西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 01日

フィールド・オブ・ドリームス(1989) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0009381_3394633.jpg原題:FIELD OF DREAMS

監督:フィル・アルデン・ロビンソン
原作:W・P・キンセラ
脚本:フィル・アルデン・ロビンソン
撮影:ジョン・リンドレー
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:
ケヴィン・コスナー (レイ・キンセラ)
エイミー・マディガン (アニー・キンセラ)
ギャビー・ホフマン (カリン・キンセラ)
レイ・リオッタ (シューレス・ジョー・ジャクソン)
ジェームズ・アール・ジョーンズ (テレンス・マン)
バート・ランカスター (アーチボルド・グレアム)
ドワイヤー・ブラウン (ジョン・キンセラ)

       *        *        *

If you build it, he will come.....

1989年~1990年は映画ファンにとっては夢のような時代だった。
89年の年明け『ベルリン・天使の詩』『ニューシネマ・パラダイス』『恋恋風塵』『バベットの晩餐会』、年をまたいで『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『フィールド・オブ・ドリームス』『霧の中の風景』『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカーボーイズ』・・・・こんなにスゴイ当たり年はもう二度と訪れないだろうと思う。

『ニューシネマ・パラダイス』で散々泣かされて、もうこれ以上泣ける映画はないだろうっておもってたら翌年のこの『フィールド・オブ・ドリームス』でまたまた爆涙だった。眼がねは涙でくもり、あんまり我慢してたので見終わった時に鼻水がつるーーーーーっとスジを引いた。あんまり涙を我慢してたら鼻から出てくるというのは子の事なんだと知った。

でも、なぜこの映画がここまで泣けるのか・・・不思議な魔力をもっているのか・・・・、謎の深い映画でもある。

If you build it, he will come.....

アイオワに移り住んで農業を営んでいるレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)が、ある日トウモロコシ畑のなかで、その声を聞く。“If you build it, he will come.....” やがてトウモロコシ畑の一角に野球場のイメージが浮かび上がり、続いてシューレス・ジョーのイメージが一瞬垣間見えた・・・かのように思えた。レイは、妻のアニー(エイミー・マディガン)にそのことをつげる。この時の会話からすでにウルウルきていた。

「私は、彼が老いていくのが許せなかった。
 今の私と同じ年のころには、すでに彼は擦り切れた老人のようにみえた。
 きっと彼は、何一つスポンティーニアス(衝動的)なことはしなかった。
 私も彼と同じようになっていくのかと思ったら怖い。・・・私はきっと狂るってるな」

この奥さんも良く出来た奥さんで、
「そうよ、あなたは狂ってるわ。でも、もし、あなたが、どうしても、ほんとにそうしたいって思うならするべきよ」と言ってくれる。

翌日からレイは育ったトウモロコシを刈り取り、そこに野球場を作っていく。そしてなにもないまま、時は過ぎ、野球場は雪に埋もれ、クリスマスをやり過ごした。そんなある日、妻のアニーは家計は火の車だといつ現実をつきつけられていることをレイに話す。衝動にかまけてまずいことをやってしまったな・・と思ってるレイに、娘のアニーが声をかける。「ああ、うるさい、後で聞くから」と邪険にするレイだが、アニーはしばらくしてまたレイに声をかける、「誰か来てる・・・」。
フィールドには父が憧れた野球選手、シューレス・ジョー・ジャクソンが来ていたのだ。

上手いんだ。
期待させておいて、もうダメかなっと思わせ、ぎりぎりのところですくっていく。

このあとの展開も日本人には在り得ない展開かもしれない。なんと既にこの時点で秘密を家族と共有するのである。おそらく日本のドラマなら、ここは主人公だけの秘密にしておくところだろうが、この物語では家族とシェアする。アメリカ的である。
f0009381_3443280.jpg
シューレス・ジョーは、メジャーリーグに在籍したプレーヤーで生涯打率は .356。1911年には147試合出場、なんと打率.408を残している。しかし、シカゴ・ホワイトソックス在籍中のワールドシリーズで八百長試合をしたとして、他の7人のプレーヤーとともに球界追放になってしまった。
詳しい話はこの事件をテーマにした『エイトメン・アウト』参照のこと・・。

