西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 02月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 05日

大地の子守歌(1976) ☆☆☆

f0009381_7211934.jpg監督:増村保造
脚本:白坂依志夫/増村保造
撮影:中川芳久
音楽:竹村次郎

出演:原田美枝子 (りん)

        *        *        *

少女りんがもつ怒涛の生命力を見よ!

その大地から噴出した生命力がこの少女の体内にやどってほとばしる! おお、増村保造、大映やめてからもガンバっとるな! 後期の増村保造作品のなかではこの『大地の子守唄』『曽根崎心中』がベストでしょう。

1976年のブルーリボン・作品賞受賞作品。ちなみにブルーリボン賞というのは、東京映画記者会が主催する在京スポーツ新聞社を中心とする映画担当記者が選考する映画賞。名前は軟派だが、作品はきちんとしたものを常に選出している映画賞という印象。

<あらすじ>
13歳の少女りん(原田美枝子)は四国の山奥で大地の恵と共にいきていた野生児だったが、一緒にくらしていたババの死後は、瀬戸内海のみたらい島に売春婦として売られてしまう。反抗的なりんは何度もしばかれた。この島では丘の上の売春だけでなく、沖合いに停泊する船の男たちにも女を抱かせていた。その女たちを運ぶ船は「おちょろ船」と呼ばれ、りんはそのこぎ手になった。舟さえ漕げれば、いつの日か島を脱出できると考えたからだ。
やがて初潮を迎えたりんは、客をとらされるようになる。りんは闘争本能のままに狂ったように働きつづけた。しかしその結果、視神経を犯され徐々に視力を奪われていく。そんなりんに同情した伝導師が、りんを島から逃がそうと舟に乗せた。りんは帯をといて着物を脱ぎ、両手をあわせる、
「うちはただでお金をもらうことはできまへん。どうぞ、うちを好きにしておくれまへ。この恩は、一生、忘れはせんけんな! 盲のおりんのこの気持を、うけとっておくれまへ」。

増村保造映画は潔いのである。

by ssm2438 | 2010-02-05 07:22 | 増村保造(1924)
2010年 02月 05日

卍(まんじ)(1964) ☆

f0009381_6371297.jpg監督:増村保造
原作:谷崎潤一郎、『卍(まんじ)』
脚本:新藤兼人
撮影:小林節雄
音楽:山内正

出演:
若尾文子 (徳光光子)
岸田今日子 (姉内園子)
川津祐介 (綿貫栄次郎)
船越英二 (姉内孝太郎)

        *        *        *

最低人間の礼儀正さってこういうものか・・

増村保造の映画のキーワードは<潔さ>だと思うのだけど、この映画では、どうみても最低男の綿貫栄次郎(川津祐介)が潔いのだ。こういう最低男でも増村保造が描くとこうなるのだなあってちょっと関心したが、全体的にはいまひとつの作品だった。他の作品をみると、綿貫という人物は最低男っぽいが、増村保造の綿貫だけはなかなか潔いのである。
そうそう、岸田キョンキョンはびっくりするほどきれいで色っぽかった。この人実はけっこういろっぽかったのですよね。『砂の女』も良かった。

ただ、この時代のこの役者たちなので、脱いでるわけでく、後々の作品と比べるとちょっと淋しいかな。1983年の『卍(まんじ)』では、樋口可南子高瀬春奈がねっとり絡んでるし、1997年のOV(オリジナルビデオ)の『卍(まんじ)』では、その昔アイドルやってて日活に流れた坂上香織真弓倫子が絡んでた。OVということだったけど、意外と悪くない。このあたりは一応サービスしてくれてますので、それに比べると、この増村保造バージョンの『卍(まんじ)』はどうしても刺激は乏しい。

<あらすじ>
徳光光子(若尾文子)と柿内園子(岸田今日子)は同性愛であった。すっかり光子の美しさに魅惑された園子だが、光子に綿貫栄次郎(川津祐介)という情夫がいることを知り、裏切られた気分になる。綿貫は、園子と光子の愛情に配慮して、園子に二人で光子分かち合おうと持ちかける。奇妙な三角関係は長くは続かなかった。光子と園子は狂言自殺をしたが、駈けつけた園子の夫孝太郎(船越英二)と、光子が“H”をしてしまい、ふたたび、孝太郎と、光子、園子の新しい三角関係が成立した。
ところがある日綿貫がこの事実を新聞にもらし、たちまちスキャンダルになった。三人の前にはある夜ベッドで睡眠薬を飲んだ。翌日、園子だけは目が覚めてしまうが、光子と孝太郎は息絶えていた。

by ssm2438 | 2010-02-05 06:37 | 増村保造(1924)
2010年 02月 04日

800万の死にざま(1986) ☆☆

f0009381_14563480.jpg監督:ハル・アシュビー
脚本:オリヴァー・ストーン/デヴィッド・リー・ヘンリー
撮影:スティーヴン・H・ブラム
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演:
ジェフ・ブリッジス (マシュー)
ロザンナ・アークエット (サラ)
アンディ・ガルシア (エンジェル)
アレクサンドラ・ポール (サニー)

        *        *        *

ハル・アシュビーにしては珍しいハード・アクション!

