西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:A・ヒッチコック(1899)( 9 )


2009年 12月 19日

鳥 (1963) ☆☆

f0009381_67853.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:エヴァン・ハンター
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン

出演:ティッピー・ヘドレン、ロッド・テイラー

        *        *        *

これは、サスペンスというより、動物パニックものにはいるだろう。それまでのヒッチコックの映画は、人間が起こす作為的なドラマ展開を説明的にみせる映画だったが、これは何の理由も無くただ鳥が増えてくる、鳥が襲ってくる・・という、人間にとっては理不尽この上ないもの。そのオカルト映画をヒッチコックがいつもの恐怖を説明的にみせる演出で撮っている・・という映画。

しかし、ドラマ的には理由が無く、どうなったら終わるのかも想定できないお話になってしまっている。もっとも、ヒッチコックはサディストなので、実は女をムチで打ちたいのだけど、それが社会的立場を考えると出来ないからなんとか別の形で・・って考えたらこうなったってことなのだと思う。女をムチで打ちたいことにいちいち理由などいらない。劣等感と虚栄心さえあればいい。『サイコ』『鳥』はヒッチコックが今までのスタイルをブレイクした感がある。ああ、本性出しちゃったなって感じ。そういう意味ではこの二本は面白い。

f0009381_6275167.jpg<あらすじ>
突然、舞い降りてきた1羽のかもめが、メラニー・ダニエルズ(ティッピー・ヘドレン)の額をつつき飛び去った。これが事件の発端だった。不吉な影がボデガ湾沿いの寒村を覆った。若い弁護士ブレナー(ロッド・テイラー)は異様な鳥の大群を見て、ただならぬ予感に襲われた。アニー(スザンヌ・プレシェット)の勤める小学校の庭では、無数のかもめが生徒を襲撃した。メラニーが恋人ブレナー家へ夕食によばれた夜、暖炉の煙突から、突然、すずめに似たフィンチが何百羽となく舞い込んできた。そして、ついに農夫が目玉をくり抜かれて死んでいたのだ。さらに鴉の大群が小学生を襲った。ブレナーの妹をかばったアニーは、無残にも鴉の群れにつつき殺された。この襲撃を機に、今まで不気味な動きを見せていた鳥の大群が、せきを切ったように人家に殺到してきた。顔といわず手といわず彼らの襲撃は凄絶をきわめた。ブレナーは失神したメラニーを家族と一緒に車に乗せサンフランシスコへの脱出を決心した。

by ssm2438 | 2009-12-19 06:07 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 12月 19日

サイコ(1960) ☆☆

f0009381_5482691.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ジョセフ・ステファノ
撮影:ジョン・L・ラッセル
音楽:バーナード・ハーマン

出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー

        *        *        *

説明的過ぎるヒッチコック演出は、どうしても作為性が全面に出てしまい、恐怖を演出するには適さないのだが、これは比較的怖そうに撮ってるほうである。

ただ、話の構成的に、ジャネット・リーがモーテルに着くまでのエピソードって必要だったのだろうか? <女が会社の金を横領する>というエピソードと、モーテルでのエピソードが深くリンクしてればいいのだけど、ほとんどその必要性を感じなかった。「ある雨の日、彼女がモーテルに着きました・・」からお話を転がしてもよかったのでは? ・・・で、もしそこに来るまでの諸事情が必要ならあとから語るとして・・。

ストーリー構成の不完全さを感じさせる映画だった。

by ssm2438 | 2009-12-19 05:50 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 11月 15日

三十九夜(1935) ☆☆

監督:アルフレッド・ヒッチコック
f0009381_3484526.jpg脚本:チャールズ・ベネット
    アルマ・レヴィル
    イアン・ヘイ
撮影:バーナード・ノールズ
音楽:ルイス・レヴィ

出演:ロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル

        *        *        *

ヒッチコックのイギリス時代の代表作。
原題は「39階段」。なんで「39夜」になったんでしょうね????

