西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 09日

007/ドクター・ノオ(1962) ☆☆☆

f0009381_953627.jpg監督:テレンス・ヤング
原作:イアン・フレミング
脚本:リチャード・メイボーム
    バークレイ・マーサー
    ジョアンナ・ハーウッド
    テレンス・ヤング(ノンクレジット)
撮影:テッド・ムーア
音楽:モンティ・ノーマン
    ジョン・バリー(ノンクレジット)

主演:ショーン・コネリー、ウルスラ・アンドレス

        *        *        *

記念すべき第一作、このシリーズの<黄金のパターン>を確立した功績はでかい。世界危機の引き金になりかねない事件の発生、その事件解決のために派遣される英国諜報員。地元のおねーちゃんとの交流。そして巨大な要塞。敵を倒し、ボンドガールを救出してハッピーエンド。そして当時は米ソ関係が緊張しまくってたキューバ危機の年。
この映画は、米ソが宇宙開発にしのぎを削っていた頃の映画。

ジャマイカのある島に要塞をかまえるドクター・ノオはアメリカが発射するロケットの軌道をかく乱するシステムを構築していた。その調査をしていた諜報員が殺され、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)が派遣されることになる。その島に潜入すると、その島の海産物をとりにきていたウルスラ・アンドレスと合流、捕まってしまう。要塞内部の仰々しさをみせつつ世界征服のもくろみを話すドクター・ノオ。脱出するボンド。最後は要塞心臓部であばれまくり、敵をやっつけて、ウルスラ・アンドレスと脱出。

ウルスラ・アンドレスの水着姿はすばらしい。今見ても色っぽい。
ただ、彼女の登場がとってつけたようで、彼女がいなくてもこの物語は成立していた。彼女を登場させるなら、ボンドと帯同する必然性を持たせて欲しかった。

by ssm2438 | 2008-12-09 07:45
2008年 12月 08日

007/ゴールドフィンガー(1964) ☆☆

f0009381_893720.jpg監督:ガイ・ハミルトン
原作:イアン・フレミング
脚本:リチャード・メイボーム、ポール・デーン
撮影:テッド・ムーア

出演:ショーン・コネリー、オナー・ブラックマン

        *        *        *

アメリカ中の金塊が貯蔵されるフォートノックスを放射能で汚染させ、自分の金の値打ちを上げようと画策しているゴールドフィンガー。

ボンドカーのアストンマーティンも登場、イベントも大規模になってきて物語としては楽しくなってきた。ただ、この物語の弱点は、ボンドが悪の計画のまえに完全に敗北しているところ。結果的にはオナー・ブラックマンが寝返ったおかげで万事解決になったのだが、それはあくまで結果だけがそうなったというもの。シナリオの構成に問題あり。

by ssm2438 | 2008-12-08 08:06
2008年 12月 07日

007/サンダーボール作戦(1965) ☆☆

f0009381_815488.jpg監督:テレンス・ヤング
原作:イアン・フレミング
脚本:リチャード・メイボーム
    ジョン・ホプキンス
    ジャック・ホイッティンガム
撮影:テッド・ムーア
音楽:ジョン・バリー

出演:ショーン・コネリー、クローディーヌ・オージェ

        *        *        *

原爆を積んだNATOの飛行機がスペクターに奪われ、米英の首脳のもとに一週間以内に一億ドル支払わなければアメリカに原爆を落すという脅迫を受ける。

この映画の見せ場は水中戦なのだが、これが成功するためしはほとんどない。とくに今回はそれをラストにももってきたから悲惨だ。言葉がはっせられないので「あぶない!」のか「大丈夫」なのか、とにかく見ている人がどう解釈していいのかわりづらいのだ。おかげでずっとストレスがたまりっぱなし。水中での格闘シーンを最後の盛り上がりにもってくるのはやめよう。。。

by ssm2438 | 2008-12-07 08:12
2008年 12月 07日

ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983) ☆☆

f0009381_10141752.jpg監督:アーヴィン・カーシュナー
原作:イアン・フレミング
    ケヴィン・マクローリー
    ジャック・ウィンティンガム
脚本:ロレンツォ・センプル・Jr
撮影:ダグラス・スローカム
音楽:ミシェル・ルグラン

出演:ショーン・コネリー
    キム・ベイシンガー
    クラウス・マリア・ブランダウアー

        *        *        *

「これ007映画としてとらえていいのかどうなのか」って戸惑いながら見た映画。内容も『007/サンダーボルト作戦』と同じだし・・なんでこの映画が製作されたのか、どういう意図でまた内容もさほどおもしろくない『007/サンダーボルト作戦』だったのか? 当時はこの映画の立ち居地がわからなくてずっとしっくりこなかった映画。
その謎解き・・やっとかないといかんかなって思ってちょっと調べてみた。