『チャンス』『帰郷』『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』などの演出的には確かな腕をもつハル・アシュビーがこの映画を監督。そしてこの映画が遺作となった。そういえば『夜の捜査線』もやっていた。でも、あれは刑事ドラマで、ハード・アクションというよりも人種差別の偏見のみちあふれてる社会なかで捜査をしていく刑事の話でアクション映画ではなかったし・・、そういう意味ではこの映画、かなり貴重は存在かもしれない。ただ、そんなに面白いかというと、そんなことはない。オリバー・ストーンの脚本がなんだか歯切れがわるいというか・・、スムーズじゃない。ま、それはオリバー・ストーンの監督・脚本作品では常にそんなところはあるのだけど。ただ・・・なんで主人公がアルコール中毒だってコンセプトが必要なんでしょうね? まったく未使用なネタ。
倉庫での取引のシーンの緊張感はのちのちのオリバー・ストーンの映画でも感じられるようなシーンだった。脚本からああなるようにできているんでしょうね。

ただ、なにげに女性人はいい。きれいな頃のロザナ・アークエットが出てるし、ぴちぴち美人なころのアレクサンドラ・ポールも出ている。もっとも彼女ははじめのほうで殺されちゃうけど。

<あらすじ>
優秀な麻薬捜査官だったマシュー(ジェフ・ブリッジス)だが、暴れる丸腰の売人を撃ち、過剰防衛の調査をうけ、酒に溺れるようになった。6ヶ月間のアル中リハビリ生活の末、なんとか社会復帰。そんなマシューはあるパーティーで高級売春婦サニー(アレクサンドラ・ポール)という女に「助けてくれ」と申し込まれるが、翌日、サニーは何者かに殺された。
マシューは、サニー殺しの捜査を開始し、売春クラブでのサニーの友人サラ(ロザンナ・アークェット)に近づくく。そして、クラブの常連のエンジェル(アンディ・ガルシア)という男にたどりつく。マシューはエンジェルが売人をやっていた麻薬密売ルートと麻薬を発見。これをエサに、エンジェル一味をおびき出し、サラとの交換を迫る・・・。

by ssm2438 | 2010-02-04 15:02
2010年 02月 03日

ドアーズ(1991) ☆

f0009381_2041562.jpg監督:オリヴァー・ストーン
脚本:オリヴァー・ストーン/J・ランダル・ジョンソン
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:ザ・ドアーズ

出演:
ヴァル・キルマー (ジム・モリソン)
メグ・ライアン (パメラ)
カイル・マクラクラン (レイ・マンザレク)

        *        *        *

ドアーズのボーカリスト、ジム・モリソンの伝記映画

『プラトーン』、『7月4日に生まれて』と飛ぶ取り落とす勢いだったオリヴァー・ストーンが撮った映画だが、全然おもしろくもなんともない。ただのジャンキーでわがままなロックバンドのボーカリストとそれに付き合ってる人たちの映画だった。私が洋楽なんぞに興味がないということもその理由だろうが、でもたぶん、ファンの人がみてもあんまり面白くないと思う。・・・どうなん???
唯一私が覚えているのが、録音スタジオでグレたジム・モリソンをあやすために、彼の恋人パメラ(メグ・ライアン)が彼のまえにひざまづいてフェラチオしながら録音させるってところだけ(苦笑)。この頃のメグ・ライアンって、『プロミストランド』とか、この『ドアーズ』とか、けっこうトラッシュな役もやってたなあ。

by ssm2438 | 2010-02-03 20:41
2010年 02月 03日

ワールド・オブ・ライズ(2008) ☆☆☆

f0009381_208588.jpg監督:リドリー・スコット
脚本:ウィリアム・モナハン
撮影:アレクサンダー・ウィット
音楽:マルク・ストライテンフェルト

出演:
レオナルド・ディカプリオ (ロジャー・フェリス)
ラッセル・クロウ (エド・ホフマン)
マーク・ストロング (ハニ・サラーム)
ゴルシフテ・ファラハニ (アイシャ)

        *        *        *

プレデター大活躍!

