でみせる若尾文子の艶っぽさは別格である。あのおみ足がみえるだけで見入ってしまう。

その反対に、寅次郎におもいっきり心を浸透させたのが宮本信子。最初見たときは彼女が「マルサの女」だとは思わなかった。誰か知ってるようきがするけど・・・誰だろう??? で、あとから調べてみたら彼女だった。この宮本信子と寅次郎のやり取りは実にすばらしい。そしてその父親役である森繁久弥がまたいいんだ。おいしいところは全部このオヤジがもっていってしまいました。

<あらすじ>
五島列島の福江島を目指す寅次郎(渥美清)は、長崎港で赤ん坊連れの出戻り女絹代(宮本信子)と知り合う。宿代がないという彼女と、旅館の部屋をシェアすることにした寅次郎だが、子供が寝付くとおもむろに服を脱ぎ始める。

「おれにも同じくらいの妹がいるが、もしその妹をたかだか2000円の宿賃で抱こうという男がいたら、俺はその男を殺すよ」

そういい残すと襖の向こうの別室に消える寅次郎。
翌日、それでもまだ戻る決意がゆらぐ彼女の気持ちをさっし、うちまで送っていくことになった寅次郎。しかし絹代の父千造(森繁久弥)は、「もうあの男のもとには戻らない」という絹代に「返れ!」という。
「わしは生きてもあと2~3年の命じゃ。そうしたらもう還るところはのうなってしまう。お前が好きになった男なら、なにかしらいいところがあるはずじゃ、それを展ばしてやれ。その男で駄目なら、どの男でも駄目じゃ」と言う。じい~~~~~~~んである。
その話をきいていた寅次郎も心に感じるものがある。「還るところがあると思うから、おれはいつまでたっても駄目男なんだ。俺はもう二度と還らない」とつよく決意する寅次郎。

がしかし、その寅次郎はやはりいつものように、《とらや》のまえをいったり来たりしている(笑)。
でも、返ってみると寅次郎の部屋は別の人に貸しているという。ふてくされて再び出て行こうとするところに夕子(若尾文子)が戻ってくる。部屋をかりているのは彼女で、夫と別居ちゅうだという。おばちゃんの姪にあたる彼女は、小説家の男と結婚し、デビュー当時は良かったのだがそのご人気はおちて、いまやあっちこっちの親戚のうちを頼って仮住まいの生活。そんな夫に嫌気がさしてもう戻らないと決意し《とらや》に厄介になっているという。

その後朝日印刷ではさくらの夫博が独立することを考え始めたことからおさわぎ。結局資金調達が駄目になってもとの鞘におさまるのだが、そんなどたばた劇を通じて夕子の心もなごんでくる。しかし、後日べきょしていた夫が《とらや》を尋ねてくる。戻ってくれという夫の言葉に、だまって帰り支度をする夕子。

一粒で二度美味しい森繁久弥の言葉であった。

そして再び旅にでる寅次郎。駅のホームまで見送りについてきたさくら。ここで最初に家を出たとき、さくらがいつまでもついてきたエピソードが語られます。そしてまた今度も見送るさくら。それほどたいしたことのないシーンなのだけど、またここで涙が出てくる。
いつものあれです。「おまえはすでに感動している」演出。感動する要素はすでに心に埋め込まれていて、なんでもないようなシーンでそれを琴線にふれさせ涙がでてくるとうあの手法です。

今回のテーマは「望郷」。出て行ったのなら二度と還らないくらいの覚悟をして行け!みたいな。『ニュー・シネマ・パラダイス』の「一度こと町をでたら長く帰るな」っていうアルフレードのあの言葉です。理屈では分かっていても、でも還ってきてしまう故郷。本編のなかでも、「頭では還れると思うから駄目なんだって思うんだけど気持ちがさあ・・・だから還ってきちゃうんだよね」という寅次郎の台詞があります。
きっと故郷って「甘え」をゆるしてくれる場所なんでしょう。
私もアニメーターは始めて2年目か3年目の夏に、無性に田舎に帰りたくなって、週末を利用してふらっと還ったことがありました。今も理性的理由は見つからないのですが、なぜかあの時はそんな気持ちだったのです。
そんなことを思うとぞわぞわぞわ・・・っとなんだか気持ちが高ぶってきてうるうるして来るのです。

物語の最期は、絹代が旦那と赤ちゃんをつれて《とらや》を訪れ、父に電話をかけます。
電話ぐちの向こうの父は電話をきったと、鼻水たらして泣いている。
「甘え」を許してくれる場所は永遠です!

by SSM2438 | 2011-03-31 09:43 | 男はつらいよ(1969)


<< 男はつらいよ5/望郷篇/長山藍...      男はつらいよ7/奮闘篇/榊原る... >>