西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:K・キェシロフスキー(1941)( 4 )


2010年 05月 23日

トリコロール/赤の愛(1994) ☆☆☆☆

f0009381_1059671.jpg監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
脚本:クシシュトフ・ピエシェヴィッチ
    クシシュトフ・キエシロフスキー
撮影:ピョートル・ソボチンスキー
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル

出演:
イレーヌ・ジャコブ (バレンティーヌ)
ジャン=ルイ・トランティニャン (ジョゼフ・ケルヌ元判事)

        *        *        *

『ふたりのベロニカ』理論ここにもあり・・とみた!

フランス国旗を構成する三つの色をモチーフ(自由・平等・博愛)に、クシシュトフ・キェシロフスキーが監督した『トリコロール3部作』の最終作。今回のテーマは赤=博愛。

全米批評家協会賞ニューヨーク映画批評家協会賞ロサンゼルス映画批評家協会賞で、外国語映画賞を受賞した。3部作の中では一般的にもっとも人気の高い作品であり、クシシュトフ・キェシロフスキーの遺作でもある。余談だが、私は『トリコロール/青の愛』が一番好きである。

第一感は「これはイレーヌ・ジャコブのための映画だ!」ということ。彼女無しにこの映画は考えられないし、クシシュトフ・キェシロフスキーでなければイレーヌ・ジャコブは輝かない。難しいことを抜きにして、イレーヌ・ジャコブの愛を見ればいい映画であることは間違いない。この映画の彼女は、心の病んだ人たちを安らぎといたわりで包み込む。慈善的愛を存分に体現している。この3部作総てに登場する、空き瓶を回収箱にいれようとする腰の曲がった老女、この『・・・/赤の愛』だけはイレーヌさんが手を貸してあげる。しかし、それだけではおわらないのがクシシュトフ・キェシロフスキーの映画だ。

この映画には『ふたりのベロニカ』理論が織り込まれている。それはキェシロフスキーが仕切るファンタジーの世界なのだが、そこでは、その世界の創造主が「もう一人の自分」を別のところに創造しているというものだ。物語に神秘性を織り込むにはかなり有効な手段だ。
『ふたりのベロニカ』では同じような人間を、時間軸は一緒だが、フランスとポーランドというヨコ位置に存在させていた。それをこの『・・・/赤の愛』では、同じ場所で、時間軸を変えてタテ位置に存在させている。それは司法試験を目指している若者・オーギュストと盗聴が趣味というジョゼフ・ケルヌ元判事だ。

問題はその意図である。・・・分らない。

演出法から言えば、ケルヌ元判事の過去のエピソードを、本人の口から回想シーンという形で引き出すのではなく、同じような境遇の人間を現実の時間軸で描いておく。そして見ている人に「ああ、こういうことがケルヌ元判事の過去にあったのだろうな」と想像させるというものだ。
しかし・・・、もうすこし突っ込んで、見ている者が補完してみたい気にさせるような作りになっているのも事実だ。『ふたりのベロニカ』理論に基づいて、勝手に補完させてもらうなら・・・、

姿形は違えど、魂が一緒の二人の同一人物ジョセフ・ケルヌとオーギュストが30年の時間のずれを隔てて存在していた。先に生れたジョゼフは、愛する女に裏切られ、判事という裁けもしないのに人を裁く仕事についてしまい、心が煤けていった。30年遅れてうまれてきたオーギュストは同じように愛していると思っていた女に裏切られる。しかし、ここで一人の愛をもった女に出会う。ジョゼフは心がすすけた後に、オーギュストは心がすすける前に・・。

勝手な想像だが、シナリオを起こす前にの制作ノートの一番初めには、そのようなことが書かれていたのではないだろうか・・・。

『ヴァンゲリオン』が、ダーウィンの進化論ではなく、聖書の天地創造を基本にして世界観が構築されていることに気付けばその霧が晴れるように、この映画も、この映画もクシシュトフ・キェシロフスキーが創作した『二人のベロニカ』理論の基に構築されているということに気付けば、霧が晴れるのだろう。