衛星からの画像というのは最近のCIAがらみの映画ではあたりまえになってきているが、この映画ではそれにくわえて無数の無人偵察機プレデターからの映像が使われている。なんでもイラクではこのプレデターが350機くらい上空を飛んでいて、その活動時間は1機あたり4~6時間。ひっきりなしにラスベガッス近郊の軍事基地に地上の画像を送ってきているという。この映画は、現場で非常な任務をこなすCIA工作員と、本国で暖かい家庭にすごしながらそれに指示を出す分からず屋の上司(苦笑)とのやり取りを軸に、爆弾テロのリーダーをおびき出すために架空の爆弾テロ組織をつくりあげ、彼が接触してくるのを待つというもの。
ただ・・・映画ではちょっとそこのところがいまいち弱かったかな。個人的にはこの架空の組織をでっち上げ、あたかもそれが本当に存在するように裏工作をつみかさねていくところと、それに気付き、その信憑性を疑いながらも接触してくるテトリスト・・という部分をもっと丹念に、ドキュメンタリー風に描いてほしかったなあ。できることならこれはリドリー・スコットじゃなくウィリアム・フリードキンにやってほしかった(苦笑)。女とのからみなんかほっといて、そのトリック工作を地道に描いてほしかったのに・・、映画では原作をそのままフラットにストーリーに載せてるような感じだった(原作は読んでないですけど)。

ちなみに、この手のイスラム原理主義のテロリストを相手にする場合は一つのルールがあるらしい。それは「最後の敵は自国民にする!」。あくまで中東のテロ組織のリアクションは『環境』として描かれるもので、ドラマの敵として描いてはいけないような雰囲気である。この映画を見る前に、『S.A.S.英国特殊部隊』の脚本家でもある元SAS隊員のクリス・ライアンが書いた小説を読んでいたが、やはりその暗黙のルールは守られていた。ほとんどの場合はラスボスは味方の上司であり、中東のテロリストはその環境としてしか描かれないのだ。エドワード・ズウィック『マーシャル・ロー』にしても最近の『イーグル・アイ』も、先にアメリカがなにかやらかしてそのリアクションとしてテロリストが反応するという展開であり、中東のテイスラム原理主義者を敵対視しない配慮がなされている。
ただ、この映画に関してはめずらしく、敵としてイスラム原理主義のテロリストを描いているのはなにげに新鮮だった。しかし、それでも映画の縦軸にはやっぱりヒューマニストのCIA現地工作員対本国の分からず屋上司の構図がメインにしかれ、さりげなくぼやかす努力はしていたようだ。

<あらすじ>
f0009381_2065399.jpgCIAのエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は世界規模で爆弾テロを企てるテロリストのリーダー、アル・サリムを追っていた。そんな折、イラクで活動中の現地工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・デカプリオ)は、アル・サリムが次の爆弾テロのあとにメディアに流す犯行声明分を読み上げる映像を入手する。情報邸居者の保護をもとめるフェリスだが、ホフマンはあっさり却下、情報提供者を泳がして誰に殺されるのか確認しろというのだ。しかし、自分の身元がばれるのを阻止するためには、フェリス自身で彼を殺すことになる。ホフマンの無理解さに憤慨するフェリス。
ヨルダン情報局の責任者ハニ・サラム(マーク・ストロング)と信頼関係を築き、アル・サリムの部下のひとりを抱きこむことに成功、情報提供者に仕立て上げたにもかかわらずホフマンがこの男を拉致、テロ組織は早々とアジトを焼き払い撤退してしまう。ハニ・サラムはこのおろかな作戦の失敗に業を煮やし、フェリスに国外退去命令をだす。
ホフマンに怒りをぶつけるフェリス。そんなフェリスは大胆な作戦を思いつく。
架空の爆弾テロ組織を作り上げ、さらに嘘の爆弾テロニュースを流し、アル・サリムがその組織とせっしょくしてくるのを待つ・・というものだった。アンマンに戻り、なんとかハニ・サラムを説得したフェリスは作戦を開始する。ヨルダン人の建築家の名義を使い、この人物を架空のリーダーとし、ヨルダン情報局の人脈をつかいつつ爆弾テロ事件や武器やお金の流れを偽装構築していく。そしてトルコでの爆弾テロのニュース報道。そしてついにアル・サリムが食いついてきた・・・。

by ssm2438 | 2010-02-03 20:19 | リドリー・スコット(1937)
2010年 02月 03日

プロヴァンスの贈りもの(2006) ☆☆

f0009381_11411022.jpg監督:リドリー・スコット
脚本:マーク・クライン
撮影:フィリップ・ル・スール
音楽:マルク・ストライテンフェルト

出演:
ラッセル・クロウ (マックス・スキナー)
マリオン・コティヤール (ファニー・シュナル)