小説『007/サンダーボルト作戦』は、映画『007/サンダーボルト作戦』のあとから書かれたもの、つまりこの物語は映画『007/サンダーボルト作戦』が原作であり、あとづけて小説『007/サンダーボルト作戦』がイアン・フレミングによって書かれた。
実質的な原作者というのは映画の脚本を書いたケヴィン・マクローリー、ジャック・ウィンティンガムであり(シリーズ原作者としてイアン・フレミングの名ものっているが)であり、イアン・フレミングが勝手に小説をだすのはけしからん!ってことで当時裁判になったとか。つまり『サンダーボルト作戦』という物語に関してはマクローリーに原作権があるのがこの物語。そんなわけで当時の007映画をつくっていたイオプロは・・・

「これがあなたの原作であることは認めるし、ゆえにあなたが勝手に『サンダーボルト作戦』を他の会社で映画にする権利ももってることは分りますが、同じ作品が2つ世に出るってのはことらとしても困るので向こう10年間は映画にしないでくれ。そのかわり、製作者としてこちらの『007/サンダーボルト作戦』のクレジットにのせるから」

・・とマクローリーをまるめこんだといことらしい。
そして10年がたち、ケヴィン・マクローリーがかつての鬱憤はらすべく作りはじめたのが『ネバーセイ・ネバーアゲイン』というこの映画。そんなわけで、ジェームス・ボンドという主人公が活躍するスパイアクション『サンダーボルト作戦』という物語がハリウッドで誕生したのでした。

しかし・・もうちょっとべつな監督さんでできなかったものかなあ。アーヴィン・カーシュナーじゃ本家とどんぐりのせいくらべだよね。ショーン・コネリーは当時60歳をこえててアクションシーンはもちろんスタントマンだし、動きのきびきびかんは全然なかった。本家イオプロとの差もみせつけられず並の作品になってしまった。もうちょっと力のある人がつくっていたらよかったのにねえ。同じ年に公開されたのが『007/オクトパシー』、シリーズのなかでも最悪にちかい出来だったので、気合入れて作ればぼろ勝ちできてたのに・・。

by ssm2438 | 2008-12-07 04:21
2008年 12月 06日

007は二度死ぬ(1967) ☆

f0009381_8203762.jpg監督:ルイス・ギルバート
原作:イアン・フレミング
脚本:ロアルド・ダール
音楽:ジョン・バリー

出演:ショーン・コネリー、浜美枝

        *        *        *

当時の米ソは月をめざして宇宙競争していた時期。衛星軌道上の米ソの宇宙船が行方不明になる事件がおこる。スペクターの巨大な宇宙船がそれをパクリとたべちゃうからだ。そのスペクターの宇宙船は日本近海にもどってきているらしいことが判明。

それなりに面白いのだが、時代錯誤のファンタジーになってしまってるのが痛い。007映画は実物をつかった大人の玩具箱映画、・・なのでファンタジーになったら終わりなのだ。
浜美枝はビジュアル的にもボンドガールのなかではもっとも可愛いと思う。ずっとビキニだし。

by ssm2438 | 2008-12-06 08:17
2008年 12月 05日

女王陛下の007(1969) ☆

f0009381_8253885.jpg監督:ピーター・ハント
原作:イアン・フレミング
脚本:ウォルフ・マンキウィッツ
    リチャード・メイボーム
    サイモン・レイヴン
撮影:マイケル・リード、エギル・S・ウォックスホルト
音楽:ジョン・バリー

出演:ジョージ・レーゼンビー、ダイアナ・リグ

        *        *        *

演出が悪いのか、レーゼンビーが悪いのか、ボンドに存在感がなさすぎる。007映画らしい小道具もないのでほんとにこれが007なの?って疑いたくなる。

催眠療法を受けた娘たちを使って、細菌をばらまき生物学的戦争を起こそうとするスペクター。この催眠療法というのがかなりファンタジーで説得力なさすぎ。そしてこの計画を殲滅しようとするのがボンドなのだが、今回の行動はまるっきりプライベート。おまけに手伝ってくれるのはユニオン・コルスというヤクザ。その娘が今回のボンドガールであり、出会いは自殺しかけたリグを救うとこからであり、最後は結婚してしまう。どこでそんな感情が生まれたのか知りたいものだ。総ての行動とイベントに必然性を感じさせない物語構成は下手のきわみ、物語もなんでそうなるのか説得力をかんじさせない演出も下手のきわみ。