<あらすじ>
パリに住むスイス人女性のバレンティーヌ(イレーネ・ジャコブ)はモデルの仕事をしながら、イギリスにいる恋人と電話だけがたよりの遠距離恋愛をしている。ある夜犬をひいてしまい、その犬の首輪にかかれた住所からその飼い主のジョゼフ・ケルヌ(ジャン=ルイ・トランティニャン)と知り合う。退官判事だった。彼は、過去において、愛していた女性に裏切られ、また人を裁く判事という仕事のなかで心がすりきれてしまい、退官した今では近所の人たちの盗聴が唯一の愉しみだった。秘密の愉しみを知られてしまったケルヌだがなんの臆することもなく、「必要なら、私が盗聴していることを彼らに教えてやれ」とバレンティーヌ言う。
数日して、元判事が盗聴をしていた!という記事が新聞にのる。「自分がばらしたのではない」と伝えに彼の家を訪ねると、「そんなことは知っている」と彼はいう。彼は、自ら盗聴していた事実を近所の人たちと警察に文書で書いて送ったのだ。自暴自棄と潔さが混在するジョゼフ・ケルヌとバレンティーヌの心の距離が縮まっていく。

by ssm2438 | 2010-05-23 11:01 | K・キェシロフスキー(1941)
2010年 05月 23日

トリコロール/白の愛(1994) ☆☆☆

f0009381_155685.jpg監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
脚本:クシシュトフ・ピエシェヴィッチ
    クシシュトフ・キエシロフスキー
撮影:エドワード・クロシンスキー
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル

出演:
ヤヌシュ・ガヨス (カルロ)
ジュリー・デルピー (ドミニク)
ズビグニエフ・ザマホフスキー (ミコワイ)

        *        *        *

白=平等・・というより<対等>・・かな? 劣等感をもつ男が<対等>を勝ち取る話。

フランス国旗の象徴「自由、平等、博愛」をテーマに描いたクシシュトフ・キエシロフスキー『トリコロール3部作』の2作目。1994年2月のベルリン国際映画祭では監督賞を受賞している。一応3部作といわれるが、物語自体につながりがあるわけではなく、ひとつひとつが独立している。ただ、そのなかで、ビンを回収箱にいれる老婆が共通して登場する。そしてさりげなく、『トリコロール/青の愛』ジュリエット・ビノッシュが登場しているらしい(私は確認出来なかった。いつかDVDで見る機会があったら確認せねばなるまい)。時間的・空間的には同じ時間・空間に存在した3つのドラマだといえるのだろう。それがさりげなくリンクしている。ただ、そのリンク事態が大きな意味をもっているわけではないので、そのなかの1本だけをみても成立しているので心配はご無用。

この映画はさえない男の見る夢なのだろう。憧れを踏みにじられた男の復讐。確かにしてみたいものである。
しかし、普通は結婚する以前にその相手とセックスはするものであり、“H”をした段階で憧れは砕けるものだ。この映画のように結婚してからも、妻に憧れを持ち続けるというのはかなりありえない状況設定で、それは物語の都合上の設定なのだろう。なぜ、これを既婚者の設定で作らなければならなかったのだろうか? 結婚が決まった二人だったが、夫の劣等感からセックスが出来なくなり、挙式も決まっているのにそれがキャンセルされた惨めな男の話・・・でよかったのでは??と思うのは私だけだろうか?