        *        *        *

ぬるい映画だなあ・・。

ばりばりの証券マンが相続した葡萄園を訪れて、ファイティング・スピリットを失う話(苦笑)。・・・なんなんですかね、この映画は? ハートフル系の映画をリドリーが撮っても悪くはないが、これはリドリー・スコットが撮るとか以前に映画としてかなりぬるい。『フランダースの犬』みたいに外国ではただの「軟弱もの映画」の烙印をおされそう。
あまりに感動させる要素もないし・・、まあ、だからとぼろくそにいくほどでもないけど、普通っていうのはあんまりいい映画じゃない。嫌われるならどどっと嫌われる、好かれるならむちゃくちゃ好かれるように、反応が二極化するような映画を撮ってほしいなあ。この映画は「まあ、わるくないんじゃない」くらいの、いわゆる関心をもたれない映画。

<あらすじ>
今はロンドンの金融界で豪腕トレーダーとして活躍するマックス(ラッセル・クロウ)だが、子供の頃の彼は、夏になると、南仏プロヴァンスのヘンリー叔父さんの葡萄園でヴァカンスを過ごしていた。ある日マックスのもとに、そのヘンリー叔父さんが亡くなったとの報せが届き、その葡萄園を相続することになる。しかし今の彼にとっては葡萄園はどうでもいいもので、処分するためにプロヴァンスへ向かった。
・・・そのはずだったマックスだが、そこですこしづつ昔の思い出がよみがえってくる・・・。

by ssm2438 | 2010-02-03 11:41 | リドリー・スコット(1937)
2010年 02月 02日

女性上位時代(1968) ☆☆

f0009381_7155024.jpg監督:パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
脚本:パオロ・フェラーリ
    オッタヴィオ・ジェンマ
撮影:アルフィオ・コンチーニ
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ

出演:
カトリーヌ・スパーク (未亡人ミミ)
ジャン=ルイ・トランティニャン (Dr.マルチ)

     *      *      *

若い人妻ミミ(カトリーヌ・スパーク)が夫を亡くし、それをきっかけに夫の別宅を発見。いってみるとガラス張りお洒落な部屋で、大きなベッドがあり、ビデオの上映のためのスクリーンまである。どんなビデオなのかとまわしてみれば知人の女とSMプレイ。それをみてからというもの、徐々にフロイト本を読みはじめ性欲にめざめていくというもの。

彼女の作品はちょっとエッチなロマンチック・ラブ・ロマンス(ややコメディ系)で、“H”を期待してはいけない。ちょっとエッチな振りってところが作品自体の可愛らしさを形成しているのだろう。ひとによって解釈は違うだろうが、コメディのジャンルではないと思う。『エマニエル夫人』からセックスシーンを抜いて、それにいたるまでのメンタルを可愛らしく描いた作品。しかし・・さすがに今見ると若干退屈ではある。ちなみに、この映画をまじめにやるとアンリ=ジョルジュ・クルーゾー『囚われの女』になるのだろう。

この映画はカトリーヌ・スパーク嬢をみる映画だけど、彼女はもっと若い頃の映画のほうが彼女のぴちぴち感があったような。さすがに大人になるとあのあっけらかんとしたところがちょっといやらしさに変わってて、ま、それはそれでいいのだけど・・・ちと残念かな。しかし、彼女の映画のなかでは見られるほうだろう。

f0009381_6463184.jpgしかしこの映画、当時としてはかなりお洒落感覚を画面に出してた映画だと思うな。トランティニャン先生にレントゲンとってもらうシーンはなかなか素敵。
自分の車のなかで助手席にすわるスパーク嬢を脱がせて、パンティ一枚になったところで、ガソリンスタンドに寄り、しばしコーヒーを飲みにおりるトランティニャン先生。いわゆる放置プレーである。ここの音楽の盛り上げ方なんてとってもすばらしい。車にもどってみるとまわりに人だかりが出来ていて、そのなかを悠然と車にのり去っていく・・。彼女のマンションにつくと、裸のまま階段をあがっていくスパーク嬢をほほえましく下から見上げてるトランティニャン先生。住人のひとりが階段ですれ違ってちょっとびっくりしてる。これをずっとトランティニャン先生のみためで追っている。
全面鏡張りの部屋はじつに素敵。そして最後にその部屋の鏡をがしがしわっていく演出もグッド!