しかしそれでもこの物語自体は作り方によれば最高なものになっていた可能性をもっている。ジェームス・ボンドの結婚への気持ちの流れ、結婚式の後、ハネムーンに旅立つボンドを見送る書のマニー・ペニーのせつなさ(これは007映画のなかで唯一泣きそうになった貴重なシーン)、そして最後殺されてしまうジェームス・ボンドの妻トレイシー(ダイアナ・リグ)。

もし、私が「予算好きなだけ使って、好きに作り直していいよ」・・っていわれたら間違いなくこの話を選ぶだろう。とにかくこの5作目、6作目、7作目は壊滅的。しかし、この6作目と7作目は、ボンドの妻が殺される話と、その復習というかなりシリアスなテーマをもっていて、きちんと作ればいい話ができたのに・・・製作者サイドの無責任なつくりは非難に値する。

by ssm2438 | 2008-12-05 08:21
2008年 12月 04日

007/ダイヤモンドは永遠に(1971) ☆

f0009381_8294348.jpg監督:ガイ・ハミルトン
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキウィッツ、リチャード・メイボーム
撮影:テッド・ムーア
音楽:ジョン・バリー

出演:ショーン・コネリー、ジル・セント・ジョン

        *        *        *

ふたたびショーン・コネリーボンド。でもこれが最後。
軌道衛星からのレーザー攻撃を可能にするためのダイヤモンドをかきあつめるスペクター。のちの『ゴールデンアイ』みたいな話なので話としてはいいのだが・・、コメディになってはいかんでしょう。前回妻のトレイシーを殺されたボンドの復習の話になるはずが・・おつむてんてんギャグ映画に衣替え。スペクターの狩猟のブロフェルドもなんだかしょぼい。今回のボンドガールはセンスの悪いビキニ姿でパープリンという最悪。

とにかくこの5作目、6作目、7作目は最悪団子三兄弟。ひどい。あのころネットがあったらきっと製作者のブログは炎上しまくってただろう。

by ssm2438 | 2008-12-04 08:31
2008年 12月 03日

007/死ぬのは奴らだ(1973) ☆☆

f0009381_83618.jpg監督:ガイ・ハミルトン
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキウィッツ
撮影:テッド・ムーア
音楽:ジョージ・マーティン

出演:ロジャー・ムーア、ジェーン・シーモア

        *        *        *

ロジャー・ムーアボンド登場。

ボンドが変わったがほとんど違和感なく入れた。個人的にはショーン・コネリーよりロジャー・ムーアのほうがあってるのでは・・と思ったが、どうやら原作者もそう思っていたらしい。この映画が始まるまえのオーディションでは、原作者のイアン・フレミングはロジャー・ムーアが良かったそうなのだが、結果はショーン・コネリーに決定。制作から10年してやっとフレミングの念願がかなったということか・・。しかし物語自体に花がない。

時代が時代なだけに麻薬を扱い巨大組織が相手だが、これはポパイ刑事(『フレンチコネクション』)に任せておけばいいジャンル。先が読める超能力者が出てくるのもちょっと場違いな感じだ。

by ssm2438 | 2008-12-03 08:32
2008年 12月 02日

007/黄金銃を持つ男(1974) ☆

f0009381_8452789.jpg監督:ガイ・ハミルトン
原作:イアン・フレミング
脚本:リチャード・メイボーム、トム・マンキウィッツ
撮影:テッド・ムーア、オズワルド・モリス
音楽:ジョン・バリー

出演:ロジャー・ムーア、ブリット・エクランド、モード・アダムス

        *        *        *

こんどの敵は、組織ではなく個人、黄金銃をもつ殺し屋。それもゴルゴ13のように巨大資産をもっていて中国の孤島に済み、そこには太陽光を利用したレーザー砲まで配備されている。しかしいかんせん相手が個人ということもあり、最後のレーザー砲のある島とはちょっと食い合わせがわるい。相手が凄腕の殺し屋という設定なら、あんまり派手にしないでストイックに作れなかったのかなって思うが・・・。

・・・で、ここまでの政策的にはひとつの区切りとなる。ここまで年に1本作ろうとしていた。もとろんいろいろな問題でそれが出来なかったこともあったのだが・・。しかし、このあと10作目となる『007/私を愛したスパイ』まではガツンと4年をついやし、それ以降も2年に1本のペースで作ることをした。つまり予算も倍になったわけだ。そういうわけで、これ以降のボンド映画はがらりと変わって、派手さもパワーアップしてくる。

by ssm2438 | 2008-12-02 08:42
2008年 12月 01日

007/私を愛したスパイ(1977) ☆☆☆

f0009381_994947.jpg監督:ルイス・ギルバート
原作:イアン・フレミング
脚本:クリストファー・ウッド
    リチャード・メイボーム
撮影:クロード・ルノワール
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ

出演:ロジャー・ムーア
    バーバラ・バック
    クルト・ユルゲンス

       *       *       *

私が思う007映画の最高傑作はこれ、シリーズ10作目『007/私を愛したスパイ』

そもそも007映画とはなんだろうかと考えてみる。私が思うに、007映画は<現物を使った大人の玩具箱映画>である。なのでこれがスターウォーズのようにプラモデルだったり、CGだったりしたら興ざめするのだ。
さらにいえることは「これはアクション映画ではない」ということだ。アクションを下地に下にしたセンス・オブ・ヒューモラでみりた大人の娯楽映画だということ。ゆえに真剣にアクション映画になったら007映画の面白さはなくなりただのアクション映画になりさがる。
現時点ではそれが起こっていてとても悲しい・・のだが。。。

それぞれの年代で好きなボンドもかわってくるだろう。年配の方ならショーン・コネリーだといいはるだろうし、今の若い人なら絶対ピアース・ブロスナンだと言うだろう。私が始めてボンドをみたのはやはりショーン・コネリーであり、当時の映画評論家はこぞって『ロシアより愛をこめて』がベストだといいはっていた。
そんな私も『007/私を愛したスパイ』をはじめてみたときは「これが一番いい」とは思えなかったのだが、そののち、大人になった目でシリーズのほとんどをなんらかの形でみることになった。
昔の映画を見るときには、これが今の技術でできてたらどうだろう?・・とか、このボンドをほかのボンドがやったらどうだっただろう?・・と頭の中で想像してみて楽しんだ。その結果どうもこの10作目が総てにおいて一番バランスが取れてるよう気がしてきた。

みなさんはどう判断されるだろう?

<あらすじ>
地中海でソ連とイギリスの核弾頭をつんだ原潜が行方不明になる。どうやら何者かが原潜航跡追跡システムを開発したらしい。イギリスはその調査のためにジェームス・ボンド(ロジャー・ムーア)を、ソ連はアーニャ・アマゾワ中佐(バーバラ・バック)をエジプトに派遣した。その情報を売るという男を二人は競いながら追う。結局その男はジョーズという鋼鉄の歯をもつ巨漢の殺し屋に殺されてしまう。イギリスとソ連は共通の敵を認識し、ふたりを組ませることにする。調査の結果、地中海の海運業者で海洋学者でもあるストロンバーグ(クルト・ユルゲンス)に狙いをつける。

夫婦という設定でストロンバーグの地中海の海洋研究所を視察するボンドとアーニャ。しかしかつてアーニャの恋人を殺したのがボンドだと判ると、「この作戦の終了後、お前を殺す!」というアーニャ。

それでもミッションは進行する。ふたりはストロンバーグの所有する巨大なタンカーを調査していたアメリカの原潜に乗船させてもらうことになるが、不意をつかれそのタンカーにのみこまれることになる。
タンカーの中はドックになっていて行方不明になったソ連とイギリスの原潜もそこに閉じ込められていた。
ストロンバーグは米ソの潜水艦を使い、お互いの相手国に核ミサイルをうちこみ第三次世界大戦を引き起こし、わずらわしいものが消滅させるとともに、自らは海洋都市で楽園を築くという計画をもっていた。ストロンバーグの兵士たちが乗りこんっだ米ソの原潜は海洋へと放たれていく。ストロンバーグもアーニャを人質にとり小型艇で地中海の海洋研究所に帰っていく。のこされた巨大タンカーは作戦のオペレーションセンターの役割をすることになっていた。
ボンドの活躍で、捕虜を解放し、そのたンカーを占拠。それぞれの潜水艦にはお互いを攻撃させ危機を脱すると、作戦のパートナーであるアーニャを救出にストロンバーグの海洋研究所に乗り込んでいくのだった。

水陸両用のロータス・エスプリ、呉越同舟のミッション、鋼鉄の歯をもつ巨人暗殺者ジョーズ、原潜を鵜呑みにする巨大タンカー、第三次世界大戦の危機、最後は敵の要塞でドンパチ、おいしいところてんこ盛りで、なおかつ度を過ぎないころあいのよいスペクタクル。一番まとまり感のある映画がこれだ!と私は思った。

by ssm2438 | 2008-12-01 22:08