話がどうのこうのというよりも、人間の可能性を触発する映画だった。ヒッチコックの映画のなかではある意味めずらしい。この物語のキーマンはミスター・メモリー(ウィリー・ワトスン)。彼は舞台で、記憶力の達人として、客席からの様々な質問に回答して喝采を浴びている。そんなシーンを主人公がみるところから物語が始まる。

最終的にこのミスターメモリーに、国防に関する機密事項を全部暗記させて国外にもちだそうという計画をたてるものがいる。物語の最後に、このミスター・メモリーは撃たれて死ぬのだけど、そのまえに、暗記したことがたをつうつうたらりと語っていく。「新型エンジンの特徴は圧縮比の増加・・・数式はR分のR-1のr乗・・・」 そして、「・・・頭から秘密が抜けていって嬉しい・・・」 とといって死んでいく。

これは感動したね。
人は、その人しか出来ない何かと言うのがぜったいあって、それをやるべきなんだよ。人がやる気になればそのくらいのことは出来るんだ!ってことと、やれる人間がやらなければならないんだ! それこそがその人の存在意義だ!!!って思えるんだ。 物語はどうでもよくって、形而上学的に感動した。

by ssm2438 | 2009-11-15 03:35 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 11月 15日

バルカン超特急(1938) ☆

f0009381_3234348.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:エドワード・ブラック
脚本:シドニー・ギリアット
撮影:ジャック・コックス
音楽:ルイス・レヴィ

出演:マーガレット・ロックウッド、マイケル・レッドグレーヴ

        *        *        *

『フライトプラン』とか『フォーガットン』は、この映画が元ネタじゃないだろうか。
架空の国からロンドンへ帰る列車のなかで一人の貴婦人が消える。しかし、乗客は「そんな人は見なかった」と口をそろえていう。

個人的には「架空の国」という設定がどうもすかんな。危機感が薄くなる。おかげで最後まで感情移入できないままみてしまった。歌で暗号をつたえるという、なかなかお洒落な伝達術。でも、最後の森の中でのドンパチは・・・ちと迫力不足かな。ま、このへんが説明しか出来ないヘボ演出家の限界だろう。
そうはいってもヒッチコックのなかではちょっと小洒落た作品。でも「ヒッチコックは面白いんだ!」という先入観をもってみないことには面白いとは言いがたいが、私にみたいに「ヒッチコックはつまらないんだ」って思ってみると、ちょっとだけ面白いかもって思える(苦笑)。

by ssm2438 | 2009-11-15 02:57 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 11月 15日

マーニー(1964) ☆

f0009381_245292.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ジェイ・プレッソン・アレン
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン

出演:ショーン・コネリー、ティッピー・ヘドレン

        *        *        *

ヒッチコック作品にショーン・コネリーが出てる・・ってだけで借りてみた作品。でも出来はいまいち。全然つまらなかった。演出がひどい。昔のものだからこれでいいというひともいるだろうが、少なくとも私にとっては昔も今もひどいものはひどい。
物語はマーニー(ティッピー・ヘドレン)の心のそこにある深層心理にたどりつき、それの恐怖から自己を開放するという、まあ、よくある精神分析系ドラマ。こういうドラマであのヒッチコックの感情の説明過剰演出&状況の作為的演出をされてもムードもへったくれもない。

<あらすじ>
マーク(ショーン・コネリー)が結婚した相手マーニー(ティッピー・ヘドレン)には泥棒ぐせがあり、それが無意識のうちにおこなわれているらしい。
マーニーの母親は昔娼婦だった。マーニーが5歳の時、母親に迫った水夫を夢中で殺してしまった。以後、母親はその件を秘密にし、マーニーには男を遠ざけて育てた。マーニーは母親に対して何事かわけのわからない特別の恩を感じていたらしく、そのために盗みを働き、母親に貢いでいたというわけだった。マーニーは初めて自分の行動を支配していた無意識の動機をさとり、自己破壊の精神衝撃から解放され、マークとの再出発の自信をとり戻した。

by ssm2438 | 2009-11-15 02:29 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 10月 14日

レベッカ(1940) ☆☆☆☆

f0009381_19413162.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:デヴィッド・O・セルズニック
脚本:ロバート・E・シャーウッド、ジョーン・ハリソン
撮影:ジョージ・バーンズ
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
ジョーン・フォンテイン (マリアン)
ローレンス・オリヴィエ (マクシム・ド・ウィンター)
ジョージ・サンダース (ジャック・ファヴェル)
ジュディス・アンダーソン (ダンヴァース夫人)