感受性重視のキエシロフスキーにしては珍しく、ストーリーテリングをメインにつくられた映画だったような気がした。

<あらすじ>
パリの裁判所。どういう経過で二人が結婚したのかはわからないが、その裁判所でフランス人のドミニク(ジュリー・デルピー)の夫カルロ(ヤヌーシュ・ガヨス)は、性的不能を理由に離婚を申し立てられる。ポーランド人のカロルはフランス語もほとんど分らず、通訳を立てての裁判にもどかしさを感じていた。「もう少し時間がほしい」というカルロに、ドミニクはもう愛してない、と言い捨てる。裁判の結果はどうなるか決定は出ていないが、カルロの荷物を車から降ろすと、ドミニクは走り去ってしまった。
途方にくれるカルロ。ドミニクが銀行口座を解約したのだろうか・・、クレジットカードも使えなくなり、ポケットのなかの小銭だけで路頭にまようカルロ。ポケットのなかに妻の経営する店の合鍵があるのをみつけ、とりあえずそこで夜露を凌いだ。朝になって店を訪れたドミニクは鍵を返すように要求、しかしそれを拒むカルロにふれてみると股間を勃起させていた。もしかしたらセックスできるかも・・と挑んでみるがやっぱりダメ。悲しくおいだされるカルロであった。
その後も執拗にドミニクに電話をするカルロだが、電話口のむこうではどこかの男とセックスをしながらあえいでいる自分をこえを聞かせるドミニクがいた。

「性的に不能だから離婚」というのも日本人の私としてはいまひとつ理解しがたい。本来その原因は他にあるはずだし、その原因もカルロの精神的なもので、それはドミニクに対する劣等感なのだろう。この映画は、その劣等感をなんとか払拭する男の話として構成されている。
この映画のどうにもしっくりこない部分は、ドミニクがどこまで本気でカルロのことを好きだったのか、それが分らないことだ。最後のほうでは、カルロの葬式で涙を流すドミニクがいたりする。女は永遠に謎な生き物だ。

また、この映画でよいのは、カルロが地下鉄の通路でしりある同じポーランド人のミコワイ(ズビグニエウ・ザマホフスキ)の存在だ。彼も人生に絶望して、自分を殺してくれる人を探してた。ポーランドに帰ったカルロは、ミコワイに再会、ミコワイの願いをかなえることをする。やくざな両替屋の用心棒となり、懐に拳銃を携帯していたカルロはそれでミコワイを撃つ。がっくりとくずれおちるミコワイだが、その銃には弾は入っていなかった。死んだと思ったミコワイは生きていた。
「まだ本当に死にたいか?」と問われたミコワイは「いいや」と応えた。その瞬間からミコワイは生まれ変わった。死を欲していたミコワイは、その瞬間から生きることしか選べない自分を発見したのだろう。このエピソードは実にすばらしかった。

その後はなんとか金持ちになってしまったカルロは、遺産の受取人をドミニクにし、ある東欧の国から路面電車にはねられて死んだ男の死体を不正に買取り、自ら死を偽って葬儀を行いドミニクをポーランドへよびよせる。埋葬させる棺おけをみながら涙をみせるドミニク。その夜、彼女がホテルに戻ってみるとそこにはカルロがいた。今の2人はセックスが出来た。
カルロが立ち去った後、彼の死に不審を抱いた警察がホテルに現われ、ドミニクを逮捕してしまう。拘置所の窓からドミニクを見るカルロ。外のカルロをみつけ身振りでコミュニケーションをとるドミニク。そのしぐさに愛がこもっていた。その愛を感じてカルロは涙するのだった。

by ssm2438 | 2010-05-23 07:03 | K・キェシロフスキー(1941)
2010年 05月 23日

トリコロール/青の愛(1993) ☆☆☆☆☆

f0009381_11353772.jpg監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
脚本:クシシュトフ・キエシロフスキー
撮影:スワヴォミール・イジャック
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル

出演:
ジュリエット・ビノシュ (ジュリー)
ブノワ・レジャン (オリヴィエ)
フランソワ・ベルネル (夫の愛人・サンドリーヌ)