そのシューレス・ジョーがレイの野球場に現れる。
どうやらこの場所は、<過去に刺さったトゲ>を浄化する場所らしい。
この映画のツボは、この<過去に刺さったトゲの浄化>にある。人は誰でも1つや2つのトゲが心のどこかにささったままになっているものだ。この物語では、その悔しさを癒してくれるがゆえに、怒涛の涙をさそうのである。

そしてさらなるお告げがレイの耳に届く。
<過去に刺さったトゲ>を浄化しなければならない人は他にもいるらしい。
そしてそれは、自分自身であることに気づいていく。。。
レイは、子供の頃、父のヒーローだった、シューレス・ジョーをののしって家を出たのだった。

I could never respect a man whose hero was a criminal.

シューレス・ジョーが八百長をしたかしなかったかなどもはや意味はない。レイがもっている自責の念は、あの時、父を傷付けることを意図してその言葉を吐いた・・ということだろう。
それはまさに、『普通の人々』のなかで、コンラッドを傷付けるために、悪意をもってフレンチトーストをディスポーザーで処分したメアリー・タイラー・ムーアのようなものだ。

その後コンラッドが若くして死に、あのときに自責の念から自分を解放されないまま、メアリー・タイラー・ムーアが歳をとったとしたらそれは不幸としかいいようがない。そしてもし、その自責の念が解消されたなら・・・sらな誰だって泣くよ・・・。

この映画においては、父とするキャッチボールなんかはどうでもいいのである。アメリカ国民の文化としての野球の賛美なんかどうでもいいのである。この映画のツボは、過去に刺さったとげは、その気になれば自分で浄化できるんだ。・・・確かに、このフィールドにいる人たちは、ここでしか浄化できないかもしれない。でも、君たちは、やろうとおもえばすぐにでも出来るんだ!と語ってくれている。

もっとも感動敵なのはバート・ランカスター扮するアーチボルド・グレアムのエピソードだろう。
かれはジャイアンツで一度だけメジャーリーグのフィールドにたった。勝ってる試合の8回裏、守備固めとして外野の守備についた。たったそれだけが彼のメジャー人生だった。その後再びマイナーリーグに戻され、そして引退した。その後は医者になりすでに余命を全うしていた。そんな彼の望みは「一度でいいからメジャーのバッターボックスに立ってみたかった」というもの。やがてグレアムは、少年の姿でそのフィールドにたち、メジャーのピッチャーを相手に犠牲フライを打ち、貴重な打点を記録する。

そのとき、レイの娘、カリンが観客席から落ちて気をうしなう。そのときアーチー少年は、夢のフィールドを後にしてコチラの世界に踏み入れる。フィールドを出たとたんに医者だった自分にもどり、カリンの危機を救う。サンドイットを喉につまらせていたのだ。。。彼がこの夢のフィールドから出るところから終わりまでもう泣き通しである。

If you build it, he will come.....

彼とは父のことだった。
キャッチャーマスクをとったその男は、まだレイを生む前の若々しい父だった。
自分はあなたの息子だ」とは言わずに自己紹介するレイ。別れ際に「キャッチボールしない、ダッド」というと、その言葉の意味がよくわからないまま、“I 'd like that.”と、戸惑いながらこたえる若い頃の父の言葉をきいて再びどあああああああああああああと涙があふれてくる。
卑怯この上ないね。
きっとあれが、本人の顔をしてたらだめなんだろうな。面とむかって伝えるとどうしても芝居がかかってくる。どこかうそ臭くなる、照れて何もいえない・・・。でも、自分の存在を知らない父になら言える・・・・。
だああああああああああああああ、
ああああああああああああああああああああああああああああああああ、ダメだああ、
これ書いてても泣けるぞ、くそおおおおおおおおおおおおおお。。。

きっと、この映画をみたらベルイマンも泣いただろうなあ。

自分の心のなかに刺さっているいくつかのトゲの、きっといつかは、
こんな風に浄化されるのだろうなあ思うと、やはり泣けてくる。
でも、それは今、浄化されなくていいのけど。
今はもうすこしだけ復讐心をもっていたいと思う。

by ssm2438 | 2012-01-01 03:25


<< リストラ凌辱銀行・キャリアへの...      恋人たちは濡れた (1973) ☆ >>