        *        *        *

ヒッチコックの中では一番好きである。

母国イギリスで『三十九夜』(35)や『バルカン超特急』(39)などの質の高いサスペンス映画を手掛けて大きな成功を収めたアルフレッド・ヒッチコックデビッド・O・セルズニックがハリウッドに招いて撮らせたアメリカ進出第一作。1940年のアカデミー作品賞と撮影賞を受賞している。
ハリウッドの撮影スタイルは、複数のカメラを使い複数のアングルからシーンを撮影する方式だった。ヒッチコックは無駄がおおいこの方法を拒否して、イギリス時代に慣れ親しんだ、脚本段階で主要な場面を設定し、それぞれの場面にセリフ、アクション、キャメラの位置などを細かく指定して不要なシーンを撮らない方法で撮影を行うことを主張。この方法だと第三者が編集時に手を加えることが出来ないために、セルズニックの反感を買ってしまう。
ただ、個人的にはセルズニックの描いた方向性のほうが正しかったと思う。ヒッチコックは暗いメロドラマだった原作にユーモアを盛り込もうとしたしたが、原作の忠実な映画化を望んでいたセルズニックはそんなヒッチコックとがんとして対立。他人の庭で相撲をとるということはしんどいということですな。そうして出来上がったこの作品はめでたくアカデミー賞受賞。良かった良かった。

それでも俳優経験の少ないジョーン・フォンテーンには積極的に演技指導を行って、自分の思い通りのヒロイン像を作り上げたという。この物語は、存在しないレベッカをつかい、徹底的に疑心悪鬼でヒロインのフォンティーンを責める上げる。
ヒッチコックって絶対サディストだ。よっぽど劣等感が強い人なのだろう。

<あらすじ>
英国コーンウォル海岸近くにマンダレイという荘園を持った大富豪の紳士マキシム・デ・ウインター(ロウレンス・オリヴィエ)はモンテカルロで知り合った娘マリア(ジョーン・フォンテーン)と結婚する。彼にとっては2度目の結婚であり、失踪した前妻のレベッカは美しいひとだったという。彼の大邸宅に移り住むマリアン。しかしその居間はレベッカの生前のままに保存してあり、死後もなお、彼女が家を支配しているようだった。

f0009381_3351812.jpg家政婦のデンヴァー夫人(ジュディス・アンダーソン)は、レベッカへの熱愛から、マリアンをなにかにつけて精神的にいたぶっていく。精神的に追い込まれたマリアンは、夫の心をまだレベッカが支配しているように感じて絶望し、レベッカの部屋の窓から身を投げようとまでする。・・・そして岸辺近くに沈んでいたレベッカのヨットが発見させる。船中にはレベッカの死体があった。

彼女の死因について新しい審議が開かれ、レベッカは自殺をしたと判定された。レベッカの従兄で彼女と長い間情を通じていたジャック・ファヴェル(ジョージ・サンダース)は、暗にマキシムの犯行を主張した。一方、レベッカが死の当日訪ねた婦人科医師は、レベッカが不治の癌に犯されていたことをつげ自殺の原因を証明した。レベッカは自殺を決意して、夫のマキシムに自分を殺させようとしたのであった。レベッカから解放された二人がマンダレイへ帰り着いたとき、邸宅はデンヴァー夫人と共に焼けおちてしまっていた。

by ssm2438 | 2009-10-14 02:43 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 10月 13日

裏窓(1954) ☆☆

f0009381_3383713.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影:ロバート・バークス
音楽:フランツ・ワックスマン

出演:ジェームズ・スチュワート、グレイス・ケリー

        *        *        *

ちっとも面白くない。ヒッチコックの映画はシチュエーションを作為的に作りすぎるので、全然感情移入ができない。私に言わせれば、サスペンスなストーリーとその謎ときの鍵を、説明するだけの演出。
この映画はカメラがその部屋から出ずに物語を展開させるという、実験的な演出をしている。世間ではご祝儀的にこの映画をヨイショしているが、どこまでほんとに面白いとおもってるかかなり疑問。ほんとは1.5☆くらいだけど、☆☆ほど面白いとも思えない。でも『どですかでん』よりははるかに面白い。
グレイス・ケリーは実にヒッチコックの好きそうな女優さんである。彼はクラシックな正統派美人がすきなのである。

<あらすじ>
カメラマンのジェフ(ジェームズ・スチュワート)は事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。カメラは、裏窓から見える範囲の窓をさりげなくスケッチしていく。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件ではないかと思い込む。恋人リザ(グレイス・ケリー)は、そんなの思い込みよとなだめるが、話を聞かされているうちに「もしかしたら本当に殺人事件かも・・」という疑念が生まれてくる。と共に調査に当たる。車椅子生活で動けないジェフは、リザを調査にいかせる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする二人だが、その男もジェフの動きにきづいたらしいが、ジェフは歩けない。さあどうする!?

by ssm2438 | 2009-10-13 03:20 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 10月 10日

北北西に進路を取れ(1959) ☆☆

f0009381_411246.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:アーネスト・レーマン
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン

出演
ケイリー・グラント (ロジャー・ソーンヒル)
エヴァ・マリー・セイント (イブ・ケンドール)
ジェームズ・メイソン (フィリップ・ヴァンダム)