        *        *        *

<自由>という名の<孤独>

フランス国旗を構成する三つの色をモチーフ(自由・平等・博愛)に、クシシュトフ・キェシロフスキーが監督した『トリコロール3部作』の1作目。今回のテーマは青=自由。

1993年9月のヴェネチア国際映画祭では、最高賞である金獅子賞女優賞撮影賞を受賞した。同年のセザール賞でも主演女優賞音楽賞編集賞の3部門を受賞、またLA批評家協会賞でも音楽賞ズビグニエフ・プレイスネル)を受賞している。世間では『トリコロール/赤の愛』が一番愛されているようだが、私はこの『トリコロール/青の愛』が一番好きだ。

この映画の魅力の一つは、ズビグニエフ・プレイスネルの音楽と映像のアンサンブルだろ。楽譜に手を触れると重低音でぶああああんそこのメロディがながれてくるあの感触。楽譜をカメラが追うと、そのメロディがぶわわわわんどわわわわわわわんと流れ出す。「打楽器をはずして」といえば、同じメロディで打楽器パートをはずした音楽が流れる。「金管もはずして」といえば金管楽器がもはずれたメロディがながれだす。この音楽表現だけでも、この映画はすばらしい。

そしてこの交響曲に関しては、それがジュリーのものなのか、亡き夫のものなのか?という疑問が解決されないまま、見る人の想像力にまかせている。私はジュリーのものだと解釈している。これは監督に立場で考えれば判ることなのだが、それが夫の音楽だとすると、事故のあとジュリーのもとを尋ねた記者の「この曲はじつはあなたが描いたのでは?」という言葉を物語りに登場させる意味がない。作り手というものは自分の物語を正しく理解してほしいものであり、あえて誤解をまねく表現をすることはない。キェシロフスキーがこの言葉を挿入している以上、「それはジュリーの音楽であり、それを匂わせておく必要があった」と解釈するのが正しいだろう。
・・まったく、監督というのは厄介なものだ。正しく理解してほしいのに、直接的な表現はさけ、匂わせるだけにしたいのだから・・・。

しかし、この映画の素晴らしいのはそんな謎解きのトリックではない。<自由>の解釈だろう。主人公のジュリエット・ビノシュは夫と子供を交通事故で失い、家族という<しがらみ>から解放される。もっともそれは本人の願ったことではなかったのだけど。屋敷も処分し、使用人たちには一生分の給料をまとめて与え、パリのアパートメンとの一室でひっそりと暮らし始める。過去を切り捨てていくことにより<しがらみ>から解放され、それと同時に自分で「どう行動するのか」という<選択の自由>が得ていく。
その部屋に越して来た夜、そとの路地ではケンカがあり、逃げた男がそのアパートメントに助けを求めてきたおとがこだまする。ドアの向こうでは一部屋一部屋ドアを叩き助けを求めている男がいて、彼女の部屋のドアも叩く。しかし恐怖でなにも出来ない。やがてその男はケンカの相手につれされれていったのだろう、音がしなくなる。意外と物騒なその地域にあるその部屋を出るかとどまるか、彼女はささやかな選択が行われる。
不意にドアの叩く音が聞こえてくる。恐る恐るドアをあけると、アパートメントの住人の一人がたっていて、下の階に住む娼婦の立ち退きを要求する署名をもとめられる。署名するのかしないのか、ここでも選択が与えられる。彼女は署名しなかった。その結果、その娼婦とのささやかな<しがらみ>が発生する。

さらなる選択が彼女を襲う。部屋にネズミが住み着き、そのネズミが子供を産んだらしい。まだ目も見えないネズミの赤ちゃんをせっせと世話している母ネズミ。ネズミの嫌いな彼女は、そのネズミは放置しその部屋を出ることを選択して大家に相談したが、他の部屋は空いていないという。彼女はその大家の猫を借りることにした。ネズミを猫に殺させるという選択を選んだ。
このネズミのエピソードは実にスパイスとして効いていた。命あるものを殺す選択、それも<自由>の範疇にある。彼女の人生の中からネズミの親子は切り離された。しかし、その猫がそのネズミ殺したであろう部屋に戻れないジュリエット・ビノッシュ。そんな彼女に、例の娼婦が「私が片付けてあげる」と申し出る。<ささやかなしがらみ>に救われる・・。