いつもはクールなジャン=ルイ・トランティニャンが、ときおりにやけたり、ほほえましく微笑んだり、感情爆発させて鏡わりまくったりと・・、この映画のトランティニャンは妙によかった。

by ssm2438 | 2010-02-02 06:49
2010年 02月 01日

桜桃の味(1997) ☆

f0009381_2134711.jpg監督:アッバス・キアロスタミ
製作:アッバス・キアロスタミ
脚本:アッバス・キアロスタミ
撮影:ホマユン・パイヴァール

出演:ホマユン・エルシャディ/アブドルホセイン・バゲリ

        *        *        *

世間はアッバス・キアロスタミを過大評価しすぎだ。
これがカンヌの映画祭でパルム・ドール受賞なら、ちまたの映像専門学校で作られている自主制作映画はすべてパルム・ドール受賞だ。『ブレアウィッチ・プロジェクト』ですらパルム・ドール受賞である。

・・しかし、『風が吹くまま』だけはいい!
『オリーブの林をぬけて』はちょっとだけいい。

技術力が乏しい映画界でなんとか撮られた映画だおいうだけでヨイショするなら、今の映画社会のアホな要求をのみつつ、なんとか映画的に完成度の高いものを提供しようと四苦八苦している編集・脚本・撮影・そして監督などの努力を評価しないことににある。
こんな映画に対しては、断固として「つまらない!」と本心を言い切るべきだ!

・・・でも『風が吹くまま』だけはいい!
みなさん、アッバス・キアロスタミ『風が吹くまま』をよろしく!

by ssm2438 | 2010-02-01 21:34
2010年 02月 01日

セプテンバー (1987) ☆

f0009381_38824.jpg監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
撮影:カルロ・ディ・パルマ

出演:
ミア・ファロー (レーン)
ダイアン・ウィースト (友人・ステファニー)
エレーン・ストリッチ (母・ダイアン)

        *        *        *

『インテリア』再び!とばかりにベルイマン・モードで挑んだ映画だったが超空回り! こんなにも面白くない映画になるか・・とかなり落胆。『インテリア』でみせたウディ・アレンの才能を信じているだけに、この映画での失望ははなはだしかった。

真実をまともに受け取って、余裕がないために付き合いづらいタイプのレーン(ミア・ファロー)。その対角にいるのが親友のステファニー(ダイアン・ウィースト)はすでに結婚もしていて、自分と他人との境界線にショックアブソーバーが敷き詰められていて、つねに穏やかに他人と接することができるタイプ。
そしてレーンの母、ダイアン(エレーン・ストリッチ)はかつて、レーンと父をすてて愛人のもとに走った女。そのたもうもろの人間が9月の別荘に集結する・・。ことあるごとにレーンの神経をさかなですることが起こり、最後は感情大爆発!気まずい雰囲気の中、人々はそれぞれの生活に帰っていく。

・・・天才でもハズすときはこんなもんだ・・。

by ssm2438 | 2010-02-01 03:09 | ウディ・アレン(1935)
2010年 02月 01日

X-ファイル ザ・ムービー(1998) ☆☆

f0009381_111255.jpg監督:ロブ・ボウマン
脚本:クリス・カーター
撮影:ウォード・ラッセル
音楽:マーク・スノウ

出演:
デヴィッド・ドゥカヴニー (モルダー捜査官)
ジリアン・アンダーソン (スカリー捜査官)

        *        *        *

このシリーズ、テレビではファーストシーズンの1話と2話をみてやめたのですが、結末が分るそうなのでみた映画・・、で・・・、どういう風にみたら終わったのかな??? あいもかわらずのの後にシリーズも続いているようですが、やっぱり私自身はこのシリーズの基本コンセプトがあんまり好きじゃない。なんでもかんでも宇宙人のせいにしているようで、「彼が殺人を犯したのは彼が育った環境のせいだ!」といってるようなヤな無責任感ににたものを感じてました。結局人間の責任とか、個人の責任以外のところに総ての責任を持って行ってるようでどうにもはまれなかったのでした。

で、この映画はというと・・、なんだか映画みたいなスケールで出来上がってました! さすがロブ・ボウマン。オタク系作品をきちんとつくれる人だ。『サラマンダー』は大好きです。 ・・・しかしこの人、選出力はあると思うのだけど、基本の方向性がちょっとやわなんだよなあ・・。

by ssm2438 | 2010-02-01 01:12