        *        *        *

世間でいうほど面白いとは思わなかったのがこれ、『北北西に進路を取れ』。というか、個人的にヒッチコックの説明的過ぎる演出は好きになれない。特に恐怖を説明的にみせるので実に興ざめ。
あとヒロインのエヴァ・マリー・セイントがいまいち私の趣味ではないかな。ヒッチコック映画のヒロインとしては『レベッカ』ジョーン・フォンティンが一番好きだ。

<あらすじ>
広告代理業者ロジャー・ソーンヒル(ケーリー・グラント)は、ニューヨークのホテルから無理やり2人の男に連れ出された。「キャプラン」という人物と間違えられたのだ。
海の近くの邸宅で、タウンゼントと称する男(ジェームズ・メイスン)はある仕事への協力を強いた。断ると、彼を泥酔させ、車のまま海へ突き落とそうとしたが危く逃れた。ロジャーは国連総会に出席中と夫人がいったタウンゼント氏に会いに行ったその男は昨夜の男と違っていた。どうやらこちらが本物らしい。
くわしくきこうとするがタウンゼントは殺され、ロジャーが犯人とされた。
彼は「キャプラン」を追って、シカゴへむかう急行に乗った。イーブ・ケンドルと名乗る女(エヴァ・マリー・セイント)が追っ手を交してくれた。2人はひかれ、車室で恋の夜が過ぎた。しかし彼女は偽タウンゼントの手下だった。シカゴに着くと、一味は彼女にロジャーを郊外へおびき出させた・・。

間違われた男「キャプラン」も本来存在しない人物であったり、いろいろ何がほんとで、何がうそなのかわからないなかで、主人公がそうなった原因をつきとめていくサスペンス。こねくりがおおい話だ。
結局敵がロジャーを殺そうとしているのか、どこかに誘導しようとしているのか、見てる側からしてみると、怖がっていいのかその必要がないのかわからないので、感情移入が途中でくたびれてしまい、出口がみえない物語だけが展開するという映画。個人的には全然楽しめない映画だった。

by ssm2438 | 2009-10-10 03:40 | A・ヒッチコック(1899)
2009年 10月 01日

めまい(1958) ☆☆

f0009381_4452328.jpg監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:アレック・コッペル、サミュエル・テイラー
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン

出演:ジェームズ・スチュワート、キム・ノヴァク

        *        *        *

結局ヒッチコックの映画は、本人が制作している作品(『めまい』、『北北西に進路を取れ』‥など)は全然おもしろくなくって、セルズニックが制作した作品(『レベッカ』‥など)だけが面白いということがわかった。セルズニックが制作で脚本がゆるくなるとそれを修正していたのだろうが、自分が制作してると緩さがもろにでてしまう。ヒッチコックの場合は、登場人物だけではなく、イベントにユーモア(偶然性)をいれたがるので、それが物語の緊張感を壊してしまいご都合主義感や作為性を感じさせてしまい、その結果残されたものはイベントだけで、説明過剰サスペンスになるのだ。

<あらすじ>
ジョン・ファーガスン(ジェームズ・スチュアート)は元警官だったが、極度の高所恐怖症であり、それが原因で仕事に支障をきたすこともあり、限界を感じて退職した過去をもつ。そんなある日、昔の学校友達ゲビン・エルスターから電話があって、彼の妻の尾行を依頼された。
美しい妻のマドレイヌ(キム・ノヴァク)は、夢遊病者のように不可解な行動に出るというのだ。翌日から、ジョンの尾行がはじまった。マドレイヌの行動範囲はサンフランシスコ一帯に及んだ。曽祖母の埋められている墓地に、曽祖母が昔住んでいたというホテル、曽祖母の画像の飾られている画廊・・。そしてある日、彼女は海に身を投げた。ジョンは彼女を救って、自宅につれかえり、介抱した。そして、今はもう彼女を愛している自分を知った。彼女は、自分の行動もよく覚えてはいなかった。何事かを恐れるマドレイヌは、教会の高塔にかけ上り、めまいを起したジョンが階段にたちつくすうちに、身を投げて死んだ・・・はずだった。
しかし、街をさまよっているうちに、ふとジュデイ(キム・ノヴァク)というショップ・ガールに会った。身なり化粧こそげびて俗だったとはいえ彼女の面ざしはマドレイヌに似ていた。彼女こそは、旧友ケビンが、彼の妻を殺すために使われた女だった・・・。

by ssm2438 | 2009-10-01 04:19 | A・ヒッチコック(1899)