<しがらみ>を排除することによって、自分だけで決定できる<自由>が増えていく。しかしそれは<孤独>が増大することでもある。物語の最後で彼女は<完全な自由>よりも<ささやかなしがらみ>を選択する。

<あらすじ>
ジュリー(ジュリエット・ビノシュ)は自動車事故で夫と娘を失う。夫は優れた音楽家で欧州統合祭のための交響曲を作曲中だった。実はその曲は夫を隠れ蓑してジュリー自身が作っていたものだった。人生に絶望したジュリーは過去を精算することにする。未完の協奏曲のスコアも処分し、使用人たちには一生分の給与を与え、田園地帯にある屋敷をすべて引き払うことにした。空っぽになった屋敷にはマットレスだけがのこされ、ジュリーに思いを奇せていた夫の協力者であったオリヴィエ(ブノワ・レジャン)を呼び出し、そのマットレスの上で彼に自分を抱かせた。

男というものは、抱きたいと思っている相手を抱くことが出来ない時は、永遠に求め続けるものだ。彼女は彼とセックスすることで、彼が抱いている幻想・憧れを打ち砕き、夢から覚めさせることを実行したのだ。このあたりは実にクシシュトフ・キェシロフスキーだった。

パリでの生活を始めるジュリーは<しがらみ>から切り離され、静かな毎日を過ごしはじめる。しかし完全に<しがらみ>から解放されたわけではない。老人ホームにはボケはじめた母親がおり、ときおりそこを訪れていた。そんな時事故を目撃した青年が尋ねてくる。彼はその事故の現場から、おちていたネックレスを持ち帰ってしまったのだが、悪いと思い返しにきたのだった。そのネックレスは夫がジュリーにプレゼントしたものだった。ジュリーはそのネックレスを彼に与え、その<しがらみ>から自分を切り離した。
そんなある日テレビをつけると、処分したはずの楽譜をオリヴィエが持ちだし、自分が曲を仕上げると宣言しているのを見る。さらにその番組のなかで、彼が若い女性と写っている写真も目にする。

自分の曲が他人におって書き換えられる事をうけいれられなかったジュリーは<参加>を決める。ジュリーの指示でオリヴィエが曲を具現化してくやり方で曲は作られていく。やがてオリヴィエも、その曲が夫のものではなく、ジュリー自身が作っていたことに気付いていく。
写真に写った女の存在、彼女は弁護士事務所(※もしかしたらこのへんの描写のなかに、『---白の愛』や『---赤の愛』の登場人物がまぎれこんでいるのかもしれない)で働いているサンドリーヌ(フロランス・ぺルネル)という女性だった。彼女は妊娠していた。ジュリーは屋敷の売却を中止し、彼女と生れてくる子供に屋敷をゆずることにする。

ついに完成した曲をオリヴィエは、ジュリーの作品として発表すべきであると言う。そんな彼に、ジュリーは自分を与える決心をする。完成した協奏曲のラストパートが流される時に、ジュリーに<しがらみ>として切られたネックレスを返しにきてくれた少年とか、老人ホームの母親が映されるのだが、あの曲をかぶせられると、今後再び<しがらみ>として受け入れられるのかな・・という希望ももたせてくれる。

by ssm2438 | 2010-05-23 02:50 | K・キェシロフスキー(1941)
2010年 02月 23日

ふたりのベロニカ(1991) ☆☆☆☆☆

f0009381_17132921.jpg監督:クシシュトフ・キェシロフスキー
脚本:クシシュトフ・キェシロフスキー
    クシシュトフ・ピエシェヴィッチ
撮影:スワヴォミール・イジャック
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル

出演:イレーヌ・ジャコブ (ふたりのベロニカ)

