西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 18日

カーズ(2006) ☆

f0009381_3352328.jpg監督:ジョン・ラセター
脚本:ジョン・ラセター
    ドン・レイク
音楽:ランディ・ニューマン

     ×     ×     ×

ジョン・ラセター才能なさすぎ!
だめだこいつ。

ブラッド・バード『Mr.インクレディブル』の感動を再びって思ってみたのだが・・・今回のピクサー作品にはかなり幻滅。超シャローなストーリーなのであたまの悪い子供しかだませないような気がする。

車のデザインはとっても愛らしく、走ってる時の爽快感もきもちがいいんだけど、いかんせ最後の盛り上がりのはずのレースがださださ。3台だけのレースってのはあまりにつまんなさ過ぎ。おまけにあの最後はなんなんだ???まったくなにも共感できないレースのシナリオ。これだったら去年の鈴鹿とか今年のブラジルとかのほうが遥かに燃えたよ。って比べるのがおかしいか。しかし、実際のレース以上の面白さを出してくれないと全然つまらん。
レースって基本的に車が走ってるだけなのでよっぽど頭がいい監督さんが作らないと面白い者にはならないと思う。おこったぞ!!ってアクセル踏めば抜ける話をつくってもおもしくもないしね。だいたいコース上でぬ降雨としたらそれは1つのレースに総難解もあるわけじゃない。そのチャンスは2回か3回か。でそれをミスったらもうだめ・・みたなかなり切羽詰まった状態を描かないと。そのチャンスが来る時の為にぐっと我慢して我慢して走ってて、その時が来たら一気に解放。
レースって車自体のスピードは速いけどどの車も速いから変化は微妙なんだよね。どちtかというとカーリングに近い感覚じゃないのかなあ。ある一つの微妙なトリックが時間をかけてじわじわ表面化して来るあの感じ。レースは速いモノだってイメージしてるとたぶん永遠に面白いカーレースものは作れない。

by ssm2438 | 2009-01-18 11:58


<< クラッシュ(2004) ☆☆      ファイヤー&アイス(1982) ☆☆ >>