西澤 晋 の 映画日記

ssm2438.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 07日

マッケンナの黄金(1969) ☆☆

f0009381_15504442.jpg原題:MACKENNA'S GOLD

監督:J・リー・トンプソン
脚本:カール・フォアマン
撮影:ジョセフ・マクドナルド
音楽:クインシー・ジョーンズ

出演:
グレゴリー・ペック (マッケンナ)
オマー・シャリフ (コロラド)
テリー・サヴァラス (ティッブス)
カミラ・スパーヴ (インガ)
ジュリー・ニューマー (ヘシュ・ケ)

    ×     ×     ×

グランドキャニオンの風景が絶品!! すごいです。

基本的にトレジャーハンティングものなんでたいして面白くもなんともないのですが、コロラドの風景がめっちゃすごい。この風景だけで酔えます。

あとふたりのおねーチャンがなかなか良いです。
ヒロインのインガを演じたカミラ・スパーヴはスウェーデンの女優さん。なんか・・・スウェーデンの女優さんっていいですね。独特の美しさがあります。この映画のあとも、『白銀のレーサー』『愛はエーゲ海に燃ゆ』 など、ちょこちょこはハリウッドの映画にでてるようです。
もう一人、ジュリー・ニューマーという女優さんがちょっと色黒の黒髪ヘアにしてインディアンの娘として出てますが、実はこの人テレビシリーズなどで『キャットウーマン』やってたひとらしい。水浴びのサービスシーンあります。
あと最後はお約束のお宝は大地に再び埋もれて行くのであった・・の展開ですが、その特撮はなかなかリ良かった。グランドキャニオンの岩山が崩れるシーンなんか、崩れる前は本物じゃないかとおもうくらいのリアリティつくってました。
でも、それ以上あまり書くところがない映画ともいえます(苦笑)。

<あらすじ>
1872年、アメリカの南西部。インディアンが隠した黄金を探し求める野郎どもがいた。そこにアパッチが襲来。結局、無頼漢コロラド(オマー・シャリフ)と騎兵隊上がりのディブス(テリー・サヴァラス)、黄金の谷への道を知っている保安官のマッケンナ(グレゴリー・ペック)、そして判事の娘インガ(カミラ・スパーヴ)の4人が、それぞれの欲望や怨念、うらみつらみの歴史などをからませつつ黄金の隠された場所までたどり着く。しかし、その時地鳴りがおこりはじめる・・・どどどどどど。

カミラ・スパーヴ嬢(↓)
f0009381_1549131.jpg


by ssm2438 | 2013-05-07 15:54


<< ブリッツ(2011) ☆      透光の樹(2004) ☆☆☆ >>