        *        *        *

共感するもがまったくないのに嫌いになれない不思議な映画

・・・なんなんですかね、この映画は???? 描かれていること総てが総て、私の求めているものとは反対のモノばかりなのだ。

まずこの基本設定。ポーランドとフランスで生まれた同じ誕生日、同じ時間に生まれた、同じ容姿をもつ女ベロニカ。この設定自体に現実のモノとして共感できるものはまるでない。完璧なファンタジーなのだ。
この二人のベロニカは、二人とも音楽に才能がある。しかしポーランドのベロニカは心臓に問題を抱えていたのか、舞台の上で倒れて死んでしまう。ポーランド・ベロニカの死に、ある種のとてつもない喪失感を感じたパリ・ベロニカは、音楽をやめてしまう。これもはなはだ理解できない。というか、そんなんで辞めてほしくない!でも、辞めてしまう。話のはじめにパリ・ベロニカには“H”をする相手が出来たが、すぐに別の男=人形使いの男に魅了されていく。そんな尻軽女ぶりを見せ付けるなよ! その人形遣いも、「ちょっと実験してみただけ」・・ですか? はあ~~~~~ん???? そんな男、好きになりますか?

結果的にここで描かれたパリ・ベロニカは、・・・一言で言うなら、根性なしの、自分の価値観(男に対しても、人生にたいしても)を持たない尻軽女でしかない。この映画は孔子や孟子の教えのような人生教訓を語るような映画ではない。せっかくファンタジーを規範にしたのなら、ファンタジーだからこそ描ける真実というのがありそうなものだけど、そういう類のものでもない。ただひさすらクシシュトフ・キェシロフスキーが自分の妄想を映画にしただけの映画といっていいだろう。
なのに、この映画は、それでも見ている人の心をひきつける何かがある。そこに何かしらの愛がある。なんなんでしょうね、これは???? 

で・・強引に答えをさがしてみた。
・・・・これって、もしかしたら、自らが封印した自分のアンチテーゼへの愛なのかなあって思った。この映画はそういう意図のもとに作られている・・という意味ではなく、クシシュトフ・キェシロフスキーが、つねにそういう感性をもちあわせているのではないかな・・となんとなく感じる。

つまり、人は誰しも二面性を持ち合わせている。頭のなかでは「強くならなければいけない」と状況分析するとそういう答えが出てくるが、反面「弱いままでいいじゃないか」というかんがえある。しかし、現実世界で「「つよくなる」を選択した以上「弱いままでいいじゃないか」は水面下に葬り去ることになる。それは反対かもしれない。「強くならなければいけない」を葬った人もいるだろう。さらにそんな「強い」とか「弱い」といったような白黒つけられないようなものもあるだろう。とにかく、今の自分を存在させるために封印したもの。それは常に自分の意識の中には存在するのだけど、生き方としては表面化しない、いやさせないようにする。それは心の引き出しの奥にそっと隠されたままになる。しかし、それは確かに存在している。たとえ表面化させないとしても、それも愛すべき自分の一部であることには違いない。それも自分なのだ。

f0009381_17135324.jpg・・・キェシロフスキーは、この映画にかぎらず、そういう潜在的に隠されたものに触れる瞬間を映画にしているように思う。感じることで、心の中に存在するその何かを手繰り寄せていくような映画。だから、きっとこの映画は、愛すべき映画なのだと思う。

ポーランド・ベロニカの父のアトリエや、おばの家に行く途中に車中からみた赤いレンガ屋根の教会(?)、これらがパリ・ベロニカの潜在意識の中にあることが語られるとぞわぞわぞわってしてしまう。そして、最後、大地からそびえる樹にふれてみるベロニカ。どああああああああっと湧き上がってくるズビグニエフ・プレイスネルの音楽・・・、まさに訳のわからない感動がだあああああああああああああああっっとあふれる映画だ。

この映画は、クシシュトフ・キェシロフスキーの映像とズビグニエフ・プレイスネルの音楽が、見る人に、その人の理性に隠された潜在意識の自分を愛することを今一度思い起こさせる、恐るべき映画だ!
f0009381_18525517.jpg


by ssm2438 | 2010-02-23 17:16 | K・キェシロフスキー(1941)